11-07-07(2011年 39号)
○1年で1番いい季節
体操しサイクリングし、さて、というわけで温泉に入ってきた。駅からホテルまで無料のシャトルバスに乗り、風呂上りのバス待ちには3階の休憩所で持参のビールを飲みながら本を読む。外に目をやれば濃緑の林が目を癒してくれる。帰りも、ゆっくり走るバスで小沼・大沼を眺めながら短いドライヴ。大沼プリンスホテルの日帰り入浴は1000円。

   新聞と遊ぶ                 Dは道新、断わりなければ朝日

アナログ放送残日数表示は嫌
感情を生でぶちまけ、「NHKって嫌い! 」と書いたら(11-7-1 37号)、今日の「声」の見出しには「嫌」と出た。同じ字を使うのも妙。投稿者は63歳の主「夫」。11-7-7

札幌のOさんも「NHKに腹を立てていたところです。教育TVの英語字幕が見えないんですよ。こんなことを許している会長は即刻辞任すべきよ。そうカミツク政治家もいない。どうなっているのでしょう、この日出ずる国は」。

子ども向けコラム「質問! どらえもん」は、いま「洋服」を取り上げている。たとえば、
「パンツって下着かと思ったら、ズボンのこともいうんだね」に、「アメリカのジーパン(ジーンパンツ)が日本ではやったころ、ズボンもパンツと呼ぶようになった。由来はフランス語のパンタロンなんだ」とのこと。気がかりな疑問の1つが解消した。ジーパンツって覚えておこうか。ジーンズともいうね。そのわけは知らない。  11-7-4

「初音ミク」海外公演 
米ロサンゼルスで約6千人が総立ち、とあるので、へーぇ、聞いたことない人だな、と思ったら、架空の歌手、映像の歌手だという。そういう「モノ」が歌い踊る公演に大勢押しかけ熱狂したという。検索したら、もう4年も前から知られていた。  11-7-4

また、「江口愛美」という新人が話題になっているが、これもアイドルグループAKB48のCGキャラとか。
11-6-20&11-7-6夕刊  D

札幌「ニトリ文化ホール」の公演広告に「高橋真梨子」とあり、全席指定\8000という高額におどろいた。これも売れっ子歌手らしい。 11-7-4 D
 この3項、単純な世間知らずです。  

独居爺458万人
1人暮らし世帯が31%に達したという。独居が1600万人。総人口128百万人とすると、12.5%が1人暮らし。8人に1人が自由で心細い生活か。65才以上の男の1人暮らしは約458万人。私もその1人。仲間がそんなにいるのか。  11-6-30 & 11-7-4  「天声人語」

自殺年間3万人超   
今年に入ってからの自殺は1日平均82人だったが、女性タレントが自殺してからの1週間は124人に増えたという。1日当りといって数字を示されるとヘンな気持ちになる。増えた週は、1時間に約5人、11分強に1人が自殺している計算。これもヘンな気持ちに。  11-7-5

○モタモタとさっさ
「日本が原発事故を収束できずにいる間に、ドイツはさっさと脱原発を決めた。」この口調、言葉の調子がなかなかいい。「なぜ、ドイツの歩みは早いのか。確めに行った。」行動もさっさ。「これは、地球の未来のための投資計画なんだ」「地球規模での『緑の産業革命』だ」と、これはメルケル首相に脱原発を進言した政府諮問委員会の長の言。切り口も鮮やか。そして分かりやすい比喩。未来につながる思想・哲学…ずいぶんちがうねぇ。11-7-7 「社説余滴」脇坂紀行

こんなトイレも…
モンゴルにトイレ、といっても並のトイレではない。排泄物は「核のごみ」だから。
「日米が中心になってモンゴルに使用済み核燃料の処分場を作る計画が浮上…」「核のゴミの処分は原発保有国にとってもっとも厄介な問題だ。地中深く埋め、10万年単位ともいわれる…年月をかけて監視しなければならない」「原発とは無縁に暮らしてきた人の大地に、私たちの『排せつ物』を押し付けていいのか…」。11-7-5  D 「卓上四季」
 リブリの7月例会は大間で句会、となった。吟行とはいかないが、青森県にも「名所」はいろいろある。

12人を原爆症と認定 東京地裁判決
判決後の報告会で、認定された1人は、放射線の「影響が出てくるのは何十年も先。何とかしてほしい…と強い口調で語った」。 被爆は1945年。66年前。私は南仙台に疎開していた。  11-7-6  

「苦海浄土 わが水俣病」 石牟礼道子著  講談社文庫
「ニュース一段落して関連本並ぶ―大事件後の常であるが、東日本大震災もまたそのような時期を迎えている」(書評「津波と原発」佐野真一著の冒頭 後藤正治 11-7-3)とあったが、私はそれらは読まず、文庫本で水俣病のこれを読み始めた。まだ読みかけ。巻末に「水俣病の五十年」原田正純と「石牟礼道子の世界」渡辺京二とが収められている。
11-6-26付第36号でそのことに触れ、彼女のどれだったかの文章が、まるでお経のようだと書いたら、文庫本の後ろの「改稿に当って」で、本人が、「白状すればこの作品は誰よりも自分自身に語り聞かせる浄瑠璃のごときもの」と書いていた。
本文136ページには、ある言葉を、彼女は「それから念仏にかえてとなえつづける」と書いている。その言葉とは、「おとなのいのち十万円 子どものいのち三万円 死者のいのちは三十万」(詳しいことは読後に)。
で、私はよくわからなくなった。ついでに!?お経とは何かもわからなくなった。いまは早く読みたい…いわずもがな。
「水俣は問いかける 人脈記」は連載中。11-7-7現在 第13回。

 (政局とかいう日替わりニユースは追わないつもりでいるが、ふと思う…政権交代の出鼻は鮮烈だったなぁ。
…それがもう悪臭を放ち、鼻をつまむ有りさま。最初は飛びついた自分に忸怩たる思いがある。とはいっても、自民党のほうがマシなどとは全然思っていない。どちらもダメだから、もう1つの大事、原発・放射能のことを少し追うことにしている)

                                                   おわり

                          大沼通信 11-07-02へ