11-07-01(2011年 37号)
○NHKって嫌い!                             11-06-26  撮影:高瀬宣          好き嫌いの感情を生でぶちまけることは、あまりないほうだと思っているが、こういう世の中、ちょっといいたくなることもある。

テレビが映らなくなる、という妨害映像が一段と露骨になっている。まだ見ているのに、平気で邪魔している。少し前までは上下に何か文字を流していたが、増長してきて、いまは画面のけっこう広い場所を占拠して、あと何日で見られなくなると書いてある。そして、何も映らないで、うるさいだけの未来の見本映像までサービスしてくれる。いやな組織体というか、NHKっていやな企業!?だねえ。

テレビのない暮らしを、とりあえず、やってみようと思っている。続くかどうかは分からないが、目のためにもいいので。

○といいながら
テレビのいいところは、たまにいい映画をやってくれるところ。
先ごろは、芥川比呂志の演技を見て感激した。あの神経の行き届いた、細かいというか、微妙な全身。場面々々の意味がよく分かっていて、鋭く、深い演技表現。名優はそれほど多くないことを知った。
見たのは、オムニバス映画「にごりえ」の中の「十三夜」、少し前の「煙突の見える場所」。高峰秀子が相手役。
以下同じ。「どですかでん」。終始無言。奈良岡朋子。「夜の蝶」。山本富士子。「纆東綺譚」。山本富士子。「無法松の一生」。高峰秀子。デコも名優と分かった。
             

新聞と遊ぶ、また
○苗字の妙
最近目についた素敵な苗字。私の想定外。
 吉呑
 牛抱
 戀道

○良いことと悪いことを―
「鬼平犯科帳」の中のせりふ。鬼平が朝の膳で妻につぶやく。
「人間というものは妙な生き物よ。そうは思わぬか。のう久栄。悪いことをしながら善いことをし、善いことをしながら悪事をはたらく。」鬼平の「中村吉右衛門が一番好きなせりふである」。11-05-20 朝日

五木寛之の連載新聞小説「親鸞」から。 激動篇 第175回
夫ある女と乳繰りあっているのが、仲間でもある早耳の長次だと聞いて「親鸞がおどろいてきき返した」。ところが、「…乳揉みは、あの男の仕事のひとつですから」…「親鸞がむっとした顔でだまりこんでいると、鉄杖がとりなすように」言う。「でも、あの男はいいこともしているようですから、いちがいに責めるわけにもいきません」。

○もっきり     11-06-28 道新
「はしごしよう モリッキー街」の見出し。大沼の隣りの森町のイベント紹介。モリッキー街とは函館「バル街」のもじり。そして、本文に、「盛り切り1杯ずつ売る酒「もっきり」と「森町を組み合わせた造語」とある。
これから「もっきり」が流行るのではないかの予感。

○俳句ひとつ

  校庭の誰も気付かぬ春の虹  福島真也(函館)

選者コメント―春の淡い虹をめぐるひそかな刻を私する感性。 (日曜文芸 上半期秀作特集 俳句の部 清水道子選  11-06-26 道新)

この句の作者は日銀OB。函館支店で私と一緒の時期があった。社宅も隣り。氏は各種俳句コンクールで入選多数回。偶然目にしたので。

○コラム「俳句閃閃」から (杉野一博  11-06-19 道新)

  白鳥や幻日いまも蝦夷照らす  石川青狼
 
評釈に、「師である金子兜太序文。〈『蝦夷』という言葉を使うと、普通は句が古くなったり、妙に思想的になって句が重くなるものだが、この句にはそういったところがない〉。含味すべきである。」とあった。

○新聞好き
「新聞を隅々まで読むのが、毎朝の楽しみです。68才・女性」。(ある健康食品らしいものの新聞広告 )

                                                       おわり

                                大沼通信 11-06-26へ