11-05-26(2011年 30号)
○裸の部屋 
赤いブリーフまたはピンクのふんどし、ときにはビキニショーツで朝の体操をしている。そこへピンポーン。
新聞集金人、郵便配達人、宅急便配達人、マンション管理人、生協注文取りまとめ方などがくる。
男の声のときは、裸ですが、と断わってそのまま開ける。女の声には急いでズボンをはくが、上半身裸のままのときもある。先日、新聞屋さんは「慣れていますから」といった。言い過ぎと思ったか、お元気の証拠です、と付け加えた。

○はき心地ゼロブリーフ
シルキー ドライ ボクサー ブリーフの説明に「着ているのを忘れる…はき心地ゼロインナー」とあった。はき心地ゼロとはどういう意味か。

班目春樹・原子力安全委員長は24日「『再臨界の可能性はゼロではない』という(自らの)発言は事実上ゼロだという意味だ」と述べた(日経  5/24)。

はいていることを忘れるはき心地、といってもはいているだろう―可能性はゼロではない、ということは、はき心地ゼロ=事実上はいている、ということになるか。へんだな。
はいていることを忘れるはき心地とは、はいていないことか。とすると、はいていない可能性はゼロではない、ということは事実上はいていないことか。へんだな。
実感から言うと…?

「名前をもじった愛称がある。メロドラマの巨匠、映画監督の成瀬巳喜男(みきお)はやるせない抒情(じょじょう)の薫る作風で〈ヤルセナキオ〉、作家の安藤鶴夫は涙もろい感激屋で〈カンドウスルオ〉…といった具合である◆これも一例だろう。内閣府原子力安全委員会の委員長、班目(まだらめ)春樹氏が…「デタラメ委員長」の異名を奉られた」 編集手帳 読売 5/25

3.11以後について、ちょっとばかり目につく言葉がある。
・すべて自分の頭で考える、アマチュアの…やり方だが、いわゆる正規の思想、専門家のやり方をチェックするにはこうしたアマチュアの関心、非正規の思考態度以外にはない」加藤典洋(高橋源一郎が引用)5/26朝日

・御用学者とは対極にいる1研究者は、原発と国の未来図を、専門家の手から「自分たちの手に1度取り戻す必要がある」 天声人語 5/23日

・「どのような社会に生きたいのかと、わたしたち1人ひとりが問いかけるべきときだ」 芹沢一也  5/21 道新

・原発をやめるという選択は「私たち1人1人が決めること」卓上四季 5/8

・「あなたには何が出来るか? 1人1人それを考えてほしい」 池澤夏樹  5/9 道新

・官僚や電力会社任せにせず「一般の人も加わるボトムアップで議論を重ねるべき」ジョン・ダワ− 4/29 朝日

私は4月16日付「大沼通信」第18号に、次のような言葉を挟んだ。
「主権者が、まさに・真に主権者となるべき時期・時代にあるのに、とだけ言っておこうか…怒らなくちゃ、動かさなくちゃ、変えなきゃ…といって、私は無為だが」。
上記「わたしたち一人ひとり」などがそういう意味。

○「原発は(汚物をため込む)トイレのないマンション」 故武谷三男 サンデー毎日 5/22
・30年も前の新聞記事について、故大岡昇平は成城だより(T)の日記に、
「南太平洋会議、日本原子炉廃棄物を太平洋公海に放棄に抗議。これは当然」と書いた。8月14日(1980または81年―阿部注)

そして、1985年、「こうして日本による放射性廃棄物の太平洋への投棄計画は、無期停止、すなわち事実上の中止という結末を迎えたのである」(小柏葉子 広島大学平和科学研究センター)

今回は計画ではなく、事故で放射能が太平洋に漏出した。どうなるか、どうするか。

・自民党の脱原発論者といわれる河野太郎は言う。「最大の疑問点は使用済み核燃料など高レベル放射性廃棄物、いわゆる『核のゴミ』を捨てる場所が日本にはないのに、原発を増やそうとしたことだ」。朝日 5/5
                                                       おわり

                              大沼通信11-05-23へ