←術後の4日、五稜郭公園を散歩した。桜はまだまだ遠い

手術の翌々日から4日間は毎日朝風呂。ボケーつとしていると原発事故も一時は頭から離れたが…。

3.11以前の文芸春秋に金子兜太のアンケート回答があり、3.11以後の毎日新聞の特集ワイドには長いインタビュー記事が載った。後者の見出しは、「生き物感覚と知性と」。よかった。

退院したその足で、近くの回転寿司に行き、ビールと寿司で腹いっぱい飲み食いした。  つづく
3月26日入院、4月1日手術、4月6日退院。
たまたま空いていた特別個室に入った。消灯後も本が読めるのでありがたかった。夜は「白痴」や中島敦の作品・参考書などを夢中で読んだ。日中は新聞3紙の読み比べ。切り抜いて台紙に貼るのがひと仕事。テレビを見ないので新聞写真が貴重だった。週刊誌は「週刊現代」が読めた。サンデー毎日、週刊ポスト、…文春、…新潮などはダメ。

←4階の病室からは横津岳など
真下に細長い公園。芝生の真ん中に安田侃の彫刻。看護師のお子さん用保育園があり、午前の遊び時間には可愛い声が…       →

看護師は若い娘さんが多い。みな感じがいい。ベテランはベテランらしく、頼もしい。代わる代わる彼女たちに術後の傷跡を見られた。自分でも見たが、バリカンで刈られた片側だけの陰毛と元気のないおちんちんは、じつに醜いものだった。

顔を見たらこれまたひどい。鏡を買い、これからは、たまには見て、肌や歯の手入れをしなくちゃと!? →

食事はよかった。はじめはおかずが足りなかったが、慣れるにつれうまく塩梅できるようになった。日ごろ食べない料理だから名前も知らず、で、メニューを取って置いた。後日紹介するかも。毎食果物がついた。

間食しないことに決めたが、手術当日は朝昼夜とも欠食だったので空腹に耐えられず、「ウェスト」のリーフパイを1枚食べた。
                 11-04-07(2011年 14号)  
 ○鼠径ヘルニアの手術 (1)
































 


                            大沼通信11-03-22へ