11-03-20(2011年 12号)
 新聞を読む 拱手傍観 3 言葉いくつか

○発電所の電気不足
「…電気を生む発電所が電源を喪失し、電気不足で危機に陥った」 03/19 「卓上四季」
そういえば、中東産油国のガソリン不足がニュースになったことがある。油田の見える町でクルマが行列している写真。産油と製油はちがうから…云々。飽食で食べ物を捨てる国と飢餓の国も地球規模で言えば、同じアンバランスか。

○仙人
ドイツ語でアインは1、シュタインは石で、故多田富雄氏の「一石仙人」は、アインシュタインを主役にした能だという。上記「卓上四季」の書き出し。へええ、考えたものだ―初めて知った。

ここからちょっとややこしくなるが、さきごろ、私が美しいものの1つに選んだのが E=MC2 の方程式だった。アインシュタインの、核爆弾の根拠でもある理論だ(「丸の内朝飯会」リポートの私のレジュメ参照)。

そのリポートのタイトルは「B・C・C策戦」。そして、それを聞いてくれた1人の感想が「B・C・C・美・詩・死、ねぇ。困ったなぁ。喜寿を迎えて阿部さんは仙人に近づいたか。凡俗の私から遠ざかったか」だった。

もう1人、たまに私の顔を見ると、きっと「モーゼ」みたいだという方がいる。旧約「出エジプト記」に出てくる、あの鬚を生やした老人、映画「十戒」のリーダー。120才で死んだとされる仙人風。

そして先日、同窓会のメンバーが、私を冷やかして言ったのが「不老仙人まがい」。
つまり、私はそろそろ仙人なのである。そう言えば、以前「久米の仙人」とからかった奴もいたか。自分でも霞を食って生きているように思う!?

ところで、福島の原発も、もとはといえばアインシュタインの理論。仙人が一石を投じたにしては波紋が大きいが、もちろん一石仙人の責任ではない。現人類は何でもやるのだ。ユダヤを虐殺するナチス征伐に促された科学の一面という人もいた。

原発事故は津波のせい、といっても何にもならない。何を言ったことにもならない。
「絶対安全」で押し通してきたが、押し通し切れなかった。絶対という言葉。「絶対」はなかなかないから「絶対の探求」(バルザック)などが書かれる。
それでも原発はまた新設されるのだろうか。多分イエス。改良型とか言ってね。それが現人類の動かされ方。

関東大震災に遭遇し、またここで被災された人がいるかもしれない。東京で焼夷弾の雨に打たれて以後、またこの東日本(または東北関東)大震災で被災された人もいるかもしれない。大災害は繰り返す。天災とは限らない。たまったものではない。

○言葉ふたつ
「ただちに健康に影響を及ぼす数値ではない」―このあいまいさ、いい加減さが、風評を広げているのでしょうが。
○「いまの現状」という言い方。理解は可能。

○気になるニュース 19日、東京新聞、20日、道新が報道
米専門家、4号機プールに亀裂か 冷却困難も、と指摘
【ロサンゼルス共同】米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は18日、東日本大震災で被災した福島第1原発4号機について、使用済み燃料プールに亀裂が入り、冷却水が漏れている可能性があると報じた。米原子力規制委員会(NRC)の複数の原発専門家の分析として伝えた。
亀裂の場所などは特定していないが、同紙は、漏えいが事実とすれば放水などによる冷却作業が一層難しくなり、「打つ手のない」(米物理学者)状況に追い込まれると指摘している。
NRCの専門家は同紙に対し「(地震発生から)数日だけで、これほどの量の冷却水が蒸発するのは疑わしい」との見方を示した。亀裂の原因としては、地震の強い揺れや、それによる機材の落下が考えられるという。
ニューヨーク・タイムズ紙(同)も、原子力企業幹部による同様の分析を紹介。米政府当局者は、4号機の建屋で15日発生した火災が完全に鎮火したかどうか確信を持てていないと伝えた。


物理学者が「打つ手がない」といっている。
とすれば本当にメルトダウンじやないか。えっ。

  鼠径ヘルニアでの五稜郭病院入院は26日、手術は31日と決まりました。
                                                  おわり

                     大沼通信11-03-18へ