11-06-22(2011年 35号)
○肩凝りとベートーヴェン

床の中で肩を揉んでいた。揉みほぐしていた。左肩の凝りはもう宿痾のようなものである。
猛烈に痛い。それでもこらえ、筋肉繊維の1本1本をイメージし―細い麻糸の束をバラバラにほぐすように―執拗に、延々と揉んでいた。左の二の腕も撓骨も手首も指さえも連動していた。朝の7時半。

ラジオでクラシック番組が始まった。ベートーヴェンのオラトリオ「橄欄山のキリスト」だった。プラシド・ドミンゴほか、ケント・ナガノ指揮のベルリンドイツ響。橄欄山はキリストが出てくるから、オリーブ山だろうと見当がついた。
多分初めて聴く曲。1時間近い大曲。いい曲だった。ドミンゴはさすがの歌いっぷり。ソプラノも合唱もよかった。

当たり前だが、知らない作曲家がたくさんいる。クラシックといい、ラジオに限っても、初耳の作曲家の名前がいくらでも出てくる。名前を知っている作曲家の知らない曲も、もちろん山ほどある。

その間、ずっと揉み続けた。ずいぶんほぐれてきた。で、布団を押入れに仕舞い、今度は立って体操。
ラジオは間もなくベートーヴェンの8番、サバリッシュ指揮のロイヤル・コンセルトヘボー。きびきびしていた。

肩がずいぶん楽になった。2時間近い自己按摩!?―セルフマッサージとでもいうのだろうか、今どきは。
よくやるもんだ―これも独り言。音楽のおかげ。

この文はソラで書いているわけではない。本やパソコンのお世話になっている。検索していたら、「オリーブ山のキリスト」は、ゴーギャンも描いていることを知った。これも見た記憶がない。ゴーギャンらしい、そしていい絵だと思った。

知ることはうれしいこと。そこで―

  知ることの良きひとつ知り心太
  知ることの良きをまた知り心太
 
どちらがいいでしょう。どちらもダメですか <<<<  (心太は食べたわけではありません。字がいいから)
それとも無知無明を愧じるべきか。

じつは、頭痛もあったが、タイトルが「頭痛・肩凝り・ベートーヴェン」では、井上ひさしに恥ずかしいから―。

きょうの新聞から 1  11-06-22 

「被災地支援、名器ストラディバリウス競売 12億7500万円 日本音楽財団の所有品」  朝日
「ストラディバリウス 12億円落札 出品の音楽財団、復興支援」                 道新

「音楽文化の普及・振興を図る「日本音楽財団」所有のバイオリンの名器が…収益は全額…被災地支援にあてられる。/落札されたのは、英詩人バイロンの孫娘が所有していた1721年製の「レディー・プラント」…」。朝日
「日本財団は、…以下略(内容ほぼ同じ)」。道新 

インターネットのQAから
日本財団は、競艇で得た利益を社会還元する組織ですね。節税になってるのかな?」
「割と目立つのは、高価な弦楽器を買いまくってることですね。ストラディバリとかガルネリの、しかも、固有名詞のついてる億円クラス以上の楽器を多数所有してます。ロシアにはまだ負けると思いますが、日本財団のおかげで?有数の保有国になってるはず}。
{ストラディバリの中でも3つの指に入ると言われる、Dolphinを所有してます。諏訪内晶子さんがずっと使ってますけど}。

「創始者が存命の頃は「笹川財団」とも呼ばれ、政治や経済等(裏表の各方面)には故人の強大な影響力が働いたと言われています」。

要するに、朝日は「日本財団」の名を出さなかった。それが2紙比較で目立ってしまった。善し悪しは別。

その2  その隣りにこんな記事があった(朝日の場合)。

「中韓の壁 また破れず 日本勢、囲碁国際大会で苦杯続き 読み合いで競り負け」
記事の1部を引用すると、
「深い読み合いの場面で競り負けるのが日本勢の現状…」「勝負どころで相手の読みが上回っていた」。
読み負けとは致命的。

そのまた隣りは将棋名人戦最終第7局の途中経過報告。羽生名人が3連敗のあと3連勝した激戦である。いま現在まだ新名人は分からない。

碁・将棋とも出来ないくせに新聞はぱらぱら読む。囲碁はとうとう、読んでも―記事を、です―分からなくなってきた。
                                                         おわり

                               大沼通信11-06-16へ