大沼の日の出  撮影:高瀬宣夫 
 
                  11-04-17(2011年 19号)
                                         カタクリ群生    高橋邸の庭
4月17日、高瀬夫妻に連れて行ってもらった最初は濁川温泉「ふれあいの里」。
露天風呂はまだ湯が足りなかったので、石を枕に横たわり、青空を眺める寝湯!?
 上がって、床暖の間の座卓でビールと釜飯など。いい気持ちで、しばし、うたた寝。

 次は高瀬さんの家でシンビディウムなど、屋内の花園を見せてもらった。マントを着た2つ眼を「妖精」と名づけていた。

 次は高橋邸の庭の野草園。たくさんの花々。カタクリも盛り。座禅草は初めて見た。                                                                      
                                           
     シンビディウム 真ん中の2つ眼の花芯は妖精のようだと高瀬さん(撮影も)  色とりどりに満開のいま

          
              座禅草  熟成すると右のように洞穴の中で座禅する僧となる

                 
                    やや上部の奥にかすかに駒ケ岳の剣が峰 

                                    大沼通信11-04-16へ