11-08-23(2011年 48号)
○晩夏のサイクリング 

汗をかかないサイクリング。
ペダルを逆に空回りさせ、上や左右を見ながら走ったり。

下り坂では口笛を吹く。風が唇をくすぐる。

舗装したばかりの良い道は車道に出て飛ばす。

私のいう大沼小富士の倒影を遠くからパチリ。               →

マンションに戻り、熱い湯でシャワー。裸でしばらく横になったり。

大の字に寝て涼しさよ淋しさよ 一茶

ふんどしを締めて息吸う独居かな 珍

○読者の感想から
(言いすぎた。照れるメールも)。

阿部審也 様
@悠々たる「仙人生活」中の、素敵なエピソード…”50年前のガ・フレの娘さん”の結婚式は、美人の新婦もさることながら、貴兄のスマートさ、 ”品格”に感じいりました。いい顔、してますねぇ。これならもてるわ。「紹介して…」と、いわれるのも、もっともです。そして、相変わらず、精力的な”妙”は、読み応えたっぷり。いつも、感謝しながら読んでいます。 
A触発されて、思い出したこと。
旧き時代、同じようにガ・フレの娘に逢った時、よせばいいのに「もしかしたら、あなたのお父さんになっていたかも」と、口ばしってしまいました。酔った勢いでした。答えはウフフ…賢い女でした。

○「バルト」のテラスからの夕焼けの記事は良かった。心が沈んでいても、ああいう光景を思い浮かべると気持ちが和らぐ思い。政治の話には同感。腹立ち、あきれ、あきらめ…(かと言ってなにもしないのだから言う資格もないけれど…)。

○芳子さんのような方を美人っていうのでしょうね。本当にきれいな方ですね!いつも美人たちに囲まれていますね。若いときから晩年?まで、ずっと女性に縁がある、そういう人生なのでしょう。
まぁ、いくつになってもそのように人を(女性を)ひきつける魅力を備えている、ということです。
羨ましがる男性がいたら、羨ましがる前に、なぜもてるのか、考えてみたら、と思いますね! とにかく、いつも美女たち、そして優秀な女性たちに囲まれて過ごしていて幸せ!そのエネルギーをもらっているから、なんだかちっとも歳をとらないのです。年取った爺さん、なんて思えないのです。歳を感じさせない不思議な、稀有な人。

○私の文の引用から始まる…次第に太陽が低くなっていく。その動くサマが見える。身じろぎしないで見つめる。時々、両手を広げて息をする。その度に空の色が変化する。ビールお代わり。」
アハハハ。面白い!凄いねぇ。大自然の中に溶け込んでいます。ビールも体の一つになっています。一幅の絵です。

○褌をはくと、男性機能は元気になりますか?それとも仙人のままですか? 元気になるなら私も見習います。
きつく締める頻尿症の人は小便をするときに不便ですね。

○8/21付「大沼通信 no47」中の「絶望に近い落胆の政治」に追加したい補充的共感的新聞記事。

△「(…ノンフィクション作家の保坂正康氏は)『政局にしか関心がない政治家が、永田町の半径数`の中だけの論理で動いていて、感情的になっている』と不安視する。…溶解していくかのような政治。その姿は、われわれ有権者の選択の結果でもある」(問う「民主党代表選 短命連鎖止まらず」から 道新8/21)

△「…日本はあいかわらず原発事故に誰も責任をとろうとしない無責任天皇制のもとにあり、アメリカは9.11以後に世界を敵と味方に二分して軍事力で『正義』を押しつける強権国家のままだ」上野千鶴子(書評「天皇とマッカーサーのどちらが偉い?」 道新8/21 )

△(官僚は)『法律によって思惟せずに良心と常識とに従って行動せねばならぬ』『役人たる前に先ず人間たれ』…いずれも法学者・末広厳太郎の著書からの引用(「卓上四季」 8/21)

△「なぜ続く短命政権―病根は『参院』『常在戦場』」(社説のタイトル 朝日 8/23)
                                                  おわり 

                              大沼通信11-08-21へ