11-04-27(2011年 21号)
 東日本大震災について

○「悩むことはない」金子兜太著 文芸春秋社 から
「まえがきに代えて」は大震災について書いている。前号に引き続き引用させていただく。

「東北地方の海岸というのは、津波についちゃあ札つきなんだ。その海っぺりに原子力発電所をつくるのに、なんで大津波への配慮をしていなかったのか。早晩大地震が来るぐらいのことは、我われ素人だって心配しておったのだから、専門家が気づかぬはずなどない。東北電力はコストを考え…という新聞記事を読み、私の怒りは心頭に発した」
「この巨大独占企業は明治と昭和の、大津波による東北の人びとの悲惨な体験と、酷い痛手を、無視した。瓦礫の野っ原と化した映像を見るにつけ、それが口惜しい」
「被災した人びとへは、こんな後悔の話をしてもやるせない。もう積極的に対処するしかないと思う」
「被災地の、一人ひとりが耐えている。じっとして耐えているその姿に、人間としての水準の高さを私は感じた。いまさらのように、日本人は優れた民族だという印象を私はもった」。

(この本には、金子兜太の特にいい写真が何枚も、書もまた数点あるのだが、奥付に、複写も複製もダメと断りがあるためコピーできない。まことに残念)

上記の「積極的対処」は、「国も、地方も、一人ひとりも」とあり、私も外れてはいないのだが、何もしていないのである。「思惑をめぐらすことせず、ためらわず、やるべきことをやってもらいたい」と続き、たしかに・まともに・ビンビン響くのだが…。

既報の通り、私は3月26日から4月6日まで12日間、鼠径ヘルニアで入院(手術)をしていたが、その間、手術当日以外は毎日、新聞3種と週刊誌(合せて4冊)を読んでいた。眼が弱いのでテレビは見ないことに決め、パソコンももって行かなかったので、動く映像はまったく見なかったが、その代わり、活字だけの、そして殆ど全紙面が大震災だけの新聞を、オーバーに言えば1日中読んでいたのであった。

読み終わった新聞の保存は、初めのころは全n、つまり1日分をそっくりとっておくことにした(たとえば3/12の道新は、第1面の題字を左端に寄せ、そこからいきなり超大活字の見出しが最終の36nにつながっていくという離れ業をやって評判になった)が、段々特定ページにしたり、ついには従来どおり記事を一つひとつ切り抜くようになった。ただ、ファイルに挟むのでなく、他の切抜きと区別し、台紙に貼りつける方式。そして、一定の厚さになるとまとめて紙袋に入れるのだが、2袋目になり、そろそろ始末を考える時期に来ている。

要するに、私は新聞を読み、1部の記事を保存しているだけ、ということ。そして考えることは、「評」「論」はもう大体出尽くしたかの感。日本国のいいところと悪いところも見えたかの感。そんな程度かの感。
メディアの良し悪し、というより、特にテレビ(めったに見ないが、写っていても消す番組が圧倒的)の「言論の自由」は目に余る。レベルが低いので時間が死ぬ、とカッコつける。腹は立てない、立たない。
新聞にはいい文章もたまには目に入る。たまーにだ。まとめて言えば、今後全体がいい方向に行ってくれないものかと祈る気持ち。主権者国民と地元の識見ある有力者と歴史観をもつ政治家のコラボレーションがかみ合って動きだす、夢みたいな進み具合を期待しているだけ。

金子兜太はまた「人類は戦争をやめることができるか」で、「できないでしょうね。できないけれども、戦争を、やめさせなきゃならんという意思だけは捨てられない」といっている。大震災にも当てはまるだろうか。

○今回の温泉ドライヴは戸井の「ふれあい湯遊館」  4/26
意外に近かった。意外によかった。39℃という低温浴槽がちょうどいい湯加減。加温している高温風呂は谷地頭温泉の露天の44℃より低かったと思うが、その日の私には熱かった。丸型の源泉かけ流し浴槽に、1人で浸り、全身を平らに浮かせるようにした。函館市民で65才以上は福祉チケットで50円。
ロビーに野菜が並んでたので、トマト・にんじん・玉ねぎ・長ねぎを買った。隣り合せのレストランでラーメンと枝豆と生ビール2。マンションまで送ってもらった。
                                                      おわり

                              大沼通信11-04-25へ