11-04-16(2011年 18号)
○函館に行ってきた(術後検診) 
大沼から函館に行くのが、田舎から都会に行くようになってきた。つまり、ほぼ1日がかりの外出になってきたという意味。かつては1日に2往復し、たとえば東京なら、日本橋で買い物をして帰宅し、夜また渋谷へコンサートを聴きに行くようなものだったが、いまは1往復で1日仕事という感じ。

五稜郭病院が朝9時半の予約だったので、8時11分発の普通列車で出かけた。ヘルニアの予後は問題なし。ただ、また出ることはありますよ、同じ場所とか反対側とかに、といわれた。齢のせいですかと訊いたら否定されなかった。

退院するとき、看護師長の大間さんに、お世話になったので、お礼というか謝礼とかは…と言いかけたら、きっぱりと、一切いただきません、お手紙ならうれしいですけど、といわれたので、今日、短いあいさつ文とホームページのコピーをもってナースステーションに行った。ちょうど廊下を歩いてこちらへきたので直接手渡すことができた。その足で同じ階の坂口さんを見舞った。もう10日目で峠は越えていたが、焦らないほうがいいですよ、と言ってきた。

病院からまた少し歩いて市電に乗り、谷地頭温泉に行った。途中、立ち飲み屋古西商店に寄り、先日店内でお店の人や常連さんたちを撮った写真と、それについて書いたホームページのコピーを渡し、近くのスーパーで揚げ煎餅とかアーモンドを買い(マヨネーズとベーコンも)、それから風呂に行った。

44℃の露天風呂でゆっくりした。縁に出て立ってちょこっと柔軟体操をした。休憩室のソファでビールと煎餅とアーモンド。目の前の座敷テーブルでは夫婦が持ち込みの蕎麦定食?を食べていた。奥さんはゆっくりよく噛んで食べていた。先に終わった亭主は横になり、たちまちに眠ってしまった。隣りのソファの男は1人静かにいなりずしを食べていた。おかずも水もなかった。何となく余されて生きているような、ここにしかくる場所がないという感じ。図書館でもときにそういう感じの人を見かけるが…ふと、私自身もそう見えるか、と気づいた。

また古西商店に寄り、奥さんとおしゃべりしながら大瓶のビールを飲んだ。まだ昼なので他にお客さんはいなかった。店主は町内の寄り合いとかで出かけた。帰り際、五島軒のカレーとスープをいただいてしまった。

駅前のデパートで食パンとあんぱんを買った。駅のキオスクで缶ビールを買った。13時20分発の普通列車で帰ってきた。ほろ酔いのいい気分。駅員に、お帰りなさい、と言われた。Aハウスでストーブを点け、机に足を乗せ椅子を大きく倒し目をつぶった。1往復でこうだ、とつぶやいた。

往きの車中では新聞を読みきれなかった。診察前は、珍しく待ち時間が少なかったので読めなかった。帰路はイッパイ入ったので読めなかった。

新聞はおもしろいようなつまらないような、私の考える事態と解釈とは離れた報道と化している。新聞もダメなら政治家もダメ。主権者が、まさに・真に主権者となるべき時期・時代にあるのに、とだけ言っておこうか…怒らなくちゃ、動かさなくちゃ、変えなきゃ…といって、私は無為だが。しかし、ここにも影響はある。函館も30`圏に入るのが既に建設着手の大間原発。
放射能のせいで広範囲にこれから10年も20年も住めなくなりそうという疑い・心配を、首相が言ったとか言わないとかの問題にしてしまった。また、いろいろなことを風評とかとする見えない圧迫。すでに本音が出しにくくなっている雰囲気etc.
ここまで書いたら1日が終わった。終わりのほうはぐじゃぐじゃ。
さて、明日はまた温泉ドライヴ。ビールが旨いだろう。                       おわり

                           大沼通信11-04-14へ