11-06-26(2011年 36号) 
○新聞と遊ぶ  (きょうの新聞を読んだ方はパスしてください)
語弊があるかも知れないが、新聞読みがおもしろい。いくつもの深刻・重大な事態が続いているので「おもしろい」とはいいにくいムード。いや、そんなことはあるまい。で、あえて、「おもしろく」読んだ記事を拾い上げた。

                              D(=道新)と断わらない限り朝日新聞、太字は阿部。
1 楽天の経団連脱退
社説のタイトルは「楽天脱退 財界は『進取の精神』を」。(記事の副見出しは「原発事故の対応批判」)
ま、穏やかな、ちょっと諭すような見出しが朝日らしい(…!?)
文中「…米倉会長による現状追認、電力業界寄りの発言が繰り返されている」などと批判しているが、それでも優等生の答案、大学入試用模範文例みたい。

これがDとなると、孫社長と並べ、7段抜きの大記事に仕立て上げているからおもしろい。
財界に反旗 波紋広げる 反原発、電力改革訴える2氏」「ソフトバンク孫社長 計算の陰に反骨心 楽天三木谷社長 閉鎖性にいらだち」。
文中、評論家の意見として「…永田町、経済界はもはや小さな欲に目がくらんだ『精神のがれき』状態といえる」と上手い造語。そうか、政・財は「がれき」と化したか。「小欲知足」でなく、「小欲幻暈」とでもいう堕落態だったか。官はどうか。菅はどうか。ユカイユカイ。

もう1人、法政大総長の言として「電力供給をどうするかという議論は財界ではしづらい。だからこそ、影響力の大きい知識人やジャーナリズムは意思を示し、社会変革のきっかけをつくるべきだ」と締めている。しかし、マスメディアがマスメディアを「どうするかという議論はしづらい」らしいねぇ。

2 臓器売買
Dは「300万円で話乗った ドナー候補の組員供述」。この記事は昨日大々的に報じられたので見出しなどは省略。1000万円がどう受け渡しされたのか、ドナーとドナー候補がいたりして、何人かかわったのだろう。

「卓上四季」は、日本の怪物「鵺」とギリシャ神話に出てくる「キメラ」を枕として書き始め、最後はこうだ。「臓器ビジネスは、歪んだエゴと金と医療技術が醜く合体した異端の怪物だ。跋扈させてはならない」。

リブリで「わたしを離さないで」を取り上げたばかりのときにこのニュース。例会でいろいろおしゃべりしたが、クローン人間の臓器提供というフィクションでなく、現実の臓器はもうとうに商売になっている。

ついでに…科学技術庁のサイトにはこんなことが書かれていた。ちょっとこわかった。

…では、クローン技術を人に適用すれば、どのようなことができるのでしょうか。子供ができない夫婦は、クローン技術によりどちらかの体細胞を使って子供をもうけることができるかもしれません。また、人の発生過程(受精卵から成体に到達する過程)の基礎的研究など、科学的研究にクローン技術を役立てることもできるかもしれません。」
「クローン技術は、様々な分野で応用できる可能性がありますが、人への適用に当たっては安全面や倫理面から検討すべき問題があります。例えば、安全面ではクローン技術によって生まれてくる子供が安全に成長できるかどうかなど、まだ分かっていないことがたくさんあります。また、倫理面では男女両性の関与なしに子孫を作ることは、人の生命の誕生や家族について私たち日本人が昔から持っている基本的な認識に反しているのではないかなどの問題が指摘されています。このように、クローン技術を応用するためには様々な問題を検討する必要があります。」

3 東北人の我慢強さは悪い方に発揮され―
土曜版の「フロントランナー」という特集記事で山口スティーブさんが取り上げられた。 「『脱依存』の東北復興を目指す 東北トラベル社長」。別面に渡った見出しは『もっと政治に怒るべきです。なぜ動かないのかと」。

東北人は我慢強いですね、と記者に問われ、「私はそれが悪い方に発揮されていると思う」と答え、それから見出しのとおり、「もっとみんな、政治や行政に対して怒るべきです。『なぜ自分たちの都合優先なのか』『なぜ動かないのか』と。一方で、被災地は復旧目当ての利権争いや談合、詐欺まがいの行為が始まっています」。
引用が長くなるが、続けると、
「同じ東北人として、気になるのは『誰かがやってくれる』と受け身になってはいないか、ということ。…自分たちでとことん話し合い、納得した結論に沿って動くしかない。そうなれば一人ひとりに責任感が生れ、力も出ます」
また、「日本語の『頑張る』は『押しつけられた課題に耐えぬく』という悲壮感がにじむでしょ。」「…おかしい。でも。しかたがない、自分で変えられない、『頑張る』しかない。そのぶん『結果がともなわなくてもいい』という甘えもにじむ」。と鋭い。
話題を変えたそのすぐあとの「答え」(省略))もとても素敵だし、山口スティーブさんのプロフィールがまたすばらしい(これも省略)。

とうとう我慢できず(私は両親とも東北人)自己宣伝になるが、上記「一人ひとり」ということについては大沼通信30号(2011-5-26)で触れておいた。また、怒らなきゃ、動かさなくちゃ、変えなきゃ、とも言っておいた。「頑張る」については同23号(5/3)で触れている。

4 「虫下し」と「学校疎開」
「サザエさんをさがして」の連載記事の見出しが「虫下し」(1952-10-29掲載分)。
文中に小学校時代の「回虫駆除デー」のことが出てくる。「海藻の海人草が用務員室の大釜で朝から煮られていて、その苦く臭い煮汁をコップに2杯飲まされ」たという。私の場合は家でひまし油を一気飲みさせられたものだ。
この記事の現代的意味は「寄生虫は花粉症などのアレルギー症状を抑制する作用があると唱える」寄生虫学者・東京医科歯科大名誉教授藤田氏の説であろうか。

も一つは、見出しが「学校疎開へ仮処分申請」という記事(D)。脇に「福島の父母ら放射線懸念」とあり、見当はついたが、まだよく分からなかった。なにしろ私は「学童・集団疎開」の世代である。疎開となれば頭はそちらに行ってしまう。
この学校疎開というのは「積算放射線量が文科省の目標とする…を上回る学校で授業を行えば、健康に悪影響がある」として「小中学生ら」と「保護者の父母」らが申請したものだった。

サザエさんの「虫下し」が約60年前、「学校疎開」は66年ほども前のことである。

5 「苦海浄土」と石牟礼道子
連載中の「人脈記 水俣は問いかける」は、きょう25日で6回目。4回目の見出しは「思い託した『細川ノート』。
私はいま、たまたま「苦海浄土」を読んでいて、第1章「椿の海」の「細川一博士報告書」を読んだばかり。いいタイミングだった。
じつは彼女の著書を読むのは初めて。以前、新聞に載ったあるエッセーの文章が、まるでお経のようなので気にかけていたが、まぁ、それだけのこと。探そうと思っているが、いつのことやら。

6 モネ「日傘の女」
今夜のテレビ「美の巨人たち」は、モネの「日傘の女」を取り上げるという。見なくちゃ。私はなぜかスーラの「グラン・ジャット島の日曜日の午後」を思い出す。あるいは点描ではないのにピサロやシニャックなどの名前が出てくる。何か勘違いしているらしい。

さて、キリがない。まだほかに「いま 子どもたちは」シリーズの「虐待・レイプ・姉の自殺」とか「50代からの結婚A 壁超えて『最期』寄り添う」などの記事もあるが省略した!? ご退屈さま。
                                                        おわり

                               大沼通信 11-06-22へ