11-08-06(2011年 43号)
 静かで爽やかな夏を楽しんでいます。30℃を超したのは多分今日で2日目。

○テレビのない暮しへ  7/24〜
寂。一層静かな環境になった。ラジオはFMしか入らない。たまにそれを聴くだけ。パソコン部屋の阿部ハウスにはもともとテレビもラジオもなく、CDかMDを聴くだけ。
いつまで続くか…?

○大沼湖水まつり  7/30、31
30日夜は女性3人と、31日は女性2人と食事。
30日は曇天で花火がなかったので、客人ご持参のイカ刺しとササゲの煮物をいただいてから、4人で「ランバーハウス」でステーキとビール。
31日の花火大会は阿部ハウスの窓から見える打ち上げ花火の上のほうだけを眺めながら客人を待ったが、彼女は終わったあと、ケーキを持ってあらわれた。結局、まつりは見なかったが、花火のあとのケーキは旨かった。

○チカをいただく  8/1
英太さんの釣果、大漁のチカをたくさんいただき、大いに食べた。はる枝さんも君子さんもお裾分けにあずかった。頭を切りはらわたも出したあとなので食べやすかった。衣をまぶし塩胡椒し揚げ焼き。たっぷり食べられたいただきもの。

○サイクリング  8/1  8/4
久しぶりに湖畔を一周。今期27回、28回目。濃い緑の中。車もほとんど通らない。ここも寂。

○自転車同士の正面衝突  8/4
ぎっくり腰の次は自転車衝突事故。私のほうが一方的に悪い衝突。かなりのスピードを出していたのに、結果としては、どちらにも怪我はなく、爺の体としては奇跡的とも言える軽い打撲傷だけで済んだ。平謝りしてすぐまた乗って漕いだ。
急いでいたので、下り坂をブレーキなしで走り、急角度に曲がって歩道に出た、ちょうどそこへ自転車が通りかかった。避ける間もなくぶつかり、2台とも横倒しになった。
そこには小さい囲いがあり、街路樹が立ち、支柱があり、つつじの植え込みになっていた。そこへ倒れこんだ。2台の自転車が絡まり、2人の人体が絡まり、すぐには起き上がれなかった。倒れたまま済みませんと謝った。青年は無言だった。

派手な正面衝突に気がついたらしく、近くのご婦人がやってきて、大丈夫かと訊いた。青年の眼鏡が2メートルばかり離れた路上に飛んでいたが、レンズも割れなかった。私が何度も謝り、ご婦人にもあいさつし、そして双方何事もなかったように分かれた。

それからすぐ函館に行き、床屋で夏向きに鬚を切り、谷地頭温泉に入ったりしたが、右腕のかすり傷にバンドエイドを1枚張っただけ。
ところが翌日、左右の膝に青あざがあらわれ、背中にも擦過傷があらわれ、ちょっとは痛いのであった。しかし、たいしたことはない。

少し前(7/23)のぎっくり腰は大方治ったようで、もう起居に不自由はない。
                                                
○将棋ソフトと浦島太郎
最近のソフトには99パーセントの人間が勝てなくなっている。プロでさえ一流でなければ勝てないらしい。それものんきな憶測で、現実には将棋も囲碁もソフトが名人に勝つのは時間の問題だという(11-8-5 魚眼図 道新夕刊)。

将棋名人戦(順位戦)の新聞連載欄の見出しに「現代将棋の怖さ」とあった。対局場控室の研究で、5時間も前から予想していた局面が実際に現われ、後手必敗の「不吉なムードが漂っていた。…コンピューターソフトも異を唱えていない」場面だった。結果はその通り後手が負けた。解説に「情報に取り残されて浦島太郎になっていた」と書かれた(11-8-5 朝日)。
上記コラムには「人間よりコンピューターの方が強くなることを受け入れて、そうなったときのことを考えておかなければいけない」とある。
                                                  おわり

                        大沼通信 11-07-29へ