11-05-22(2011年 27号)
○大沼湖畔一周サイクリング
きょう、ようやく2回目。いい季節になった。若い緑がさまざまに美しい。空気がうまい。体内でうごめく細胞を想像する。啓蟄は虫のことを言うが、私は毎年、どの細胞かはもちろん分からないが、体内のどこかで、小さい虫のような細胞が、春が来たといってうごめくのを感じる。

調子に乗ってこいでいたら、道路工事中の中央の段差で倒れ、足の踏ん張りが利かないものだから、もんどりうって転がった。予定外の1回転で、あちこちが軽く痛かった。通りかかった車がとまり、様子を見ていてくれたが、私が起き上がり、すぐこぎだしたので、走り去った。ウグイスの鳴き声が、はっきり聞こえた。
マンションでシャワーを浴び、全身をこすり、また元気になった。ベーコンエッグを作り、パンの弁当持参でAハウスへやってきた。
 右はマンション裏庭の大桜。葉っぱが出ていながら全体は白く咲いている。

Aハウスの前の原っぱは緑の草とタンポポ。側溝の縁には水仙が何輪か。家の脇には手入れもしないのに黄色いチューリップが咲いている。
ときにひばりが高空で冴えた声で囀り、夜は叢でモズ? がくぐもった声で私を誘う。

○リブリのメンバーの活動
新聞記事を引用しよう。  5/20 道新夕刊
見出しは「富良野から絵本千冊 被災地へ送ろう 活動に賛同 函館の市民の会に届く」。内容は大体その通り。

「富良野でブックカフェを経営する2人が地元で集めた絵本を届けてくれ…」函館の市民の会「被災地の子どもたちへ絵本を送ろう! 函館プロジェクト」が受け取ったが、その1人が、リブリのメンバーで、毎月絵本を朗読してくれる岸本和子さん。写真入りで掲載された。
なお、昨日付けの「リブリのまとめ」で書き忘れたが、19日の例会で彼女が読んだのは、佐藤忠良の「木」。気が利いている。文は木島始。仙台の氏の記念館を訪れたことを思い出した。宮城県などの大震災のことを思った。

そしてリブリで読んだばかりの星新一のショートショートの1つにあった「原子炉のカス」を捨てる話をまた思い出した(6\Eでてこーい)。廃棄物処理と放射能禍がどうにもならないのに、今の大人たちは悠々のうのうと生きているように見える。私も含まれる。

○77歳
1933年、昭和8年生れは、児玉清、長門裕之、永六輔、天皇陛下など。
                                                       おわり

                                 大沼通信11-05-16へ