11-09-10(2011年 52号)
○朝焼の駒ケ岳                            2011-9-8   撮影: 高瀬宣夫  
                          氏のホームページのURL http://blog.gagomekonbu.shop-pro.jp/ 
                          他にもいい写真があります。

どの項目にも前置きがあって、素直に書けていません。なにかの端境期か…?
○夢は脳の整理整頓

先月のリブリで、私は「人類滅亡のスケジュール表」なるものを半・冗談に提供し、みんなでおしゃべりした。そのとき、その日の新聞記事をいくつか切り抜いて持参した。その日のテーマに関係するものが幾つかあった。それは、
@「米東部M5.8 首都混乱 原発2基緊急停止」
A「止まらぬ犠牲 膨れる戦費 9.11米同時多発テロから10年」
B「日本国債、格下げ 先進国で最低 ムーディーズ」。

@は、原発は事故を繰り返すものだということ、
Aは、イラク戦争、アフガン戦争の戦費がベトナム戦争を上回り、史上2番目(トップは第2次世界大戦)となり、米の経済疲労が蓄積していること、
Bは、リーマンショック以上の金融崩壊が世界のどこから起こるか、何がきっかけになるかわからないこと、
を現わしているのではないか、というわけである。原因は他にも多々あるが、それらがミックスして起きると全世界が危機的になる。そのスケジュール表…こうなると全・冗談とすべきだろうが。

そして、4番目は、当日の記事ではないが、(私は悪夢を見ているから)脳の休息が必要だというものだった。
「脳の休息と夢は密接な関係にあると思われます。…人は夢を見ることで脳の中を整理整頓しているらしいのですが、これが脳の休息になるというわけです」(生きる仕組み 當瀬規嗣 7/20 道新)。

あくびは脳の休憩という説があり、私はだから、人前でも遠慮なくあくびするのだが、もっと時間の長い休息は夢を見ることだという。悪夢も夢のうちだ。しかし、人類絶滅の悪夢が正夢とならなければいいが…まだ夢中。
ところで、この「札医大医学部教授」の連載コラムの9/7は、「迷信」だった。「血液型と性格は無関係」であって、「人生を左右する就職面接で、血液型を聞く人事担当者が多い…もってのほかです。…恐れていたことが起こり始めています。…迷信で人が選別されはじめています」。そして最後に「こんな迷信がはびこる日本は、とても文明国とはいえません」と激しい。その通り。迷信とタブーの多い国ニッポン。

○インドピクルス
「インド・アズ・ナンバーワン」という本が出た。「…インドビジネスを成功させる方策」などとあるから、商売本であって、文化・文明論ではないが、インドが存在感を増しているのは確かだろう。

私は最近の食卓には欠かさず、いただいたインドのミックス・ピクルスを出している。辛い。しかし、とても旨い。何にでも合う。ご飯にのせても、冷奴にのせても、茄子味噌和えにほんの少しまぜても、ともかくピリッときていい。

試みにパソコンで検索し注文し食べて見た。やや明るい色で、酢の味がするが、まァまァ。しかし、インド人のガ・フレ!?(日本人)からお裾分けしてもらったもののほうがはるかに旨い。因みに、ネット注文した瓶詰め400グラムの値段は420円。
彼女からはほかに紅茶、スナック菓子、砂糖菓子ももらったが、みんな私の口に合う。インド文化の存在感が、まず、私の舌や鼻で増しているのが現状。

○聞くに堪えない己の話
いま、私は約20年前の自分の話(リポート、小講演)を聞いて自己嫌悪におちいっている。MDに移してもらった古い録音を聞いて愕然としている。とても聞くに堪えない。いやになった。書くことではないが、つくづくダメな男だと思った。

前号で若干触れたが、6枚のうち「源氏物語を読んで」と「日本の美・京都の庭」の2枚は、説明だからなんとか聞けたが、あとの話は空疎・散漫で、みんな退屈しきっているのに気付かない阿呆ぶり。まるでダメな話だった。

同じ朝でも私の写真は出不精して窓からケータイで    →

○で、気持ちを転換し…

ある俳句に
 官能や一戸まるごと蔦まみれ
  (東京都 下田カノエ   朝日俳壇 9/5  金子兜太選)があった。選評は「その家に『官能』を感じているのだ」。
私はこの句によって、俳句のすごさ、こわさを感じた。

コラム「秀句へのいざない」に「管楽器みな淫らなり十三夜  高橋修宏」があった(8/25 道新)。選者は「…どれもが、口を当てて吹き奏でるところが同じで、この句に言う『淫ら』は、そこを鋭く衝いたものか。また、演奏前の音合わせを言ったものか…」などとあるが、官能と淫らはずいぶん違う。

以前、函館FM放送に出てしゃべったとき、インタビュー方式での話のあと、司会者から出演者に10の質問が出ることになっていた。その一つに、あなたの「好きな言葉、嫌いな言葉」があり、嫌いな言葉ならすぐ出るのだか、といったら、じゃぁ、そちらからでも、というので「損得」と答えた。その説明をしているうちに好きな言葉として思いうかんだのが、「官能美」。それを口に出したら、司会者も同席のディレクターも一瞬、唖然としたようだった。
美の話になると面倒になるからやめておくが、いまも官能美は好きである。透き通った美、究極のといってもいいくらいの美であり、私は少年を描いた絵、あるいはキリストを描いた絵などにも感じる。

○早寝早起き型に
地デジ化により、NHKの受信解約が9万件で、見通しとしては10万件を超えるという。記者会見で発表された理由は、どの新聞もNHK発表をなぞっただけでじつにつまらない(省略 9/9)。
見えていたテレビを一方的に見えなくした歴史的暴挙に怒った人もいるというのに。

9時半に寝た夜がある。10時半はザラ。11時は遅いほう。なにしろ、9時15分に「クラシック・カフェ」が終わるともう聴く番組がない。それからは全き静寂。一杯入っているから本を読む気もない。で、寝るしかない。当然早起き型となる。いま私は朝の使い方?!をテスト中。

○読者のお便り
写真で雄大な気分にさせていただきました。「今 日本人に知ってもらいたいこと」は、お2人の大先輩の対談だけにいろいろ学ぶことの多い本ですね。早速、拝読したいと思います。
原口選手、いいですね。父上の一さんは中小企業診断士でしたか。2000-2-17 阿部さんがスピーカーのとき「丸の内朝飯会」でお会いしました。2世がレッズの選手とはうれしい限りです(浦和生まれなもので)。

○大沼神社のお祭り      9/9、10
    
       デコレーションカー ↑        ↓ 昼休み休憩      大沼婦人会館横
    

                                                おわり

                               大沼通信11-09-03へ