11-07-29(2011年 42号)
○リブリ7月例会は大間へ1泊旅行し句会  8名参加  7/20〜21日

7月はリブリの8周年記念月。通算89回目。記念の1泊旅行は青森県の大間温泉へ。そこで第2回句会。
そして「大人の修学旅行」と銘打って大間原発建設中断現場などを見物した。

18日にYWCA「脱原発を考える」というイベントがあり、メンバー4人が参加した。内容は、原発訴訟の会代表竹田とし子氏のお話「大間原発について」、訴訟原告の佐藤亮一氏と奥本征雄氏(どちらも大間町在住)の講演、小出裕章氏(京大原子炉実験所)のDVD「福島原発で何が起こっているのか」の上映、ピーター・ハウレット氏の講演など。
講演のあと、YWCAの野村さんに、私たちの旅のガイドを引き受けてくれる奥本さんを紹介してもらった。

20日午前、フェリーで大間へ。天候は大荒れ。5千dの船は大揺れ。気分のわるい人続出。私1人あぐらでエビスビール。
奥本さんが出迎えてくれる。レンタカーを借り、分乗し、先ずは原発敷地内の反対地主小笠原厚子さん(故熊谷あさ子さんの娘)のログハウスへ行く。

広大な敷地に有刺鉄線を張り巡らしている。ログハウスももちろん背より高い有刺鉄線で囲まれている。車の入れる生活道路だけはある。原発側のその砂利道は、土地の保守ないしは監視のものらしい。辺りは草ぼうぼうの荒涼。通称あさ子ハウスの敷地内を流れる小川も川上で水を止めてしまったため流れなくなっていた。資本というものは何でもやるのである。ある時期の「三里塚」を思い出した。

あさ子ハウスには風力発電が2つあった。井戸水用と電気用。ほかにソーラーパネルもあった。
娘の小笠原さんは北斗市に住んでいるので、ときどきここにやってくるという。その日は不在だったが、仲間である奥本さんの案内で庭先まで入れてもらった。野菜畑や花畑。さびしい畑。

                       建設中断中の原発の遠景とあさ子ハウス

        
高台2箇所から建設途中の原発を見下ろした。どちらにも監視人らしい2人がたむろしていた。観光客にも見えないことはない男たちが、双眼鏡でどこかを見ている。ある人が聞いたら、渡り鳥の観測と言った。別の人が、いまは渡り鳥の季節ではない、と言った。

こちらも観光客といえないこともないから、本州最北端の大間崎へ行き海岸で遊んだ。函館山がかすかに見えた。北海道は最短で17キロ強、まさに指呼の間。

              マグロ一本釣りの街のモニュメントとデザインのおもしろい水飲み場

 

リブリの句会は、日ごろ俳句も短歌も作らない人たちなので気楽である。といっても、大橋特別会員だけは研鑽を積んでいるから別格。8人全員の作品を書いて張り出し、全員で選をしたらトップは氏の1句。ここではそれだけを紹介しよう。「ざくざくと男無頼の夏料理」(同得点は遊びにもぐりこませておいた朝日俳壇の「原発のさつきの闇にぬっと月」)。

温泉のあとの句会のそのまたあとは宴会。昼も夜もマグロとはうれしい。しかも、案内の奥本さんも参加してくれたのであった。氏から地酒の差し入れもあり、盛り上がった。もちろん原発の話しも。氏は翌日も案内してくれたのであった。
                   下は宴会の2次会と句会のあとの記念写真

 

                        張り出した全45作品

     

              大間温泉海峡保養センター玄関前の植え込みで 中央が奥本氏

              

大間はマグロだけではない。全町漁業の町といってもいいくらいである。大間崎情報コーナーの下の海岸には昆布、根昆布、若布、テングサなどが打ち寄せられ、奥本さんは石垣を降りて拾ってきた。私は天然のその昆布をちぎって食べてみた。旨いというより先にうれしくなった。
石牟礼道子の「苦海浄土」に、漁に出て船上で鯛の刺身を食べる場面がある。「鍋釜をのせ、七輪ものせ、茶碗も皿も味噌も醤油ものせ、焼酎びんも忘れずに…そこで鯛の刺身を山盛りに盛り上げて…あねさん、魚は天のくれるものです」(要旨。「天の魚 第4章」から)。(水俣の有機水銀、マグロ漁船第5福竜丸の死の灰、フクシマのセシウムなどについてはここでは省略しよう)

私も昔、佐渡で大謀網漁に連れて行ってもらい、船上で、採ったばかりの魚の刺身を何種類かご馳走になったことがある。石油缶をひっくり返した底が皿だった。そこへ醤油を注ぐ。そしてナイフでつくった刺身が山ほど。

昼飯は大間どんぶり。マグロとうにとイカ。
帰りは風も穏やかだった。フェリーの座敷で独りビール。Tシャツもエビスビールだった。つまみは奥本さんからいただき、みんなで分けたタコの足。これがまた旨いのであった。



     (俳句・短歌作品は後日別途掲載)


  簡 単 日 録

○もっきり屋の「じょっぱり」  7/15
谷地頭温泉帰りに、例のもっきりの古西商店に寄ったらママさんが、阿部さんのことが出ていたのでと、ある記事を見せてくれた。タイトルが「はこだて旅便りA『きっかけはウソ。甘くてしょっぱい花見酒』」というエッセイだった(法人ニュース「はこだて」 2011/5 ウソは鳥のこと)。

