11-05-07(2011年 25号)
 (今号は、まっ黒活字号 前号と様変わり 明日から札幌 落語の後の焼肉に生食はない)

○インターネットはおもしろい
70年前の私の思い出話が、グーグルとかヤフーを検索すると出てくる。
何の気なしに、小学生のとき憧れていたクラスメイトの名前を入力したところ、2年も前に書いた私の連載エッセーが出てきたのにはおどろいた。そこから辿れば私のホームページまで来る。
彼女らの名前は片山潮と大森君子。どちらも名前を入れるだけで、ピンク色の囲み記事が出てくる。エッセーのタイトルは「女好き爺の思い出話 第1話」。季刊誌「メディカルはこだて」に掲載したもの。
いま読んでもなかなかにいい!? まるで自由詩。どうぞご覧あれ!?
ところで、もし、彼女らがいま読んだらどうなるだろう。

因みに、小学校は、鶴見区東寺尾の横浜市立東台小学校。創立1894(明治27)年、今年は創立115周年。卒業生22,500余人(同窓会公式サイトから)。私のときの校長は保谷氏。式日には軍服・長靴・サーベル(長剣)で岸谷(地名)側から坂を登っていった。私は学童疎開と縁故疎開により5年で中退。

ここに書くのは場違いだろうが、サイトの「会員訃報」を見ていたら、親友佐々木洋二君の名前。昭和21年卒だから間違いない。ショックだった。掲載は2010(平成22)年12月。死亡年月は空欄。いずれ思い出を書きたい。

○脱原発の方向(かすかながらも)だろうか
その前に、新聞見出しを比較してみよう。 5/7
「浜岡全炉の停止要請 首相『稼動の2基も』 東海地震を想定 防波壁新設まで」朝日
「浜岡原発 全面停止へ 首相、中部電に要請 東海地震『対策不十分』 保安院『2年程度』」道新

私は明らかに朝日の勝ちと判定した。
なぜなら、もっとも肝要と思われる「稼動中の2基も」を入れられたのは、朝日の横見出しの要領の良さだろう。
つまり「浜岡全炉の停止要請」としたことで、道新の「浜岡原発 全面停止へ」と「中部電に要請」の2つ分を、同じ9字で済ませたのである。だから「稼動の2基も」を入れられた。それによって、えっ、というメッセージにもなったと思う。

もっとも、道新の「浜岡原発 全面停止へ」も口調が良く、それだけで強いメッセージとなっている。また、朝日の「浜岡全炉」も「停止要請」も、言葉としてやや消化不良かもしれない(全炉。要請先不明)。

さて、ところで、この「決断」によって、脱原発への方向だけでも示すことになったのだろうか。意見は色々だろうが、6日夜のテレビを見た限りでは、NHKは原発推進の立場をまだ変えていないようだった。公平な民意とか公共性とは別のところに立っていた。批判というより、自民党(や殆どの民放)顔負けのケチつけ。
というのも、自民党には河野太郎がいて、「…いわゆる『核のゴミ』を捨てる場所が日本にはない」のが「最大の疑問点」といっているし、氏はまたマスコミを批判し「…多額の広告代をもらうマスコミは批判が緩み、巨悪と添い寝してきた」と厳しい。続けて「政・官・産・学・メディアの五角形が『安全神話』をつくった」といっている。NHKもメディアの1つ―言うまでもないが! 朝日 5/5

新聞社もキョロキョロしているのが現状か。今日7日付各紙社説の見出しを並べてみよう。
朝日「「『危ないなら止める』」へ」/道新「安全のため停止は当然」/毎日浜岡停止要請 首相の決断を評価する」/読売「浜岡原発停止へ 地震と津波対策に万全尽くせ」本文中に「中部電力は首相の要請を受け入れるべきだ」/日経浜岡原発停止は丁寧な説明が要る」/東京「『浜岡』停止要請 国民的議論を始めよう」本文中に「だがこれを脱原発の始まりと見るのは早い」。

日経と東京は、説明が要るとか議論を始めようとか、キョロキョロでなくノラリクラリか。しかし、まあ、それでも、ようやく、ここまで来たかだ、道ははるかに遠いとしても。

ところで、浜岡には使用済み核燃料はないのだろうか。インターネットで調べれば分かるのか。7日の新聞に見当たらなかったので。

○リマスター版映画「浮雲」 
5/4
リマスター版は音質だけでなく、フィルムも良くしたのか、知らないのだが、「寅さん」シリーズのDVDにも高品位収録とあったから、どちらも良くなったのだろう。
たまたまその「浮雲」を見た。良かった。愚図な男とのどうにもならない腐れ縁という程度のおぼろな記憶だったが、なんとなんと、複雑な人間関係がたっぷり盛り込まれていた。デコがパンパンをやっていたことも忘れていたし、山形勲に向かって「なによ、3年もの間(―多分)、私をおもちゃにして」という台詞を口にしたときには新鮮にがっかり。森雅之も伊香保でのちょっとの間に、加東大介の嫁・岡田茉莉子の誘惑に乗ったが、それも忘れていた。彼がデコをおもう気持ちも、ときには、もしくは終始(そういうもの)真剣だった。ラストで彼が泣き伏すシーンでは「道」のアンソニー・クインを思い出した。いい台詞が多く、見ながら、脚本は誰かと思っていたら水木洋子だった。
終わり近くの短い回想場面に、デコが白いワンピースで、戦地の草原の中を振り返り振り返り歩いては森雅之を誘惑するシーンがあるが、これは女の本性・根性をあらわす名場面。だが私の記憶では、その男は池部良なのでつじつまが合わなかった。
私もデコファンであることを再認識。
こういうのを見ると、7月で「テレビよさよなら」の気持ちが揺れてしまうが…
                                  おわり

                               大沼通信11-05-06へ