11-03-22(2011年 13号)
  新聞を読む 拱手傍観 4  廃炉・風評・予断

○廃炉

あれら原発にどのくらいのお金がかかったのだろう。長期間発電したからもとは取れていそう。しかし、そういう損得計算でいいのだろうか。
新炉はどうするのか。1民間企業の設備更新の問題か。国の認可だか許可がいるのだろうが、そこはいかようにも…何しろ電気が足りないとの大義名分をお持ちだから。しかし、原発反対の声も強い、根強いですぞ。
○風評
新聞テレビのほか、ツイターとか、さまざまな形の情報が入り乱れる時代、人の口に戸は立てられないというから、レベルの低いマスメディアの誰彼があれこれ言っても効き目はない。説得できる事実をいかに伝えるか。そこがいままったく頼りない。噂のスピードは速いからねぇ。始末が悪いのです、これは。
函館五稜郭の大手電機店の電池がない棚を見て思わず吹き出したら、急に心臓が冷たくなった(プリンタのインクを買いに行ったついで)。
「放射能くる」との見出しとガスマスクの表紙写真に苦情がきたので、週刊誌出版元が謝ったという。風評を広げるからだとか。情報制限、表現の(不)自由の問題、不毛のやりとり、の匂い、としておこう。むずかしい問題ではあるのだが。
○予断
原発の爆発出火破壊など、新聞を読めば、うしろのほうに予断を許さないと断わっている。何か安定しているみたいに言っていても、「予断を許さない」とあることを、しっかり…。たとえ、その通りに書いてなくても、「予断を許さない」と自分で付け加えたほうがいい書き方…可能性を否定できないとか…に留意したい。

以下は参考引用見出しと記事。論拠というほどではない。補強材料。読まなくてけっこうです。

日本の原発、「海依存」が弱点 冷却に構造的課題
欧米の多くの原発で、外観を見てだれの目にも印象的なのは、白い蒸気を上げる巨大な冷却塔だ。…米スリーマイル島原発も例外ではない。こうした原発では川からくみ上げた水で原子炉などを冷やす。温かくなった河川水をそのまま川に戻すわけにはいかないから、冷却塔で空気で冷やしてから戻す。そこには空冷の仕組みがある。

日本の原発に冷却塔はない。原発で発生した余分な熱は海水で取り除き、巨大な自然の放熱器である海に流し込む。完全な水冷方式である。だから、すべての原発は海岸に立地する。誤解のないように言い添えれば、通常は海水で直接原子炉を冷やすのではない。真水の冷却水で原子炉を冷やし、熱くなった冷却水の熱を海水で取り除く仕組みだ。
こうした構造であるから、海水を取り込めなくなると、原子炉を冷やせなくなる。福島第1で起きた電源の全喪失という事態は、冷却水を冷やす海水ポンプも動かなくなったということだ。詳しい情報が表に出ていないようだが、仮に海水の取水施設に大きな損傷があれば、所内電源が回復し冷却装置が動き出しても、冷却水を冷ます海水の確保に苦労する事態も考えられる。3/21 日経 

福島第1原発3号機、屋上から灰色がかった煙
@東京電力福島事務所は21日午後3時55分頃、福島第1原子力発電所3号機の建屋屋上の南東側から灰色がかった煙が上がっていることを確認したと発表した。作業員をいったん避難させて詳しい状況を確認している。 3/21 日経

A東京電力は21日、東日本大震災で被害を受けた福島第一原発3号機で同日午後3時55分ごろ、原子炉建屋の屋上の南東よりの場所から、やや灰色がかった煙が発生しているのが見つかった、と発表した。煙は使用済み燃料プールがあるあたりという。電源復旧にあたっていた作業員を一時避難させ、現場を確認している。煙は少なくなっているという。当時は放水していなかった。 3/21 朝日  

3号機水位不明プール破損なら放水漏出の恐れ
3号
機ではすでに、1425トンのプールの容量を大幅に上回る計3742トンが放水されているが、水位は依然として、不明のままだ。4号機については、プール自体が破損している可能性も指摘されている。プールでは通常、冷却水を循環させながら燃料を冷やしているが、地震で循環が止まり、水が過熱して蒸発している可能性がある。京都大原子炉実験所の宇根崎博信教授は「3号機に初めて放水した際、水蒸気が激しく噴出したことから見て、水は極めて少なかったはず。途中で拡散したり、プール以外にかかったりするため、実際にたまった水は放水量の数分の1ほどでないか」と指摘する。3、4号機ともプールがある原子炉建屋は爆発や火災に伴って、大きく損壊しており、がれきがプール上をふさいでいる可能性も否定できない。さらにプール自体が破損していれば、放水した水が漏れだし、水位が回復していない可能性もある。米紙ロサンゼルス・タイムズの電子版は18日、米原子力規制委員会の見解として、4号機の使用済み核燃料一時貯蔵プールの壁か床が破損している可能性を指摘した。 3/21 読売  改行無視 阿部

○福島第一原発、基準6倍のヨウ素検出 核燃料の損傷確実
東京電力福島第一原発で、基準濃度の6倍のヨウ素131が検出された。セシウムも見つかった。東京電力が21日発表した。いずれも核分裂によってできる代表的な物質で、原子炉や使用済み燃料プール内の核燃料が損傷していることが確実になった。
東電が、1号機の北西約200メートルの空気中から採取した物質を19日、事故後初めて調べた。
その結果、ヨウ素131の濃度は1ccあたり5.9ミリベクレルだった。1年吸い続けると、300ミリシーベルト被曝(ひばく)する濃度だ。作業員は、体内に入らないようにマスクをして作業している。 3/21 朝日

○AERA:原発特集で謝罪「放射能くる」の表紙に苦情
「放射能がくる」とのタイトルで防護マスクの写真を表紙で大きく掲載した19日発売の週刊誌「AERA(アエラ)」3月28日号に対して苦情が寄せられ、出版元の朝日新聞出版が21日までにインターネット上で謝罪した。  3/21 毎日

風評被害タクシーや旅館にも?
福島県では風評被害が広がっており、乗車拒否や宿泊拒否も起きている。神奈川県在住の主婦(50)は「福島県に向かおうとしたら、タクシー会社2社に乗車を拒否された」という。主婦は福島市にいる被災した両親を迎えに行こうと、栃木県内のタクシーに予約の電話を入れたが、電話した2社とも「放射性物質が危険だから行くなと上司に言われている」と断られたという。乗車拒否したとされるタクシー会社は「19日にまで、50キロ圏内に向かうことを控えていたのは事実。会社で総合的に判断したもので、悪意や作為ではない」としている。また、厚生労働省には避難している被災者から「福島県から来たというだけで宿泊を拒否された」などの匿名の苦情が2件あり、岩手県の旅館からも県を通じて「福島からの避難者を泊めても大丈夫か」などと相談があったという。3/20 産経  太字はいずれも阿部
                                                       おわり

                     大沼通信11-03-20へ