11-08-29(2011年 49号)
  

  
   
「戻り夏」と言っていい快晴が、27、28日と2日つづいた。のんびり自転車を走らせた。  撮影:11-8-27

「大沼通信」第46号でお伝えしたレストラン「バルト」の愛娘抄子ちゃんの人前結婚式のことが新聞に出た。地元ぐるみの式になるとか。かの有名なさちよさんの企画だから、といって期待する向きも。彼女は以前「大沼通信」にも登場したアイデア溢れる才女。昔の盛り場大門のキャバレーを1日だけ復活させたり、函館湾「緑の島」で大がかりないイベントを開いた実績を持つ。
いま大沼公園駅前通りには軒並みそのポスターが貼り出されている。9月3日夕刻から大沼湖畔がにぎわう。

                                              道新 2011-08-26 夕刊

○大出先生からファックス  8/26
静寂は創造の力なり! テレビがなくなって知性の目が生まれ自己に向かった。
今まで何の気なしに過ごしてきた台所の流し槽、その中に水滴が絵を描いている。可愛い魔女が来てくれた。ボクの友だち。 →

先ずは芳子さんに「オメデトウ!」。寄り添われる白髪の紳士に乾杯。(本通信第47号の写真のこと)

こちらも負けておりませぬぞ。
8月20日、同窓会に出た。昭和20年卒はボク1人。次は25年卒1人に飛んだ。
「乾杯の音頭を取れ」といわれ、ダダをこねて壇上に美人バンケッタ8人を呼び、真ん中で「椿姫―乾杯の歌」をやりましたぞ。ハハハ。(落語独演会で原語で歌い通したことがある―阿部注)

フンドシはミシンで縫っています。前立腺の手術をしたとき、手造りのフンドシをしめていったら、看護師にほめられたので。

NHKから1345円が返って来た。受信料の過払い分です。記念にフンドシを買いましょうか。

中国の娘が数年ぶりで帰ってくる(日本語の本を訳すため先生宅で勉強していた中国人―阿部注)。そのままにしてあったベッドのホコリを払っていたら、真ん中でちぎれたブラジャーがあった。中国の芳香がただよう。エメラルドグリーンの絹糸を買ってきてつないだ。もとのところに置いてタオルケットをかけた。
テレビのない静寂。
南の大沼のほとりでは白髪の爺がフンドシを縫う。喜気迫る(鬼気ではない―阿部注)。
北のコンクリートの狭間では、ヨレヨレの老人がブラジャーをつなぐ。
魔女がホウキにまたがって来たようだ。
                                                毒去老人 さっ平

○金子兜太氏からまた新著をいただいた   8/26
「今、日本人に知ってもらいたいこと」 金子兜太:半藤一利 KKベストセラーズ
早速読んだ。とてもいい対談。具体的で、詳しくて、テーマが広くて深くて、ユーモアがあって、じつにおもしろい。もったいなかったけれど、1日で読んでしまった。感想などは次号。

○高瀬さん宅でジンギスカン  8/28
暑いくらいの好天気。「わが家の庭でジンギスカンでも」とお誘いを受け、自転車で、ビール持参で、高瀬さん宅へ。同じマンションの沢爺も招かれて。
トマトとレタスのたっぷり生野菜やナスの漬物。ホイルにくるんで炭火で焼いたジャガイモ、鯛のカブト、イカの丸焼きなどをジンギスカンともども、たらふく食べて腹いっぱいに。ビールの進みが遅いくらいだったが、そちらも充分飲んだ。カンカン照りだったが、ご夫妻がサービスしてくれた鉄板焼きパーティは旨いものばかりで、それも消夏法のひとつだった。ごちそうさま。

○原口選手がワールドカップの日本代表に
原口元気君がサッカーワールドカップの日本代表選手の1人に選ばれたニュースが、道新は4段抜きの見出しだった(こちらの朝日は1段)。
彼は「丸の内朝飯会」のメンバー原口一さんの次男。その関係で、朝飯会上げての応援が熱を帯びてきている。以前、有志たちで応援旗を作ってプレゼントしたこともある。
 
                                  おわり

                             大沼通信11-08-23へ