11-09-16(2011年 53号)
○志麻木亭さっ平落語独演会 「反魂香」           2011-09-11   そば処 志麻木庵

         

○出囃子の祇園太鼓がうち響き、ほら貝が鳴りわたった(今月は吹く勢いがやや弱かったか)。

反魂「香」と反魂「丹」のちがいを説明し理解しやすいように配慮されてから噺に入った。また、いまも販売されている富山の反魂丹の実物を見せてくれた。中に紙風船もあった。
♪カラスなぜ鳴くの♪やラテン語の歌♪ そして、お経の朗読も入った。独特でおもしろい話し。

始まる前に、天ぷらそばとビールと、つまみとして先生創作?の「しいたけオリーブオイル焼き」をご馳走になった。常連の大津夫人からは京都「鼓月」の和生をいただいた。 ↓ 魔女とピエロ 大出 哲
         

○札幌第1夜は例月どおり京城屋の焼肉。1種類多く注文し平らげ、飲むほうは定量のビール3、にごり1。
 第2夜も例月どおりだが、ガ・フレがきてくれたので張り切った。はじめに、今回は私が払うからと断わったのに、トイレに行っている間に払われた。じゃあ、2次会にとグランドホテルのバーに入ったが、そこでもトイレに行っている間に払われてしまった。参った。我慢がきかないオシッコになっていて、しかも、タイミングが悪かった。いずれ挽回!?しなくちゃ、と強く思った。おしゃべりは楽しい。いい調子になってしゃべった。
ビッグジョッキは飲み放題コースだったし、バーでは「竹鶴」の年代ものとマルガリータを飲んだので、酔ってしまい、あとの記憶はあいまい。

○昼の買物は、試作用のふんどし生地やその付属品。札幌進出の手芸品店ユザワヤの新規開店セールで、大繁盛。中には半額サービス品もあり、あれこれと買った。生地を裁断するのに行列し、それから会計の行列。男客は少なかった。

○テレビに映ったらしい
買物の前、大通公園のベンチに腰掛けていたとき、どこからか写され、その夕方6時のニュースに私が映っていたという。帰りの特急を降りたとき、大沼公園の駅員さんが教えてくれた。まちがいなく札幌にいたことがわかったと。
余談ながら、列車に乗るときと降りるときの両方で、大沼公園駅で傘を借りた。往路は札幌が降る予報で、帰路は降りたときが土砂降りで。行くとき借りた傘はチェックアウトのときホテルにあげてきたもので。

○リブリ   9/15
「シャーロック・ホームズの冒険」コナン・ドイル 角川文庫
詳しくは近日中に更新(予定)のまとめで。4時間、休憩なしでおしゃべり。
名探偵の推理力や当時のロンドン、大英帝国のこと、シャーロッキアンのことなど、話はぽんぽん。
それから原発災害について、千葉の大橋会員からメールが来、また同氏の書評、高木仁三郎「原発事故はなぜくりかえすのか」も読んだので、それらについてリブリで議論した。考え方はいろいろあっていいが、メンバーは反原発が多い。
ほかに、前回話題になった「ハイパーインフレ」について、第一次大戦後のドイツと第二次大戦後の日本のそれについて若干説明。
最後は大真面目に「人類滅亡のスケジュール表」!?について議論。世界の現状分析が、難しいけれどおもしろい。

○18日はマグロの解体ショーを見、そのマグロをその回転寿司で食べる予定。
 19日は大間原発反対ウォーク―デモ行進―に参加の予定。
 20日は光フレッツの工事。
 22日はまた回転寿司。
 26日は定期健診。
  これだけで忙しい感じ。

 美しく老いてゆくこと難しい転びこぼし縮んでゆけり  内波志保  11-9-10  朝日歌壇

                                                      おわり

                               大沼通信11-09-10へ