11-05-03(2011年 23号)
○原発廃棄物の処理法
星新一のショートショートに「おーいでてこーい」がある。
あらすじは、台風によるがけ崩れで小さい社が流され、その跡に深い穴が見つかる。おーい…と叫ぶが反応はない。石を投げ込んでも無反応。そのうち大騒ぎになるが、埋めることにしたとき、ある利権屋が、社再建を約束した上で譲ってくれと申し出る。社は再建され、近くに穴埋め会社が設立され、間もなく利権屋が宣伝を始める。この深い穴には何を入れてもいいと。そして、原子炉のカス、外務省・防衛庁(当時)の機密書類、警察は巧妙に作られたにせ札など、やがて、都会の汚物から、女の子の都合の悪い日記や写真までが投げ込まれるようになる。
ある日、高層ビル建築中の鉄骨の上にいた作業員の頭の上から「おーいでてこーい」と叫ぶ声が聞こえる。しかし、見上げた青空には何も見えない。と、つぎには「小さい石ころが彼をかすめて落ちていった」。しかし、彼は気がつかなかった…。
天に唾、穴に石。

使用済核燃料、高濃度汚染水、高レベル放射性廃棄物、特定放射性廃棄物、燃料棒などの言葉が飛び交い溢れそうないま、そして、40年も前にこの作品が書かれたとは…(この短編集発行は1971年)。

○またぞろ「がんばろう」

言うなっ、ての。簡単に、無責任に、あいさつ代わりになんて。使いどころを考えてくれ。
被災したある住職の講演を聞いた大沼中学校の一生徒が述べた感想―「被災地ではたくさんの方が最善を尽くして色々なことをしているのに、『がんばって』と言われても、これ以上どうすればいいんだと思う…」いま必要なのは「『一緒にがんばろう』という言葉と行動だと思います」(沼中通信 2011-04-28)。

「東北も函館も日本もガンバレ!!」―「がんばれ東北」「ガンバレ函館」「頑張れ日本」。
「道南の看板製作会社26社でつくる…組合は…沈滞ムードを打ち破ろうと,マチを垂れ幕や横断幕で飾るキャンペーンを始め」、フェリーや空港ターミナル、駅などに「日の丸の赤と白を基調とした」…きっとド派手な頑張れ幕が…。(11-04-16 道新)
看板屋も道新も無神経というべぎだろう(道新は見出しと前文とで4度使用)。北海道は被災が軽微のせいか、たるんでいる。大震災に対する反応のレベルが、全体に低い。レベルと言っては語弊があるが、スポーツでも何とかイベントでも「支援」と「がんばろう」をセットにして、それを免罪符のように使っている。

「…『頑張ります』という言葉がダイエーの創業者、中内功さんは嫌いだった。『我を張る。自分の考えを押し通す』に通じるからだった」(11-4-24 朝日)。

初めての癌で入院していた10数年前、お見舞いにいただいたのが「がんばって」の言葉。その後、その奇妙さに気づいた、関西から藤本義一が、次いで、たしか東京から永六輔が、「がんばろう」はやめようよ、と言い出したと記憶する。最近では鎌田實が「がんばらない」本を書いている。しかし、馬耳東風。積み重ねのない文化(風俗批評、メディアなど)。

○クイズ「数独」
新聞でチョクチョク見かけるので、どういうものかと「ルール」を読んだら、理詰めでできるという。理詰めといわれちゃぁ、やってみなくちゃ、と始めたところ、途中でギヴアップ。
翌週、同日に2紙に出題されていたので、両方に挑戦してみた。1時間以上かかったが、何とかできた。正解だと図書券が当るというので、その気になったが、応募数をみたら5万人に近い!! 当り運に弱いから応募はやめた。
ひとに話したら、もう数年も前から流行していて、解き方の本まであるという。何も知らなかった。完成したのは難易度3(5まである)だったが、たしかに理詰めではあった。

○陣川温泉  5/3
函館市陣川町にある。初めて入った。聞いたことあるけれど行ったことはない、という人が多い感じ。前々夜の3人の飲み会で話が出、Mさんにつれていってもらった。笹流れダムの脇の坂道を上がり、東照宮を見て少し登ったところ。辺りは新興住宅街。
15年前から開業しているという。こじんまりした露天風呂がある。硫黄泉だが湯華は少ない。私にはやや熱い適温。おしゃべりしながらのんびりした。内風呂は、まぁ少し広い。
帰途は徐行し、浅いけれど流れの早い、私の好きな川を渡った。昔の時折りの散歩コース。ダムの下の桜林は、駐車場は一杯だったが人影はちらほら。奥のほうがにぎやかだったようだ。
大沼に戻り、ランバーハウスでビールとステーキ。昼食には遅い時間だったが満員で、外に待ち客が何組もいた。                                               おわり

                                    大沼通信11-04-29へ