11-08-12(2011年 44号)
 夏らしい暑さがきました。この3日間は32.5、 30.0 、31(予想)。 でも、楽なものです。そちらは?

○大沼盆踊り
  8/11
ひどい写真だが、大沼公園10年ぶりの盆踊り大会の一こま。大震災の「ふくしまキッズ」と一緒の、意義ある盆踊り大会だった。 子どもたちは元気。地元の子どもたちも大勢。大人たちも喜んで参加。 
私は自転車で出かけた。
組んだ櫓の上で1人が太鼓を叩いていた。下でてんでんに踊りを踊っていた。子ども以外にも、つまり老若男女が回っていた。踊りは不揃いだったが、問題なかろう。
広場に見物人がごろごろしていた。本当に寝転がったりしている。
その横にテント。飲み物とスイカなど。
「鍋谷歯科」家の数人を見つけた。「源五郎」夫人とおしゃべりしていた。「伸」の伸ちゃんがいる。「あじさい」のママがいる。「金丸」夫人がスイカを薦めてくれる。亭主もいた。観光協会(名称変更か)会長さんがいる。農園の小泉さん、大沼交通の社長さんがいる。
皆さんと方と少しばかりおしゃべり。
アパートに戻って仕事をするつもりだったが、からかわれ、結局、ビールを飲んだ。伸ちゃんが2本目を出してくれた。

○銷夏の昔話 
銷夏法の一つに濡れタオルがある。水道水に濡らしたフェイスタオルを背中に当てるだけのこと。いま愛用している。利かなくなったらまた濡らすまで。同時に水を入れたバケツまたは洗面器を机の下に置いて足を浸すと2倍くらいの効果がある。
18歳から20歳まで、職場の独身寮でその方法で通したはず。いまは保冷剤とか冷蔵庫の氷とかいう話しになろうが、私にとっては大げさ。
昔話を付け加えると、濡れタオルで読んだ本は、大類伸のたしか「世界史」と「フランクリン自伝(The autobiography by Benjamin Franklin)」…通信大学受験を目指していた頃だから…以前にもどこかで自慢!?したかも。
もっと昔の話をすれば、水道の代わりに井戸水を持ち出そうか。西瓜を冷やして父の帰りを待った昔もある。

広い座敷の障子を開け放ち、2方または3方から風を渡らせ、畳の上で大の字に寝る…これは夢だったが、南仙台(柳生)に疎開していたとき、一度だけ経験させてもらったような気がする…あれは夢か現か。
同じ頃、真夏というのに高熱を出し、学校を早退し、はだしで歩いて帰る途中、吐き気を催したこともあった。昭和で言えば20年夏、敗戦直前、今度の大震災の66年前のこと。

戦後もだいぶ経って、反安保闘争の敗戦!?後、だいぶ暑くなったとき、ある女性と別れるために千葉県鴨川の吉田屋旅館に泊まったことがある。「関係」ない仲です。
潮が満ちてくると部屋が海の上になる。当然、涼しい。知らなかったのでおどろき、喜んだ。そのせいか、別れ話は失敗し、しばらくは追われることになった。
グランドホテルと名の変わった吉田屋は、俳人鈴木真砂女の実家である。作品「羅(うすもの)や人悲します恋をして」「羅や細腰にして不逞なり」などで有名。

京都の庭めぐりをしていた時期…これも前に書いたか…8月15日の真昼に竜安寺の石庭に行くことを決め、東京から出かけた。これは銷夏法にならず、心頭滅却すれば…だった。蝉時雨だった。「戦争」を考える時間だった。戦争は終わらない。
                                                  おわり

                               大沼通信11-08-06へ