11-08-30(2011年 50号)
○大沼湖畔のキャンピングビーチ  晩夏  8/30
たくさんのテントも畳まれ、湖畔は人影も少なくひっそり。

○金子兜太氏からまた新著をいただいた(続)    8/30

「今、日本人に知ってもらいたいこと」
金子兜太:半藤一利 KKベストセラーズ

金子兜太91歳と81歳の歴史探偵との語り合い。探偵は昭和史中心ということで、すなわち戦争にも詳しいから、「あの戦争」に多くのページが割かれているが、それが単に戦争時の思い出ではなく、そこからいろんなテーマが引き出され、今につながるから値打ちがある。
お2人とも意気軒昂だし、話題も縦横無尽だが、あっちへ行ったりまた戻ったりのおしゃべりでもある。そこがまたおもしろいのだが。
知っていたことも多いが、初めて知ったことどももあり、へーえ、ふーん、も幾たびか。以下は私の気まぐれな抜き書きと言っておきます。

第一章 未曾有の災害に日本人は何を見たか 中見出しは大部分省略。

「金子 (東電は)けしからんな。国民をなめている。江戸時代だったら、さしずめ日本橋で晒し首ものですよ。ほんとうにけしからん」21

石原都知事が「天罰」といったことについて。「半藤 …また都知事が上から目線でものを言ってるぞと思いましたけど、都知事本人は、かっこいいことを言ったと思っていたんじゃないですか」「金子 現地の人の苦労はぜんぜん頭にないわけですからね。私は彼にボケが来たと思いました」37

「金子 今一番怖いのは、インターネットデモクラシー…(これが)支配されだしたら非常に怖い。今、チュニジアやエジプトなど革命が起こった中東がそうですね。この力が悪い方向に働くと非常に恐ろしい。…無政府主義デモクラシーみたいな感じで、再生の道は示せない。…日本人は同調しやすい民族だけによけい怖い」30

第二章 今、あの戦争を考える

「金子 連合艦隊司令長官の古賀さんは逃げちゃったわけです。残された第四艦隊司令長官なんていってもほとんど戦争経験のない体がでかいだけの男でした。人のいい男でね。女連れで酒ばかり飲んでいるような野郎でしたね」「半藤 今も横須賀に小松という海軍料亭があります。それが戦争中はトラック島に店を開いていました。私たちは松(pine)からパイン、パインなんて呼んでね。そこの女ですよ、きっとね」46

「出征前夜の裸踊り」「金子 (感激性の親父が立ち上がり)『兜太、お前も裸になれ』と命令してきた。永遠の別れが脳裏をよぎったのかもしれません。照明が落ちた。舞台の明かりがついたとき、私と親父は一糸まとわぬ真っ裸だ。…親父の作った秩父音頭を丸っ裸で踊ったんです。秋邨先生はそれにはえらく感激しましてね、その姿がすごく崇高だったと、その後のエッセーに数回書いています」。

次も真っ裸の話。「…あの南京陥落で学生が全員褌一丁になって、盆踊りのデカンショ節を歌いながら街を練ったのです。…何か得意になって…しまいには褌まではずしちゃってね、引っぱられて、ブラブラするから、一気にカーッとはずしちゃった(笑)」59

「トラック島の惨殺事件の真相」
トラック島でのことは広く知られているが、半藤氏に訊かれて「金子 おお、それを知っているとはすごいな。あれは秘密中の秘密にしていたんですよ。…米軍パイロットの捕虜を、ヤシの木に結び付けて、現地製の鉄槍が効くかどうかというので下士官5、6人に突かせた。…当直士官は反対したらしいが…彼にお鉢が回ってきて、お前やれと命令されて号令をかけた。(戦後捕まり、グアム島で10年以上の重労働)」87

