11-04-25(2011年 20号)
○「悩むことはない」金子兜太著    文芸春秋社
またまた、またまた、新著を贈っていただいた。ありがたいことです。早速読んだ。
最初の「まえがきに代えて」は、東日本大震災にも触れている。
第3章まであり、第1と第2章は「語りおろし」とある。書き下ろしではない。第3章は「戦争と俳句 戦地で俳句と訣別し、戦地でふたたび俳句に会う」で、これは「文春くりま」(2010/5)に掲載されたもの。

第1章は「問われて答う」、第2章は「生い立ち来たるところ」。
「問われて答う」の項目は「『幸せ』と『不幸』をどうとらえるべきか」「努力と運の良し悪し」「心の広さを作るにはどうしたらいいか」など26項。短い語りが続く。

戦争のことから入る語りがある。
「…敗戦後、トラック島を離れる駆逐艦の甲板から見た光景をこう詠みました。『水脈の果 炎天の墓碑を 置きて去る』 この句を書いたとき、思いは純粋な自己犠牲的なものであったはずです。しかし実際の私の行動は、自己本位であったと思う。かすかにその悔いを残しています」―「これまでの人生に自己犠牲はあったか」。

「戦争から帰ってきて日本銀行という職場にもどりましたが、組合活動をやったために、栄達の可能性を失くした男になった。そのとき私はどう思ったか。俺は運がいいんだ。食いっぱぐれはしない。クビになる心配はまずない。だったら下げたくもない頭は下げるもんかと割り切った」―「意志力は鍛えられるか」。これは私が真似た。といっても、私はノンキャリアの凡クラだったから栄達の道はハナからなかったが。

以下、順不同に部分引用する。
「お金というものをどう考えるか」―「いま一億円あったって、十年後には力が半減することはわかっている」とは大胆な予想。元日銀マン。

「一流の人間とは」―「一流? そりゃいったいなんなんだ、と私は聞きたい。人間は偏っている。その偏りに言い知れぬ魅力があるのです。その魅力の中身も人によって違う。言い知れぬ魅力を感じさせる人物が、いうなれば一流性を持った人物でしょう。…不遇の一流という人もあるのです。ことほどさように、一流なんていい加減なもんですよ」。

「好きな言葉」は、初めにひと言「けっきょく『ありのまま』に尽きる」。自由度がますます大きく強くなったのだろうか。

「人間はなんで人を好きになるのか」―共感によって好きとか嫌いとかになり、それは生理的だが、男女のそれは性欲と関係するから「一時的なもので終わる」「好きとか嫌いとか言って、それを絶対的なものと思うと、錯覚してしまう」。そこで「好き嫌いに拘っていることに、ばかばかしさみたいなものを感じませんか」と問いかけ、一転、もっと「素朴な、それこそ原始人の源にあるような人間にたちかえって見直さないと…」「現代人のかかえている問題は、これまでの倫理とか道徳で解けない。本能的な、原始的な人間の感覚をとり戻さないと」「単純な好き嫌いでなく、もっと根源的な感覚を研ぎすまさないとね、ダメじゃないか…倫理とか道徳とか人生観とか、全部ナンセンス。信用できない。そんなものに縛られている人間が哀れという感じです」。これはずいぶんと踏み込んだ言葉だと思った。

そのほか、私がびっくりした言葉を引用する。部分であることを…。
「男と女の違い」―「…女性はよく泣く、すぐ泣くが、これは作為が多いと思う。自然な姿とは思わないですな」。
「悪党とは」―「死刑反対などと言う、人のツラが見たい。そのツラの奥に潜んでいる甘さ。それが癪にさわる。あるいはその自分勝手さが癪にさわる」。
「貧乏は悪か」―「やっぱり貧乏は悪いことだと思う、人間同士のいたわり合う心を奪います」。

第2章の最初の見出しは「糞尿愛好」。
水木しげるとの対談は、うんことおならの話から始まる。そのあと、出るは出るは、屁、野糞などの糞尿譚。女の立ち小便では、前向きでやるのと後ろ向きでやるのとあって、隣のおばさんに聞いたりし、「長じてわかった。小便の出るとこが、前寄りの方と後ろ寄りの方とあるんですな。構造上」。「方」というから吹き出す。その体験から、「女体に対する認識が深まった」とはまた。まだある。「一茶の屁好き」、西行の野糞を詠んだ自句、「俺の男根」etc.。

