11-06-01(2011年 32号)
○大沼湖畔の緑の倒影     6/1
 まだ肌寒く、手袋がほしいくらいだが(予想最高気温12℃)、ジャンパーを羽織ってサイクリング、第5回。
 若い緑が湖面に映えていたが、天気もよくないし、カメラがケータイなので出来もよくない。
 ウグイスが成長したというか、完成し冴えた声で鳴くのを聞くようになった。

 一方、車道の真上の枝に止まっていて、自転車が通っても逃げず、かえって大声で威嚇する2羽のカラス。子育て中か。鳴き声を真似ると、汚い音になってしまうのは致し方ないか。


○湯ノ岱温泉  5/31
晴れた日のドライヴ。緑の中を走った。林の深さ、緑の多彩さ。
初夏のぬくい陽気とはまだいえないが、柔らかい若緑は温かい色。風も緑になった。

木古内から江差に向かう一本道。大体線路に沿っているが、道は次第に細くなり、山と林が迫ってくる。緑に囲まれる。これだけで贅沢気分。
秘湯といっていいだろう。いい温泉だった。鉄分の多い湯で、よく温まる。露天風呂はないが、大きいガラス窓から外が見える。42℃は適温。ほかに38℃と35℃の湯船がある。打たせ湯もあった。↓

   

○映画「恍惚の人」   5/29
テレビで高峰秀子の映画を見た。浮雲については、5/7の大沼通信で触れた。今回は有吉佐和子の「恍惚の人」。ボケ及び痴呆症改め認知症になった男とその介護が主題。1973年の作品だが、私は見ていなかった。

1985年の「花いちもんめ」は見ていた。千秋実がやたらに食べるシーンを覚えていたが、それより前のこの映画で、すでに森繁久弥がやたらに食べていたので、単純に、そういうものか、の思い。しかし、それだけではない。問われるものは、たくさんの、新しい、むずかしい、そして私にも来そうで!?避けがたいテーマ。
巧い役者揃いのいい映画だった。テンポの速い作品と言えようか。きびきびと歯切れのいい進み具合。
監督豊田四郎は文芸映画を多く手がけたが、私は数本しか見ていない。「雪国」のラストシーン? も、寒さで空気の引き締まった日本座敷できびきびした岸恵子が三味線を強く弾き続ける場面だった。
                                                   おわり 

                               大沼通信11-05-30へ