11-06-17(2011年 34号)
○札幌行
今月の落語独演会は「千早ふる」  6/12  蕎麦処・志麻木亭
  

 ←看護師さんが多かった

出囃子の祇園太鼓は湿気が多いので省略。ほら貝吹きの景気づけから。
よどみのない口演で上手かった。娘さんたちのくすくす笑い。オチの笑いと拍手。

その夜は「YOSAKOIソーラン祭り」の最終日だった。大通り公園を歩きながら、ちらりちらりと群舞を見た。
一糸乱れぬマスゲームのようで、どこかの独裁国の大規模なそれを思った。
また、アフリカなどの新興国の軍隊行進とどこか似ていた。着慣れていないことがひと目でわかる軍服を着せられ、普段とはちがう歩き方に、ニガ笑いが出そうな閲兵マーチ。深刻ではなかったが、自由でもないお揃い踊り。始めのころは、あふれるエネルギーが見ものだったのに、マスメディアに持ち上げられ自由と熱気奔出をそぎ落とされたか。

○「河北新報が伝えた 3.11 東日本大震災 報道写真展」 6/13  丸井今井札幌本店大通館
展覧会の会場はどこですかとを尋ねると、「ああ、写真展ですね」と2度も訂正された。展覧会とは絵画展のことで、写真は写真展だったか。
迫力がすごい。何度見ても津波の力に圧倒される。津波写真は、戻ってからはパソコンの動画を見るが、それまたすごい。「すごい」の連発は能がないが、どうしてもその言葉が出てきてしまう。出口で写真集を買ったが、係の女性2人が椅子から立ってあいさつしてくれたのには恐縮した。
 報道写真集「巨大津波が襲った 発生から10日間 東北の記録」河北新報社。

札幌第1夜の焼き肉と第2夜の黒生飲み放題コースは今月も同じ。
京城屋で、帰ろうとしたら、「今夜は濁りはやらないのですか」といわれ、「やっぱり飲むことにするか」と、もろくも言いなり。例月並みとなった(生ビール3杯と)。

翌13日は札幌在住の友人と会い、昼食を一緒し(ご馳走になり)、久しぶりのおしゃべりを楽しんだ。来月は一緒に落語を聞きましょうとなった。
午前中、大通り公園を散歩し、ベンチで本を読んだ。雨もよいのせいか、人がいない。写真を撮った。ハギサクの詩の情況とは違うが、新緑と白い花が美しいので。

  公園の椅子
             萩原朔太郎

人気なき公園の椅子にもたれて
われの思うことはきょうもまた烈しきなり。
いかなれば…(と続くが省略)


紀伊国屋書店で文庫本を2冊買った。
「あと千回の晩飯」山田風太郎
「父の詫び状」向田邦子

その夜はドジをしでかした。
黒生の夜、いい気持ちになったところでメールしようとしたら、ケータイがない。うわっ、となり、ウエイターに頼んだ。1つはホテルの部屋を見てもらうこと、もう1つは写真展のあとトイレに入ったので、デパートの遺失物係に照会してもらうこと。結果はホテルに置き忘れ。その間、少しばたばた。
も1つ、小さいドジだが、腕時計が動かなくなったので、電池切れと思い時計店に入った。係りの人は動いているという。竜頭をきちんと押さえていなかったらしい。正確に合せてもらい、頭を下げた。

○リブリメンバーの活動のその後
5/22付本通信27号に、和子さんの記事の見出しとその内容について触れたが、6/10の道新夕刊「みなみ風」の一面トップに大きい写真入りで、ほぼ同じ関係記事が掲載された。
 「被災地に絵本を イベントでPR 『函館プロジェクト』 26日に」
プロジェクト代表岸本和子さんが手に持っているチラシの見出しにはこうある。
「本でつなぐ 本でつながる 言葉の力」。これまで道内から17000冊の本が集まっているという。   

○その他身辺雑記
・6/7 ランチ会 山岸桂華さん宅でご馳走になつた。美味しい料理がとても食べきれない品数とボリュームで。満足。大満足。ビールも旨かった。
彼女の6/23からの展覧会の案内状をもらってきた。
「華墨会水墨画作品展」。28まで、喫茶店「亜ろ」で。

・6/16 リブリ例会 
「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ著
常連8人中5人が風邪。で、2人欠席、風邪をおして出てきた3人と引かない3人と6人で。
臓器提供を使命として生まれ育てられたクローン人間の教育と成長と青春期までの短い人生。映画が公開されたのでここでバラシてもよかろう。衝撃的とも言える設定。
おしゃべりは最初から白熱といっていいか。
もっとも、明け方までかかって一気に読んだ人もいれば、こういうフィクションは苦手で読めなかったという人もいたが。
詳しくは近日公開予定の「まとめ」で。

例会後、はる小屋で映画上映会。「アレクセイの泉」。はる枝さんの知り合いなどお客さんが10人ほど。チェルノブイリ原発爆発後の、汚染地へ戻ってきたある一家族のその後の暮らし。かつて評判になった名画。ご馳走と飲み物付き。見終わってからまた長いおしゃべり会! いい1日だった。

・大出先生のファックス転載  6/8
(シルキードライ…ブリーフの説明書きを)「はき心地ゼロイナ」と読んでいました。文脈が少し変なので、読み返したら「イナー」でした。でも分からない。やっぱり買ってはいてみなきゃだめでしょうか。という気を起こさせるためのものだったのか? 頭がいいよねェ。 (大沼通信30号)

読者のお手紙とメール
「競馬も走る姿は美しく、いいものです。中学の頃、同級生の父上が中央競馬会の出走のときの旗振り役をしていました。競馬で当てるのは、単勝というのでしょうか、名騎手の乗る馬だけ1枚ずつ買うと1日では平均を上回り、損はしないとか」。(大沼通信33号)

「”占い”の記述を読んで旧いことを思いだしました。35年ほど前、トランプ占いで有名な先生宅を訪ねたことがありました。ちょうど手が空いたとのことで、話を聞く前に「初めての占い」をしてもらいました。¥5,000.?
その中に心当たりがありました。「乗り物に注意」(できるだけ大型のものを選べ)というもの。そのころゴルフに出かけるときはいつも友人の車に乗せてもらっていましたが、占いの1週間ほど前に、「電車で行く」と断りました。ただなんとなく…。その日、友人の車は「追突」されたのです」。(大沼通信33号)
                                                      おわり

                                   大沼通信 11-06-06へ