11-08-12(2011年 45号)
  東の山なみのその上に、もう月が出ている。山と月と空。満月が近い。寂とした黄昏
 
 涼しいので窓は小さく開けてある。午後7時。

○テレビのない暮しとその後

「テレビよ、さらば」「見たい番組がひとつもない!」
こんな風にもスカッとさせてもらった見出しは近頃では出色だ。さらに引用すれば、
「またひとつの時代が終わった」「『地デジ化』とともに音をたてて崩れゆくガラスの巨塔」
(週刊ポスト 8/19,26号)。
決して大げさではない。

テレビが映らなくなったのに、ときには新聞の番組表を見ている。そして、見たい番組がないと、ホッとし、ざまぁみろ、と心で叫ぶ。じっさいに、見たい番組がないのである。もともとちょっとしか見なかったのかも知れないが、映画やドキュメントに、見てよかった、すばらしい、テレビならでは、の番組もあったのに、それが「音をたてて崩れ」たよう。ま、いま現在、とくにNHKは、高校野球という「持ちつ持たれつ」関係の放映で狂っているとしても、その後にレベルが急上昇するはずもなかろう。週刊誌のその記事を読んだわけではないが、きっと、見出しのとおりだろう。

テレビがなくなって、時間が増えた。そんな感じ。静寂が増した。そんな感じ。サッポロの大出先生からも「テレビにさよならして静かな生活をしています」というファックスをいただいた…ついでに紹介すれば、そのすぐあとに、「自称毒去老人」とあった。独居にかけて、テレビは毒だというわけ。お見事(赤字は阿部)。

わが部屋でいま「音を立て」るのはミニコンポで音楽を聴くときと、FMで音楽を聴くときだけ(ラジオはNHKFMしか入らない難聴地区)。

この増えた時間と一層の静寂の中で、人生最後期をどう過ごすか、となった。それが分かって、ちょっとあわてているところもある。ずっとテレビなしでいけるかどうかも!?!?

そこで、ホームページのコピーを整理することにした。「大沼通信」は2001年からある。「リブリ」は2003年夏から始まった。「癌エッセー」と、続く「女好き爺の思い出話」も長い。そのほか「大沼漫歩」「儚々老随筆」「アルバム」などまだいろいろある。それらを整理して合本を1冊作ろうかと思うようになった。
膨大な作業だろうが、やれないこともなかろう。ぎっくり腰も自転車正面衝突の後遺症もなさそうだし、呆けもまだ軽そうだから、いまがチャンスと思いたい。ただし、今年はほかにもヘルニア手術やサイクリングで転倒したりして、私にとっては「凶年」のようだから、何が起こるか、危ういところがある。いずれにしろ、「誓う」ことはしない主義だから、どうなるか分からないが、ま、ボチボチ、という段階。

なお、遺書については、ひとつアイデアがあるのだが、盗作されるとつまらないのでまだ伏せておく。独りよがりかもしれないし。

○「ドストエフスキー人物事典」中村健之介著 講談社学術文庫 1680円
ようやくというか、文庫に入ったので取り寄せた。とてもいい本だが、原著(もちろん翻訳で)を読みながら、または読み終わってから取り掛からないと危険でもある。先ずこれを読んでから原著へという順序は、私はよくないと思う。しかし、読み始めたらやめられなくなりそう。それほどにも魅力的な本である。しかし、まだ読んでいないドスちゃんの作品を読んで、それからこの本に移ることが私には出来そうもない作品があって、大いに迷う。読んでから読むかが、どちらの本になるか悩ましい。
たとえば、私は「賭博者」は読んだことがない。これから読む気も少ない。ならば、この紹介を先に読んで決めたほうがいいと思ってしまう。しかし、読んだら読まないかもしれない(意味通じますよね)。それくらいよさそうな本…怖くて、まだチラチラ。本気で読んではいないので。
                                             おわり

                            大沼通信11-08-12(44号)へ