11-05-16(2011年 26号)   
○志麻木亭さっ平独演会と大出先生の絵    5/8    札幌・八軒の蕎麦屋「志麻木亭」にて

 
         ↑左は開演前のスナップ。右は先生が主婦ピアニスト田中真知子さんに贈った絵
 
 恒例の落語独演会で「まんじゅうこわい」を聞いてきた。長屋の連中に「怖いものは何か」と聞く場面ではさっ平さんの独創が光った。終わってから全員に本物の饅頭が振舞われた。
 趣向を凝らした第2部では、2歳の女の子が(^ベラスケス「ラス・メニナス」の娘を思わせる)はしゃいだのに気を取られたか、さっ平さんが台詞を度忘れするシーンもあった。中学生くらいのお客さんはよく笑っていた。
 帰り際、さっ平さんは、東京から聞きに来た田中真知子さんに上の絵をプレゼントされた。昨年夏の演しものでオペラ「椿姫」の中のアリア「乾杯の歌」を歌ったが、その歌について彼女が楽譜やCDとかでちょっとお手伝いしたお礼のようだった。私も欲しくなるような作品だった。
 私は先生お手製の煮豆をいただいた。なにしろ7種類70キロの豆を買い(商売用ではないと聞いて売り手がおどろいたという)、目下は豆料理に凝っているらしい。
 彼女は札幌でレンタカーを借りたので、函館までドライヴした。



   ↓風不死岳から続く低地と山並み    撮影:田中真知子


 懐かしいオコタンペ湖を展望台から見下ろし、支笏湖畔で風不死岳を眺め、その名前に感心したら、教えてくれた釣り人は、支笏湖もかつては「死骨湖」だったと言うので、またまた感心した。
 下は湖畔の流木を前景にした1枚と(水がきれい) 洞爺湖の中島とその奥に見える羊蹄山の1枚(雲がおもしろい)。
  

○コルツ(イタリア料理店 函館市本町)   5/13
 コルツで昼食を食べた。美味しかった。以前から知っている店だが、腕が上がったというか、格段に旨くなっていた。  たとえば、イタリア料理の好きな人が東京からきても、きっと旨いと言える料理だと思った。
 写真は前菜だが、材料の数だけでもたいしたものだった。しかも、それぞれの味が生きていた。
 撮影:田中真知子
 これに選べるパスタと自家製デザートがついて2千円は安い(1500円と3000円もある)。店内の調度などもいい。ワインも多い。
大いに宣伝したくなったので、どうぞいらしてください。

○法亀寺のしだれ桜(北斗市向野)   5/12
 やや盛りを過ぎていたが、見物客がいっぱい。お年寄りの団体が多く、クルマ椅子もあちこちに。

○立ち飲み屋と五島軒と千葉そごう  5/12
 温泉とビールの日々ですね、などといわれ、たしかに否定しにくいが、毎日ではない「日々」。

 谷地頭温泉の帰りに寄る古西酒店の子息が、北海道物産展で、レストラン五島軒の販売係として千葉そごうに出張すると聞き、千葉に近い知り合いにお願いしたところ、初日に3人の方が行ってくださり、「丸の内朝飯会」の市原さんは、子息の写真や名刺まで私に送ってくださった。それを持ってまた立ち寄った。ご両親もユニフォーム姿の息子さんを見るのは初めてらしく、ニコニコしていた。 

 また、駅前の立ち飲み屋さんで知り合ったご夫婦が、ここにも寄るようになり、たまたま一緒になった。彼は花見に行くのをやめて、持参のホヤの酢の物を、居合わせた常連みんなにご馳走してくれた。私も日本酒を追加して生きのいいホヤをいただいた。
 次はそこで彼に紹介してもらった焼き鳥屋「千福」へ行き、なおそのあと、例の「わたなべ」で仕上げ。
                                                      おわり

                                    大沼通信11-05-07へ