11-05-06(2011年 24号)
○山岸桂華おもしろ色紙展          5/5〜     喫茶ギャラリー 亜ろ
         
                         写真に光線が入ってしまった。

桂華さんの開花、才能のより一層の開花を見てきた。
作品には、文字あり、布あり、紙あり、ビールの空き缶の破片まである。安価なのでバタバタ売れていった。そのうち、値打ちが分かってくる。

桜の開花宣言は2日、五稜郭公園とか函館公園とかの名所はもう真っ盛りのよう。桜への道は大渋滞。桜の下は大宴会。

個人のお宅の庭も梅や桃がいっせいに咲いている。山はピンクと緑。
1年中でもっとも元気が出て、どこか力がこもる季節。みんなが、来たぞ、やるぞ、と心で・言葉で言い始めるシーズン。

○桂華さんの開花、才能のより一層の開花を見た
以前にも紹介したが、彼女は自由に、楽しく、何ものにもこだわらず、繊細かつ大胆に、そして手間ひま惜しまず、手の込んだ、しかもそれを覚られないように謙虚に、それら全部をまとめて、明るく大きく表現する。
私は言葉が多すぎるが、それでも言わせてもらえば、そのように見えて楽しい展覧会だった。
本人は「なんちゃって」とか言って照れていたが、だれそれ風とか、あの人に似ているとか、そんなことに頓着なく、創っているだけで楽しいんだ、と笑っている。
全部買いたかったが、そうもいかず、我慢して2点に抑えた。下の2点。(自室の撮影失敗。実物はもっといい)
    

○個展を見たあと、回転寿司で食べ・軽く飲み、谷地頭温泉に入り、露天風呂の脇で背伸びなどして体調を整え、古西商店へ。常連さんたちとおしゃべり。ビールの大瓶2本。そこで、五島軒に勤めている息子さんが、北海道物産展で千葉に出張すると聞いた。
(ここからは宣伝込み)
催しは千葉駅前の「そごう」6階で、7日から16日まで。
それでは、千葉に近いか、行くのに便利そうな友人に案内しましょうと言った。で、早速、翌6日、何人かにメールして、「五島軒」のカレー、クッキーなど、よろしくと書いた。
読者の中に北海道ものを買ってもいいとか、行くついでがある方は、お立ち寄りの上、子息葛巻君に声をかけてくださるとありがたい―函館の古西酒店の常連からの案内だと。
                                                 おわり

                                       大沼通信11-05-03へ