11-04-14(2011年 17号)
○札幌寄席 志麻木亭さっ平(大出先生)独演会  4/10
今年はじめて聞いた落語は「八五郎出世」。おもしろかった。笑った。殿と三太夫と兄貴のやりとりに工夫と進歩(失礼)があった。この話は元の筋書き(「妾馬」とも題される)通りには演じないで、脚色することが多いのではないか。自由に語られる噺のようだ。妹が大名の世継ぎを産んだお祝いに、兄までが招待され、ご馳走になり、いい機嫌になり、歌ったり…そこに何でも入れられる仕掛け。さっ平さんお得意の出し物の1つ。
      
例によって旨いお蕎麦とビールをご馳走になり、しばし昼寝し、それから聴いた。出囃子の祇園太鼓もほら貝も立派にこなした。お元気そのもの。うれしくなる。私も術後10日にしてまた元気になっていた。

夜の過ごし方、いや、飲み食いは毎回同じ。ただし、焼肉屋にコブクロがなかった。モノが入らないという。大震災の影響。翌夜の黒生もそう。大震災の影響。なんと、コブクロが食べられず、黒生が飲めなかった…。
しかも、今回は3泊し、火曜日は美術館へ行くことにしていたのだが、そこも展示品入替日で休館。コブクロ、黒生、美術館と三拍子揃ってダメ。

とはいうものの、半年振りに会えたガ・フレと、並みのビールだったが、一緒に飲み、大いにおしゃべり。それが唯一よかった、楽しかった。

3日目は適当に歩き回ったうえ、北大構内を散歩。ポプラ並木は冬枯れと本枯れとでもいうか、写真になる光景ではなかった。
そのせいでもないが、昼から焼き鳥でいっぱいやってしまい、夜は出ず、ローソンで弁当とお新香を買って部屋で独り飲み食い。おでんはなかった。

             
北大構内の小川の流れ →

○映画「わたしを離さないで」  4/12
日本生まれのカズオ・イシグロの原作を土屋政雄訳の文庫本で読んだとき、450ページのうち108ページに来たところで、ようやく「提供者」といわれている人物たちが、臓器提供者らしいと解って来たのであった。私はそこにポストイットを挟んで、「臓器提供者?」とメモしている。「あなた方は…特別な生徒です。ですから体を健康に保つこと、とくに内部を健康に保つこと…」と先生が生徒たちに言う。映画では最初のほうでその台詞が出てきてしまうから、本の中で、「何だろう」という先を急かされる緊張はない。
今では臓器提供も、生々しくもあっさりというか、まるでモノとしてふつうにやりとりされている。
つい最近も15才の、脳死と判定された日本少年の臓物を5人とかで分けたニュースがあったばかり。心臓はだれへ、肺はだれ、肝臓はだれ、腎臓はだれとだれ、すい臓は何々と一緒にだれへ、と。

映画では、提供者が何回目の提供で「終了」するかという話しが出てくる。生きたままの摘出場面、除去するだけの内臓外科手術。
あらすじをひと言加えれば、臓器提供のためだけに隔離され生かされて来た年ごろの、主として男と女2人の話し。恋心もあるし、嫉妬もあるし、母を知りたい気持ちもある。母親は「オリジナル」と呼ばれる。死が決まっている人間の生はどういうものか。提供者も提供者でない私たちも、同じく死は決まっている…。

言いようにもよるが、とんでもない筋書きである。SFだろうか。未来小説だろうか。現実先取りだろうか。臓器移植というものの、その奥深い思想と背景を考えさせる創作、といっておこう。
軽々に結論は出せないが、私はまだすっきりしないでいる。

最後に、ぶち壊しになるが、原題は Never let me go. 直訳すれば「私を行かせないで」となるから、それはまずいと、「離さないで」にしたのではないか、なんて。エロ雑誌も出てくるし、セックスシーンもあり、また、ヒロインが「ときどき、したくてしたくてたまらなくなることがあるの」という台詞は、原作にも映画にもある。
                                                     おわり

                     大沼通信11-04-13へ