第三章 絶望と無力感の中で生きる

(また下の話になるが)「金子 やつらの男根というのは長くて、あんな馬鹿でかいのは始末に困るほかないですな。日本人のほうがずっといい(笑)」95
「金子 米兵の若いやつらは…包茎が多いんだ。…宿舎には立った男根に包帯したやつらが寝っ転がっている…『何だ』って言ったら、割礼をした兵隊たちですと」「手術をしたいんだけどお金がない。ところが軍隊に入隊すると、ただでやってもらえる。まさかそのために軍隊に入るわけじゃないんだけど、戦争も終わったことだし、ちょうどいい機会だからって、みんなやってもらっている…」「かく言う私もそれまで包茎でね(笑)…これはいい機会だと…『麻酔がねえぞ』って…痛てえの痛くねえの、失神だよ。」97

「原爆投下秘話を今こそ語ろう」
「半藤 戦史的に説明しますとね…初め小倉に落とすつもりだったんですよ…ところが雲がいっぱいだった…(投下は)どれくらい効果があるかということを試すための実験(なので雲の切れるのを待っていたら)…少しの晴れ間が見えた。その不運な場所が…隠れキリシタンの里の上だったんです。市街は、運がよかったんです…長崎市は不運も不運、落とされたところは二重の不運なんですね。…雲の切れるのを待つことはないんじゃないか。さっさと帰ればいいじゃねえかって考えてしまうんです」115

第四章 
私たちのルーツ


日銀の組合運動については省略。朝鮮戦争、レッドパージで飛ばされ、福島・神戸・長崎と10年間の支店勤務についても省略。126〜

「相対的思考のすすめ」「半藤 …絶対に日本が勝つとか、絶対神風が吹くとか、絶対に人を殺さないとか、そんなことあり得ない。いざとなったときに、人は人を殺す可能性だってある。…『これからは、死ぬまで絶対という言葉は使わないぞ』 これが焼跡で呆然と立ちながら決意した、たった一つのことでした」「金子 それはいいな。相対的思考ということですね」132(下線は阿部)

金子兜太を俳句に誘ったのが出沢三太。水戸高校の1年先輩。才人で自由人。異母弟が星新一。
「半藤 そうすると、星一族ですね。彼らは森鴎外一族なんです」「金子 …それをよく自慢してました」「半藤 私が今住んでいるところの隣のうちの嫁さんが、星一族なんです」「お宅は漱石の一族だから、明治の大文豪の一族が隣同士で相対峙か」146


「金子 私の体には秩父音頭で培った五七調のリズムと、知的野性という生の人間の姿が入り込んじゃっている…今、私はどこに行っても、『私のアイデンティティは俳句である。五七調の最短詩型を身につけた日本人を探せば、金子兜太一人である』と言い切っているんです」149

「人生を変えた作家たちとの出会い」ここは主として半藤氏の話。文春の編集部からスタートし、伊藤正徳の担当から、司馬遼太郎担当となって歴史観について議論したり、取材方法で吉村昭との違いを知ったり、また松本清張との比較などが話される。

第五章 老い知らずの見識

「愛妻について語ろう」では、お互いに出会いのことから。どちらもおもしろい。

「漱石こぼれ話」は、「女という生き物ってやつは…」のすぐあとにあり、そこが終わるところで「半藤 女っていうのはすごい矛盾した動物ですね(笑)」「金子 エゴイスト。エゴイスト」「半藤 ものすごいリアリストなんですね。かなりリアリステックな男と、もっともロマンチックな女と比べてみても、男のほうがロマンチックなんですよ」「金子 私もそう思うな」などと話した後、「半藤 でも、かの漱石が偉大になったのは妻の鏡子さんのおかげですけどね。だけど、漱石を偉大にするために弟子たちが持ち上げちゃいましたから。神さまのようにたてまつった。そして、奥さんは悪妻とされた」173
そのすぐあと、啄木が借金した話となり、「啄木は非常に感謝しまして、それから二、三回、漱石から借りているんです。弟子たちから言わせるとみんな漱石が貸したことになっているんですが、実際は…太っ腹の奥さんが貸していたんです。啄木の日記に漱石夫人から、と書いてあるんです」174

