11-04-13(2011年 16号)
○ヘルニアの手術 (3)
手術に際しては、前にも書いたが、不整脈の血栓予防用に呑んでいるワーファリンからヘパリンの点滴に代え、それに慣らすため?前後各5日を要したので入院は12日間となったが(退院許可は術後2日目に出ていた)、通常は1泊2日のコースだそうである。
ということは、ヘパリン中は普通の日と同じだから、完全自由の気ままな暮らし。しかも上げ膳据え膳。
特に退院許可が出てからの3日間は、点滴からまた飲み薬に戻ったので、身の拘束なしの伸び伸び暮らし。
ワンルームより広いし眺めもいい上等な日々。少欲知足!?

入院前の手続きとして、入院先の循環器科と連携するので、かかりつけ医師の診断書と紹介状を受け渡しするため、一往復したが、どちらも親切に扱ってくれた。

手術そのものは、2時間ほどで済んだ。腰部麻酔といっていたが、意識がなかったので一時全身麻酔に近かったのではないか。ベッドに戻ったとき醒め、声を出して「いい気持ち」と言ったのを覚えている。その直後に両脚の痺れを感じたが、間もなく感覚が戻った。思わず「いい気持ち」といったとき、阿片とか麻薬のことを想像した。きっとあのような心地よさを得られるのではないか。

翌日聞かれて「痛いですね」と言ったら、「そりゃあ…」と笑われ、私もすぐ同意した。2日目も、痛いといえば痛いが、納得した痛み。メスを入れ、あとを縫ったのだから、ある程度は痛いだろう。抜糸は不要で、医療用の糊でくっつけたとか。
若い医師だったが、悠々として頼もしい好青年!? だった。そうそう、その医師は術前、1度も私のヘルニアを見ず触れずだった。ピンポン球くらいと言っただけで全て解ってしまうものらしい。
いま検察の全面可視化が提案されているが、手術のそれも(希望者には)見せるというのはどうか。痛いわけが解るとか。ま、軽い手術だから好奇心だけで勝手なことを言うが…。

入院中に、知り合いの坂口さんが入院してきた。「メディカルはこだて」の塚本さんに坂口さんの住所を教えてもらうつもりだったが、もしかすると同じ4階かも…。で、ナースステーションで聞くとその通りだったので、朝早く訪ねたが面会には早いといわれ、看護師さんにハガキを託してきた。間もなく氏のほうから来てくれた。やァやァ、となった。
氏は大腸がんでいまも入院中で、毎日「癌春」日記をブログに連載中である。といっても、書くのはまだ代筆の夫人。これがおもしろい読み物になっている。推薦できるブログ。私のことは4月4日の日記に出てくる。

10数年前、私が東京杉並の河北病院で2度の癌手術をやったとき、やはり同じ階で入退院を繰り返していた日銀の友人上田さんを思いだす。彼は冗談好きなので、看護師さんの笑い声が聞こえると、あ、また、駄じゃれを言ってるな、と分かるのであった。そして、「よお」、とやってくる。私が1時退院し、病室に荷物を置いたままローマに戻り、また入院するときまでそこに預かってくれたという奇縁。
(ここでつけ加えておくと、氏はこの4月7日で一周忌。無常。)


おりしも大震災の進行中。それについては「大沼通信」no.9からno.13までに書いたが、大事変は深刻さを増して進行中。
入院中は手術当日を除く毎朝、地下売店で新聞3種(読売・日経なし)を買い、週刊誌はタイトルと中身をちらと見て何冊かを選びよく読んだ(no.14既述)。

こうして無事退院。経過良好。4日目の10日には札幌へ行って大出先生の落語を聞いた。3泊し13日の今日帰着。早速パソコン叩き、という次第。
                                         ヘルニア手術の項おわり

                     大沼通信11-04-09へ