11-05-22(2011年 28号)
○机の端ッコのタンポポ 
風流心のない男はこんなことしかできない。原っぱの端のほうで、数本もいできたタンポポをコーヒーの空き瓶に挿しただけ。横にあるのは、先日もっきり屋・古西商店の常連さんからもらった焼酎のミニチュア壜。机の端ッコに乗せて写した。手が震えるようになりピンボケ。

堀田善衛は「時空の端ッコ」というエッセイの中で、武田泰淳の長詩の1部を引用している。
1945年、2人ともまだ中国にいたとき、広島・長崎の放射能禍について流言が伝えられてきたという。じわじわと「広がって、人々は全滅するであろうというものであった」。そのとき見せてもらった泰淳の詩の冒頭の1行が、
 
  かつて東方に国ありき

「日本の滅亡の可能性を想定した1人の文学者の…」と続くが省略しよう。
1990年10月、東ドイツ=ドイツ民主共和国が滅亡したときに書いたエッセイの1部で、タイトルは「国家消滅」。「国家は滅亡した。しかし、人民は残った」。

○海をもう一度
金子光晴の詩「海をもう一度」から、脈絡なしに引き出してみる。冒頭はこうだ。

「腰を大きくうねらせて、踊る海。 

―難儀な航海が,はじまる。
だうらく(道楽)女にかかりあったような。

世界の桟橋から、海を
閑人どもが、ながめている」

そして、

「海の自由を憧れたのはむかし話かしら。 
ヴィナスなんぞ生まれようもない汚い海は、

あくと、あぶらと、小便で濁った海は、
海亀と、鮫と、しびれえいしか住めない。」

「地上には,血塗れな思想と瘋癲博士。
ゴム風船のような文明と風化した性(セックス)と。

もう少し、

「どこの大陸でも、つづく嶋々でも
水虫のような政治野郎がはびこり

見え坊、助平、欲張りの集まる
陸地は、いつもすったもんだだ。」         …仮名遣いなど1部変更

水俣の石牟礼道子は「椿の海」を書き、後には「苦海浄土」を書いた。そのタイトルの変わりよう。
ドビュッシーはずばり「海」。
私も海が好きだった。日本中の砂浜を歩き回った時期がある。青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉の海岸をひたすら歩いた。♪われは海の子、白波の…♪

原発事故後、海はいったい、どう―――。
                                                   おわり  

                              大沼通信11-05-22(no.27)ヘ