もちろん、とは妙な言い方になるが、「『純粋経験』という洗礼」「即物とは抱き合うこと」「西洋は対物」などの項もあり、「土食らう暮らし」「生々しいということ」「自由の見本」など、自由自在だ。

読んでいて、膝を叩く言葉が多かった。ふと思った。これは金子兜太の「箴言集」だ。

本の題が「悩むことはない」とは、また大きい。
第1章の、しかもその最初の語りは「『幸せ』と『不幸』をどうとらえるべきか」である。
「妻が難病を患って、もう生きる見込みがないという状況は、一般には不幸として扱われやすいですね」とはじまる。そこから少し語って「女房の病と死は、私にとって不幸などではなくて、そのことはただ客観的な現実だったんです」「戦争中に偶然命が助かったときも、幸せという受け取り方はしません。名誉ある賞というものをもらっても、幸せなどと思わない。幸せという言葉がもとから念頭にない。だから、不幸という言葉もない。幸・不幸とはつまり、便宜的な概念なんだ。だから、幸・不幸にとらわれて悩むことはない」。
これがこの本のタイトルのいわれであろう。

ラ・ロシュフコー(1613-1680)「箴言と考察」の幸・不幸はこうだ。「人は決して、みずから思うほどに、幸福でもなければ、不幸でもない」「人間の幸不幸は、人の気質に由るよりは、むしろ運に由るものだ」。
三木清(1897-1945)「人生論ノート」の「幸福について」の末尾は「機嫌がよいこと、丁寧なこと、親切なこと、寛大なこと、等々、幸福はつねに外に現れる」「幸福は表現的なものである。鳥の歌うが如くおのずから外に現れて他の人を幸福にするものが真の幸福である」。「普通の」幸福論は山ほどある。ヒルティ、アラン、ラッセルetc.
その手のものはもう読みたくなくなっている。私も幸・不幸なんかにとらわれたくない。


○「山月記」中島敦著  リブリ  4/21日 
先ず、英太さんが図書館から借りてきてくれたCDを聴くことにした(朗読・江守徹)。17分余り。終わって、解らない言葉などを調べ、概要なども解ってからもう一度聞いた。解ってきた。おもしろくなった。いろんな意見・感想が出てきた。
キーワードといわれる「…どこか(非常に微妙な点において)欠けるところがあるのではないか」と「今までは、どうして虎などになったかと怪しんでいたのに、この間ひょいと気がついてみたら、己はどうして以前、人間だったのかと考えていた」の2箇所についても、しゃべりあった。
和子さんの絵本朗読は「紙しばい屋さん」。
2次会は「金丸」で、4人で。詳しくは後日のリブリ「まとめ」で。

○回転寿司と谷地頭温泉 4/22
女房の温泉仲間と私の4人で回転寿司へ。生ビールのサービス券が4枚あり、私は3杯飲んだ。隣りの席の方が1枚下さったので3人で合計5杯(運転手を除く)。あと、六花亭でコーヒーとケーキ。谷地頭温泉まで乗せてもらい、露天風呂に2回。昨夜も飲んでいたので、立ち飲み屋さんはあいさつだけ。

○友人とおしゃべり  4/24日
割りに新しい女友だちがAハウスにきてくれた。炬燵でおしゃべり。予め「飲む」と断わっておいたら、酒の肴をもってきてくれた。文学談などで話しが弾み、缶ビールを4本も飲んでしまった。

○ここからは予定
4/26  ほぼ月例の温泉ドライヴで、初めて戸井の温泉「ふれあい湯遊館」へ行くつもり。39℃なので加温しているとのこと。

4/29 大沼湖水開き。安全祈願と大震災復興祈願。あと、湖畔のごみ拾い。午前中で済む予定。

5/01  「金丸」で飲み会。
                                                         おわり

                               大沼通信 11-04-17へ