11-08-21(2011年 47号)
○結婚披露(けじめ)パーティ    8/20
彼女にとって一番年寄りのボーイフレンドとして招かれた。ごく親しい友人たちだけのささやかなお披露目。いい雰囲気だった。
彼女の母親が私の昔のガ・フレだったという関係。私は振られ、彼女は結婚し、この美人が生まれた。
母親とは50年以上の、新婦とは30年の付き合い。

新婦芳子(呼び捨て!)の陶芸の先生が特別に焼いてくれたジョッキで乾杯。プレゼントなので、これからはこのジョッキでエビスを飲む。

新郎はバンドの一員でもあるミュージシャン。会場は蔵。コンクリートむきだし。そこで数人との演奏を聴きながらおしゃべりなど。

新婦側の男客は、もう1人宮司さんが来られたので多分3人。あとは女性ばかり。それら受付や料理、接待など、新婦側のお手伝いやそのほかの女性客が私を見て「素敵な方ね」「どういうご関係?」などと聞いたそうである。中には「紹介して」という女性もいて、何人か、紹介してもらった。1人や2人ではなかったのである!? 彼女らは、私から見ても素敵な女性群だった。多分30代の、そして美人ばかり。ホントです。うれしかったねェ。

帰りは、毎月の温泉ドライヴの1人の運転で、その娘さん(これまた美人)ともう1人、洒落た和服のご婦人と一緒に駅近くまで送ってもらい、そのスエちゃんともっきり屋でまたビール。彼女はそこでももてた。

こちらはいまがいい夏。変わりやすいから油断できないが―快晴から雷雨になる―爽涼をじっくり、噛みしめている。噛みしめるというのは変だが、ゆっくりじっくり、たしかめつつ、うれしさで爆発しそうなのを何とか抑え、しかしうれしくてたまらない刻を味わっている、とでもいう感じ。空を見てもうれしい。そして森の緑も美しい。おわり
 

                          大沼通信11-08-21(46号)へ