表紙にも使いました。      撮影:2011-05-23
                  11-05-23(2011年 29号)
○読者のお便り
●メールのタイトルは「読み応えある「妙」HP」
@いつもご案内ありがとうございます。「リブリ」は楽しい雰囲気を感じ、取り上げた書籍を参考に図書館へ出向くようにしています。星新一はずいぶん前に何冊か読みましたが、ほとんど忘れています。再読してみます。

A4月に「前立腺がん」が偶然の検査で判明しました。自覚症状はまったくなし。初期症状ながら23日入院、6月1日手術予定で諸検査を続けていしましたが、その前に「糖尿病」を改善しないと感染症などリスクが多いとのことで、6か月通院と薬品服用しながら、この治療を優先することになりました。急性の進行はないとの診断ですが、この手術の際に「鼠径部ヘルニア」予防処置もすると聞かされ、阿部さんのHP詳細記述を思い出しました。昨今「前立腺がん」は急増して、70歳以上では70%を越えるとか。周囲には10名以上の体験者がおり、
いろいろ情報を集め参考にしています。

B前HPの「名前検索」では「妙」〜「女好き…」が出ていました。ちなみに「小平武司」を検索すると、やや旧い記述ながら、あれこれ出てきました。

●(リブリのまとめで、メンバー1人ひとりの読んだ本を掲載したところ…)
どうして、女性の参加者が多いの?凄いなぁ!阿部さんの人間的魅力なんですね。いつも、いつも羨ましい。

●まさに春
真っ盛りの様子。美しい季節なのでしょう。十分すぎるほど想像力がふくらみます。
(別便)「悩むことはない」(金子兜太)。"ありのまま" そうだろうな、と何となく同調しました。相変わらず充実の日々の様子、フル回転のご様子、若々しさの源泉と感じました。

●哲学書を読むようで、眠った頭が眼を覚ますようで、別世界の感じです。大震災の様子に人ごとならず心を痛めますが、せめてもの、僅かな見舞金で済ませております。平凡な日々がいかに幸せなことでしょう。87才は1人つぶやいております。立ったり座ったりが難儀になりました。阿部さんの日常が励みになります。
・(別便)阿部さんの若々しい感性、観察力に、大いに力をもらいます。至って簡素な食事ながら、旬のものを煮炊きして愉しんでいます。今日は1日中家にいて、えんどう豆の皮をむきつつ独り言。お酒も呑めるうちが花、また元気なお便りお待ちしています。

●あのタンポポの写真は確かにボケていますね。空き瓶に挿しただけ…と書いていましたが本当にその通り。素朴で、全然すましていない!? 笑えるほどにてんでばらばらに挿してあります。阿部さんらしい?と言うのですかね。微笑ましいです。

堀田善衛の「時空の端ッコ」の中の泰淳の詩のことを書いていますが、阿部さんは、そういう詩があの中に引用されていた…ということを、よく覚えていますね(こんなこと言うのは失礼なのでしょうけれど!)。知識が たくさんつまっているのに、その中から今回はこれ、と取り出せるのが不思議。当然のことながら、本はただぼんやりと読んでいないからですね。頭にちゃんと蓄積されていくのが素晴らしい。羨ましい。

●大沼周辺のスナップ。その時々でいいところを撮られますね。それも1つの楽しみです。

○サイクリング 第3回    5/23
昨日のところでまた転倒しそうになったが、今日はセーフ。工事のため道路の半分が砂利になっていて、その石が鋭く大きいので、自転車通行はちょっと無理。で、まだ舗装に入っていない元の車道(一定の距離を置いて左右交互に舗装中)を走るのだが、そこと工事中との境い目に段差がある。そこを避けて縁石の隙間から自転車を反対側に出そうとすると、一旦は降りなければならない。そのとき、縁石と縁石との狭い隙間が障害になって通りにくい。考えているほど足が上がらない。乗ったまま狭い隙間から出ようとする横着根性もよくない。今日はちゃんと降りてから…。

青い空白い雲。言葉は陳腐だが、じっさいに上空は美しい。薄い筋雲は寒気のせいか。汗はほとんどかかない。
途中、駒ケ岳がよく見えたので写真を撮った。麓の山林の緑が緑らしくなった。

○時空
 "村ひとつ刈られたように白い夜明け" 石川青狼 「海程」同人  コラム「うた暦」  5/23 道新

評者・村上護は、「…ふと連想するのは…大震災のこと」といい、最後に、「時空を超えた一句」と書いた。
昨日私は堀田善衛のエッセイ集のタイトル「時空の端ッコ」に触れた。「時空」の意味が分からないまま。
ところが今日、「時空を超えた」句と来た。その意味がまた分からない。フィクションの世界には「時空管理局」なるものがあるというが、漫画みたいなものだろう。

時間と空間は、むずかしく考えると分からなくなる。たとえば、
アインシュタイン相対性理論を構築し、時間と空間を合わせたものを四次元時空と呼び、四次元時空こそが物理学の対象だと導いた。
具体的には、以前は独立に存在すると考えられていた時間と空間が、ローレンツ変換によって入り混じり(特殊相対性理論)、時間の進み方は運動状態の違う観測者では異なることが示された。
また、一般相対性理論によって、時空は物質の存在によって歪み、この歪みが重力の正体で
あることが説明された。どちらの概念も、現代物理学では標準として受け入れられている」。(ウィキペディア)
世には「時空哲学」なるものもあるという。

そこまでいくと、「時空を超える」ということが私には想像できなくなる。だから、ここではあっさり、特定の時と特定の場所を超える、時間と場所を限定しない、時と所を選ばず、いつでもどこにでも通用する、ということでいいだろうと解した。小さい辞書には「時間と空間」とあった。トホホ。

「アインシュタインが考えたこと」は何回読んでも理解できない。岩波ジュニア選書は私にはむずかしすぎる。
なお、「海程」とは、金子兜太主宰俳句結社の機関紙名。
                                                        おわり

                                   大沼通信11-05-22(no.28)へ