11-05-30(2011年 31号)
  (身 辺 雑 記)

○散った
   5/29
桜吹雪で花びらが部屋に舞い込んだ。ピンクの小さい花びらが数葉、いきおいよく机の上に。
しばし眺めていた。すぐしぼむ。哀憐または愛憐。
駐車場の車の屋根にはびっしり、敷地一面美しい敷物。
ダービーは本命が勝ったので宙に舞ったはずれ券は少なかっただろうか。
台風2号は温帯低気圧と化し、風力も衰えた。事故原発への影響はいかがか。被災者たちの暮らしや避難所への影響はどうか。多くの人と同じことを考えている。

○飲んだ
25日は魚一心で女性3人と。2、3か月に一度の飲み会。刺身と焼き魚とサラダ。おしゃべりに夢中になっていて8時台の列車に乗り遅れ、次は12時近くまでないから、そこでさよならをし、駅前のもっきり屋でまた飲んでから、タクシーを値切って帰ってきた。
飲む前に床屋へ行った。醤油と土鍋と額縁を買ったが、100円ショップの土鍋は、どこかで何かにぶっつけたらしく、気がついたときは割れていた。安物買いの運命。酔っ払ったせいもある。

27日は回転寿司で女性4人と5人で飲んだ。女房の温泉仲間の初顔がお1人。昼から、サービス券でジョッキ4杯。私たちの、夫婦らしくない会話や、ちょっと変わった人生に興味を持ってくれたらしく、笑いながらたくさん質問された。いまのところ元気な老夫婦と言ってよいだろう。自嘲気味だが、笑い飛ばすのも元気の元らしい。
六花亭でコーヒーとケーキ。谷地頭温泉まで送ってもらい、露天風呂でのんびり。

酒保・古西で大瓶のビールを1本。たまたまご3男がいたので、初めましてのあいさつ。彼は千葉そごうの北海道物産展に出店した五島軒の販売を担当し、そこへ私の友人が何人か行って協力してくれたので、その話。
店にはもちろん常連もいて、いろいろおしゃべり。その日は列車に乗り遅れないよう、早めにチンチン電車に乗った。

○読んだ
本読みは少ない。
原発災害関連で雑誌「世界」の1月号特集「原子力復興という危険な夢」、5月号特集「東日本大震災・原発災害 特別編集 生きよう!」、6月号特集「原子力からの脱出」を拾い読みしている。

2カ月ぶりに週刊誌を1冊買った。現代の6/4号。他の週刊誌よりはいいと思う(僅かな経験と広告見出しから窺がう姿勢によって判断)。放射能汚染が主要なテーマ。時宜を得た企画。

いまは新聞切抜きも一仕事。多くの方も同じようで、語弊があるが、ある意味、おもしろい。写真の迫力にはうなるほど。何しろ大ごとであって、これからもずっと続く影響、同時に緊急な対処が日々必要でもある非常時、国難といってよい事態。眼をそらせられない。だから、疑いつつ、推理しつつ、補いつつ読まなければならない。

これから先の米も野菜も魚も肉も放射能を浴びてどうなるか。暮らしと人間がどうなるか、大方のマスメディアと政治家は頼りにならないから、庶民が自分の目で事柄全体を見渡す必要がある。これは大変なことだ。大きく出て、日本人自立の好機とならないか。

カズオ・イシグロの「夜想曲集」を読み始めた。最初の1遍「老歌手」はよかった。感想はリブリのあとにでも。「わたしを離さないで」の再読も始めるところ。
コーマック・マッカーシーの「ザ・ロード」はまだ読み始めたばかり。


○予定
30日、クリニックの定期健診。
31日、月1回恒例の温泉ドライヴ。3人で
6月5日、南茅部の温泉ひろめ荘の昼食バイキング。高瀬夫妻と3人で。
7日、書画家・山岸邸でランチ会。これも定例化。3人で
12、13日、札幌2泊。落語を聞きに行く。これも大きい楽しみのひとつ。
                                                      おわり

                               大沼通信11-05-26へ