「立禅、尿瓶は絶対の健康法」177 これはよく知られているから省略。ただ、自分から「尿瓶の兜太」と言っていることが可笑しい。
「長生きの秘訣は気力だ」 181 この見出しに限れば以前にも言っているから省略。ただ、ここで「半藤 かの夏目漱石なんかも立小便の名人だったそうですよ。やたらと立小便してますよ」というのも可笑しい。
しかも、そこからこんな話に…「半藤 漱石の好きな「いろはカルタ」の札は「屁をひって尻つぼめ」と「頭かくして尻かくさず」の2枚だったそうで(笑)」。186

第六章 忘れてはならない日本人の精神

「判断ミスを重ねた昭和という歴史」の始まりは、「半藤 昭和史に学ぶというのは、簡単に言えば、本当は人々がここで別の判断をすればよかったのに、なぜここでこのような判断をしたのか、この連続をしっかりと見極めることが大事なんです。つまり、日本人そのものを知ることです」「…歴史はきちんと学んだほうがいい…では具体的に歴史の教訓とは何か。実は、『後の人が歴史からは何も学ばない』ということが歴史の最高の教訓なんです」「金子 (笑)。それは大きな教訓だわ。東日本大震災にもつながってくる」。204、206(下線は阿部)

「金子 …『社会の中の人間』というのを私は戦後ずっと見てきた。(…が、ではなくて)、『生き物としての人間』という視点から見ないと、それが作り上げた社会の正体はわからない」。208

以下、はしょるが、 「戦艦大和ノ最期」のところでは「半藤 今、あの本のことを悪く言うのは大変なんですよ(笑)」197などとある。

「日本人に伝えたい三つのこと」 216 は、俳句に託しての日本人へのメッセージ。いいところだが、これも省略。
まだまだ紹介したいテーマがあるが、長くなった。たとえば「戦後を作家たちはどう受けとめたか」の半藤氏の受けとめ方などは貴重だ。
下世話というか、読みようによっては卑猥な話、それもけっこう露骨な話が多いが、「自然体で生きる」とか「生き物感覚こそいのちの本質」とか言ってる人には、そういう話が必要ないし必然、いや、自然なのかもしれない。

会話だから、とても読みやすい。機会を作ってお読みになることを薦めます。

○今朝方の夢
傾向として、道に迷うこととトイレになかなか辿りつけない夢が多い。

コンテナーというか浮きドックというか、大きな箱がつながって浮かんでいる。川か海に近い。その上を私が歩いている。車道もあるが、その先はトンネルになっているよう。そこはなぜか青森だということがわかっている。そうか、函館からトンネルを歩いて青森まで来たんだ、と思う。僅か17キロだもの。
せっかくだから飲み屋さんを探して1杯やろうと考え街に出る。と、駅がある。駅員に聞くと、今日はもう終わったよ。函館には帰れないよ、という。見ると歩道は締め切られている。車道のほうは夜も通れるらしい。
トイレに行こうとして、トイレらしいドアを開けると、そこは高級割烹で、きちんとした女将があいさつに現れた。いや、失礼、トイレじゃないんですね、と言って出ると、隣りにまた同じドアがある。
場面が変わり、タクシーで帰ろうと思い、駅待合室にいた酔っ払いに、なぜか身を低くして、いくらぐらいで行くか訊くと、ろれつの回らない口で5千円といい、片手で5を示す。つづけて、その前は4500円だったがな、といって笑った。前歯が欠けていた。
また場面が変わり、さっきの和風料理店の隣りは椅子席の洋風レストランだった。団体客がレインコートを椅子に置いて、みんなでトイレに行く。で、わたしも後ろにつこうと、同じようにレインコートを椅子に置こうとして、いや、間違えるといけないから、財布は手に持とうと、スーツの胸ポケットに手を入れると財布がない。慌ててあちこちのポケットを探るのだが、ない。猛烈にトイレに行きたくなる。
不思議なことに、そこで、これは夢だとわかる。財布はないけど夢だから心配いらない、醒めたのだから、トイレ、トイレ、と自分に言うのであった。ラストは正気になって、つまらなくなった。
                                                おわり

                               大沼通信11-08-29へ