11-07-02(2011年 38号)
○7月の落語独演会は「王子のきつね」  7/10
その前に―志麻木亭さっ平さんに山岸桂華さんの展覧会の案内状を送ったところ(右下の写真)、ちょうど「王子のきつね」の練習中で、その夜、きつねが女に化けた夢を見たという。それを絵に描いてファックスしてくださったので紹介させていただく。
なお、冒頭のCDとキカイというのは、6月に録音したお話をCDにコピーして送ったこと。 
 CD、ボクのキカイでも、とてもよく聞こえます。ありがとうございます。 山岸桂華さんの絵、ゾーッと鳥肌が立ちました。あまりにも美しすぎる。
丁度「王子のきつね」の練習中、太いシッポがニョッキリなんですよ。左袖が右の太ももを越えてダラリと下がったあたり。
明け方、夢を見ました。稲の穂を1本引っこ抜いて頭にのせ、後ろ向きにドッデンコーンと引っくり返って、ひょいと立ったら、白い着物をつけた女になっていたんですよ、きつねが。汗びっしょり。

(2nd.facsimile)
絵葉書、ありがとうございました。早速マネをさせていただきました。キツネは人間の思いを読み取って化けるといわれています。かくの如し。このキツネちゃんと毎日ケイコをしています(左上の写真)。御来駕をお待ちしております。

○読者のおたより  6/30
肌寒さに綿入れちゃんちゃんことは、日本の国は広いと感じます。
大通り公園の新緑と白い花、本当にいいですね。爽やかさが伝わってきました。

○苗字の妙  つづき
前号で3つの苗字を紹介したら、なんと読むのでしょうというメールをいただいた。読みは私も知らないのである。「牛抱」のルビは「うしだき」だった。
私の同期に首長君がいる。シュナガと読む。昔から珍しいと言われていたが、最近はクビチョウという読み方で政治家などがよく出るようになった。
つまらない「首長」と一緒にされてはかなわない。いま日本国の問題の1つは地方議会や地方首長のダメさ加減、玉石混淆が過ぎることにもあるのではないか。選挙民に跳ね返って来ることだが。

○温泉ドライヴと洗濯機  6/30
今月は知内温泉こもれびの湯。たしかこれで3回目。露天風呂は日により男女交互に変えている。今回は石造りのほう。
ゆっくり入った。ホントの意味で、というのも変だが、ゆったり・のんびり浸る。心身ともにほどける。辺りは、寂=ジャク、黙=シジマ。

車で1時間。途中、海を眺めながらのドライヴ。ちょうど干潮のときで、浅い岩場がずっと続いていた。歩いている人が1人いた。一緒に歩きたい気持ち。
風呂上りの食事は、これも3回目の川波食堂。時分どきで1階は満員なので2階座敷へ。私たち3人だけ。ここでもゆっくり。牡蠣フライ定食と蛸の刺身とビール。
温泉のフロントで直売の長ねぎを2把買ってきた。

帰途、トラピスト修道院の売店に寄ってトラピストバター飴ミックスとキーホルダーを買った。あの真っ直ぐの並木道を車で通る。何度往還してもいい道。

帰りは五稜郭のヤマダ電機で降ろしてもらい、洗濯機を見た。全自動式は蛇口が別に必要で、据えつけられそうにないとか。2槽式とはいかにも古い感じ。10年以上我慢したのだから、「手洗い式」を続けることにした。テレビも洗濯機もない暮らし!!
                                                         おわり

                          大沼通信11-07-01へ