文中に「アーさん、早くまた一緒に1杯やろうな…」とあり、そのアーさんが私のことだという。そのわけは、執筆者文月氏が花見どきに古西商店に寄ったら、「顔なじみの面々が花見酒をしてい」て、「1杯飲みなよと渡されたお酒が…弘前の『じょっぱり』。聞けば、体を壊したなじみ客のアーさんが、入院前の飲み納めの残りを、みんなで飲んでくれと置いていったものだとか」。そこで上の、「アーさん―」と続くのである。そして、「誰ともなく呟く言葉に、甘口のお酒がちょっぴりしょっぱく感じた…そうか、北海道で一番暖かいのはこの街の人の心だったか」。
私がヘルニアで入院する前のことだった。ほんのひと口残しただけなのに。
読ませてもらい、うれしくなり、では、もう治ったらしいのでと、またその『じょっぱり』を飲んだ。店主と当店紹介者のYさんと3人で乾杯。癌友の店主がお酒を飲むのは珍しいと、ママさんが言った。

女房と温泉仲間との4人で、回転寿司で腹1杯食べてからの谷地頭温泉だった。これも毎月の楽しい会食のひとつ。

○女性2人と…  7/16
函館の女性2人から、大沼に行くからお昼を一緒にどうかと電話があった。大雨だったが、長屋の玄関からホテル「クロフォードイン大沼」まで、ドアトゥードアで連れていってもらった。ビールを飲みコースランチを食べた。そして、なんと、おごってもらっちゃった。
コーヒーは「リバージュ」にした。1人は初めてだという。もう1人は、「この次はあの舟で湖に出てみたい」といった。窓から、浮き船というのか、移動式湖上レストランが見えた。エンジンをかけ社長の運転で、湖上を回遊するのである。もちろん、飲み物食べ物を積み込んで…。社長が女性たちにその話しをしてくれた。そして私にはビールを2杯もご馳走してくれたのであった。昼間からジョッキ合計4杯。

○7/18
上述の通り、YWCAでの脱原発のイベント参加。
その帰り、リブリの4人と彼ら彼女らの知り合いの男性とで、リブリの宙(そら)さんの展覧会に行った。裸婦のデッサン2点。何々教室ではなくグループの展覧会らしかった。その中では主張のはっきりした・力のあるクロッキーだった。後日の彼女からのハガキに「気持ちを乗せて描いています」とあった。

次は初顔合わせの同行の紳士と2人で私の知り合いの陶芸展に行った。結婚し川辺性となった芳子さんの作品を見た。本人はいなかったが、その陶芸教室の三浦先生が同行の紳士と知り合いだった。で、私は彼に先生を紹介してもらうことになった。先生の作品は以前「匠の会」の展覧会で見ていたので、その話しなど。話しの合いそうな好感の持てるまだ若い先生。

20日と21日は上述の通りリブリの旅行。

○7/22
田中真知子さんのピアノの練習を聴く。函館市公民館講堂。彼女はベートーヴェンの「熱情」にとりかかり、第2第3楽章はほぼできあがり、いま第1楽章の仕上げに向かっているところ。
講堂を借りたのが夜の部だったので、8時半過ぎから「魚一心」で刺身の盛り合わせなど。

ピアノ練習の前に、谷地頭温泉に入り、古西商店でビールと日本酒「じょっぱり」を飲み、缶ビール3本をケースに入れてもらい、それからタクシーで公民館に行ったのであった。聴きながら2本飲んだ。 

○7/23
ピアノ練習の2日目。同じ講堂。午後の部。 
また谷地頭温泉、古西商店でビール、のコース。
そこで真知子さんが昨日店先でご馳走になった五島軒の新製品「スティクアップルパイ」が欲しいといったら、店主夫人がすぐ電話してくれ、品物を確保した上で、夫人運転の車でわざわざ十字街の五島軒まで送ってくれたのであった。感謝・恐縮。

夕飯は五稜郭の「かぜまち軒」で。以前イタリア料理の「コルツ」にいた今野さんが新規に経営し流行っている居酒屋。女性に特に人気があるらしい。喫茶店風居酒屋と言ってはヘンか。
そら豆の塩炒り、フライドポテト、スパニッシュオムレツ、ポークカツレツを食べた。みんな味がよかった。

○7/25
クリニックへ。月例の検診。不整脈薬ワーファリンの量が0.25r減り3.5rとなった。やや改善、としておこう。

○7/26
ピアノ練習の3回目。函館市公民館講堂。午後の部。
「熱情」第1楽章の熱心な練習ぶりに、ピアニストも大変だ―簡単に言ってはいけないことだが。
弾きなれたモーツアルトのソナタやショパンのノクターンは安心して聴くことができた。
五稜郭の焼き鳥屋「わたなべ」でムシャムシャガブガブ。

○読者のお便り(弔辞について)
・高校時代の充実した交友関係が目に見えるようです。いいお仲間がいてますます交流が深まる、まさに人生の醍醐味でしょう。猛暑日到来。お体大切になさって下さい。
・同窓会の記事、2度3度と繰り返し読みました。すばらしい弔辞ですね。 

○ぎっくり腰  7/23
便座から立ち上がるとき、ギクッ、ときた。生まれて初めて。痛いものである。
幸い、多分、軽症だったので、数日で何とかなるようになったが、独居爺にとっては、これだけで暮らしが成り立たなくなる恐れがあった。しゃがんで手で洗う洗濯はとてもできない。布団の上げ下ろしももできない。かがむと痛いから、ブリーフをはくときも、片手でぶら下げるようにしておいて、片足をそろそろと上げてという不便さ。ま、トイレに行けないとか、歩けないほどではなかったので、助かった。

とはいっても、まだ起きぬけは痛いので、しばらくは「ならし運転」をしなければならない。28日、月例の温泉ドライヴは残念ながら断った。
                                         おわり

                                大沼通信11-07-13へ