11-08-21(2011年 46号)
○夕焼けオーロラ と大沼湖畔の結婚式
レストラン「バルト」(看板はカントリーキッチン)のテラスで、夕焼けを見ながらビールを飲み、ピザを食べた。
前方は広い原っぱ(バルトヶ原と命名)。はるか西には連山。
次第に太陽が低くなっていく。その動くサマが見える。身じろぎしないで見つめる。時々、両手を広げて息をする。その度に空の色が変化する。ビールお代わり。
青が濃くなり、黄色味を帯び、ゆっくり茜色に移る。しかし、そう簡単には行かせない。永遠と一瞬を交ぜ合わせる貴重な時間。諸行無常は、動き移ること。一瞬の中に永遠が…。
あちこちに漂う雲が定まらない。小さい雲は美しきかな、大きい雲も美しきかな。あるときは細長い雲に変身する。塊と塊の交歓もある。
陽が山の向こうに沈んで、いよいよ鮮やかになる空と雲。雲が活発になる。スケールが大きくなる。色がどんどん変わる。薄いまだら雲は繊細に、赤、朱、ピンクと移る。真上はまだ青空。空いっぱいのオーロラ。写真で見たオーロラと同じ。こちらはゆっくり動くオーロラ。素敵な地球。すばらしい宇宙。ビールお代わり。

9月3日、バルトの娘・抄子さんが、大沼湖畔で人前結婚式と披露宴を行うことが決まった。カッコいい。
挙式はカヌーの上で。宴会は湖畔のキャンプ場で。暗くなったらスターダストバーが開店。
町を上げてのお祝いになるか。参加者は、行きは遊覧船に乗って、帰りはバスで。ビールお代わり。

○よくできているふんどし
金子兜太に倣って、ふんどし一つでパソコンに向かっています、と何人かにメールしたら、ガ・フレの1人の返事は「…フフフ」。
手拭い1本からふんどしを2本作ろうと、真夜中、ジョキジョキと鋏を入れ、針に糸を通し、手で縫った。何とかできて、締めてみた。まあまあ。それからいろいろアイデアが浮かび、改良型を考えた。
以前、サッポロで越中型を買っておいた。調べると、ほかに六尺型とか黒猫型とかもっこ型などがあることを知った。Tバックというのもある。
そしていま、女性用のそれが流行していることを知りおどろき、うれしくなったきた。なぜかは分からない。
ネットでは在庫切れとか売り切れが続出していて、気に入ったのは手に入らない。ほとんどが写真入りで、中には「セクシイ」を売り物にしている奇体な品もある。

商品となっている実物を見たいので、もっこ型のSサイズを注文した。穿いてみるとなかなかいい。ほぼ私の考えどおりの品物だった。よく考え、よく出来ていた。
問題は汎用品が出来ないか、作るとすればどのように…。実用新案特許をとるかも知れないので、この先は言えないが!? 商品名は「あきちゃんの 手作りABECふんどし 男女兼用」。ペアで1000円(送料込み)となるはず。もっとも、生地とか柄物と無地物とか紐の長さなどによって原価が変わるから、値段は仮のもの―なんだかバカバカしくなってきたが。
これから何本か、また針の穴に糸を通し、試作品をひと針ひと針縫うかも知れない。鬼気迫る爺の真夜中。

○絶望に近い落胆の政治
アー、ヤダ、ヤダ、なにこれ、こんなぁー、まさかぁー―いまの日本。政治とマスメディアの末期症状。
怒りたくない。いらいらしたくない。それなのに…
政権交代初期の真の・まさかの変革の予感と、超速のその巻き戻し。「昔はよかった」的民主党初期政権の花火大会。なんという崩れ方。ハハハのハだ。ハは私の反省のハも含む。
自民党政治の腐敗・腐食土壌と官僚の省益・保身の構造的癒着は揺るぎそうもない。ハハハのハだ。ハはそれでも反対のハ。

現役官僚・古賀茂明氏の「日本が融けてゆく」「官僚の責任」「日本中枢の崩壊」の射程距離と破壊力はどのくらいだろうか。
官僚(制度)にはよくない部分とよい部分(必要不可欠部分とシンクタンク部分)があるのだから、それを明確に分けたうえでの批判でなければ、官僚とその制度の一括批判となり、それでは何も生まれない。

民主党の代表選びにも興味はない。人材払底もここまで来るとマンガ。総選挙なしの首相たらい回しは、かつては民主党など野党がこき下ろしていたコトではなかったか。どっちもどっちだもの、呆れられるはず。

今月、リブリで取り上げる小説は人類絶滅後の世界を描いた「ザ・ロード」。
たとえば仮に原発災害が続発し、人間が住めなくなるとしたら…などと考えさせられるお話。人類絶滅後、生き残った父と息子2人の旅がテーマ。舞台をアメリカから日本に代えたらどうなるか。アイデアの一つに過ぎないともいえるが、考えられるストーリーではある。
原発事故の収束もおぼつかないのに、悠々無神経な永田町親分子分の世界。真人間の世界ではない。

○テレビのない暮らし…その後
毎夜パソコン部屋からワンルームマンションに帰ってくる。9時前ならFMラジオをつけ、クラシックを聞きながら食事の支度となるが、9時15分以降は聴く番組がない。静寂の天下がくる。黙々と食べる。終われば、本でも読むか、少しは何か考えるか、となる。頭を使うのはだいたいパソコン部屋でだから、夕食後は1日の収束に取りかかる。すぐ寝ることもある。先夜のように手縫いでふんどしを作るようなことは珍しい。結局大方は、目と頭の休息に使う。つまり、ぼんやりと贅沢にあかす。間もなくだらしなく眠くなる。晩酌でいい気分になっているし…。
目下はマイナスの減少であって、プラスには至らない。そのうち、「ない良さ」を報告したい。
                                        おわり

                               大沼通信11-08-12へ