2011-09-03(2011年 51号)
○「丸の内朝飯会」のちかごろ 
発足以来、毎週木曜日の例会が2,218回を迎えている(8/25現在)。この異業種勉強会の「元祖」は、健全というより、ますます意気盛んで、内容も充実している。

前史があるが、スピーチ(講演を聴く)の第1回は1963年(昭和38年)だから、48年目。半世紀になんなんとしている。
毎週「便り」(新聞)を発行し、それが1,317号。気の遠くなるような、いやいや、世の中には…でもあるが。

いまなぜこのようなことを言うかというと、長老の1人が毎回の「便り」をファックスで送ってくれるので、先週のことが、今週には分かるのである。いながらにして例会の様子が一目瞭然。しかも、詳細極まる「速記録」といっていい「便り」だから、スピーカー=リポーターが何を話し、出席者がどのように聴き、それについてどのようにコメントしたかも分かる。顔写真入り。レジュメや配布された関係資料も同時にファックス。座席表まで添付されているから臨場感がある。

断わっておくと、これらファックスも「速記便り」の作成も、すべて会員の自発的サービス。Give and give. であって、いわゆる give and take. の take のない、まるっきり一方的な奉仕、無料ボランティア(ほかにもいろいろある)。それが徹底している。
もちろん、スピーチのテーマ、内容、レベル、いずれも立派。見事といえる。

さて、ところで、このあたりから自分のことになるのだが、メンバーは原則1年に1度、リポートすることになっている。私も1990年の第1回以来、10数回おしゃべりしているが(3年間のローマ滞在や―一時帰国して話した年もあるが―2度の癌手術のため、毎年ではない)、最近、、そのおしゃべりの録音テープ(当時の幹事からいただいたもの)を保存していたガ・フレが、最近、MDに取り込んで送ってくれたのである。なぜか私の手元になく、しかも、私はいま、テープを聴く機械(装置=古いなぁ)がないので、ミニコンポで聴けるようにしてくれたわけ。
で、1990年の「海岸を歩いて思うこと」、1991年の「日本の美・京都の庭」、1992年の「水際の旅」(これは別の会の講演)、1993年の「源氏物語を読んで」など、とりあえず6枚のMDを聴くことが出来るようになった。

20年も昔の自分のおしゃべり(講演)を、いま聴いてみると、いろいろ思うことがある。
とにかく、私は話し下手である。それはいまも変わらない。つまり頭が悪い―とは限らないという説もあるが―これも致し方ない。しかし、内容は意外にまともであった。知っている・分かっていることをしゃべっている。当たり前だが、一応勉強し、用意したことをしゃべっている。しかし、その整理がまるで下手。しかも、1時間ぐらいではとてもしゃべりきれないテーマを、分かっていながら取り上げている。そして、話し始めると、言いたいことが頭の中でさらに膨らんできて、途中からその処理に困っていることまで自分で聞き取れる。時間と内容の見積もり違いと言おうか。笑ってしまうが、「源氏…」では、「源氏物語を1時間でしゃべるなんて、とんでもない、バカみたいな試み」と自分から言って笑われている(笑わせている)。また、いっぱいしゃべろうとして早口になり、近くの人に、しゃべり方が早いですか、と訊いたりしている。も一つ、分かったことは、ユーモア、笑いが、話しをいかに引き立てるか、耳をこちらに向かせるか、ということ。

過去を懐かしんでこれ以上書くことはない。これからもおしゃべりの機会はあるので、録音を聞いて反省し、少しは耳に入りやすいよう工夫すべく神妙になっているところ。言うまでもなく、テーマもレベルも…。

 読者のお便り

○大沼通信、ありがとうございました。なんといっても「結婚披露(けじめ)パーティ」が出色です。すばらしいお話でもあります。いい人生を送られている方のいい日でもありました。
雲の美しさに見とれました。しっかり雲の観察をしたことがない身には、雲の表情のように思えました。

白髪の爺がフンドシを縫う。喜気迫る」(大出先生のファックスから)
この「喜気迫る」は、凄い言葉ですね。へぇー、こんなユーモアのある博識者がいらっしゃるのだと感嘆しきりです。

○拝読しました。中身の濃い、ハイレベルな文章を噛みしめつつ。
白内障手術の順番待ちです。今までの眼鏡も合わず、新聞も見出しのみ。掃除も週2回のヘルパーさん頼み。脱落社会人間です。80歳までは心身ともに元気でしたが、奥さまには及びもつかない老女に成り下がりました。環境にも支配され、齢に甘えております。

○いつも元気なお手紙、爽やかなスナップ入り、ありがとうございます。私はこの夏は暑さにあてられ、体の衰えを感じています。阿部さんのお元気さは青年並みですものね。不思議でなりません。こちらはいま、さるすべりがいろいろなところで見られます。

○(熱烈な大出ファン)   
大出先生のファックスにはおそれいりました。本当にステキで楽しくて、こんな文章を書ける人は先生しかいないです。

ミシンでフンドシ作り!やりますねぇ〜、ミシンまでなさいますか!それにちぎれたブラジャーは手縫いでつなぎましたか!エメラルドグリーンの絹糸を買ってきて!そしてもとのところになにげなく置いておきましたか!なんという優しさ、心遣い!
喜気迫る、がまたいいですね、その漢字を当てるのが素晴らしい!それに毒去老人もいい感じ、いい漢字!もう、もう、本当に私は言葉に出来ないくらい参ってしまっています…。


       「魔女とピエロ」    →
         さっ平   2011-9-1 
 


                                              おわり

                               大沼通信11-08-30へ