11-03-18(2011年 11号)
○新聞を読む  拱手傍観 2  遠い日本 

○よく分かる・良い新聞写真 
日本国は老人国でクルマ社会。電気依存症の症状。

パソコンで見る動画もすごい。海外ものには人体、遺体の部分なども写っている。
少し離れて日本を見るのも必要か、なんて。

○宮沢賢治引用コラム―2紙同日
「…名作『グスコーブドリの伝記』は1人の若者が自らを犠牲にして人々の命を守る話だ…」
「天声人語」 3/18」
「岩手県花巻市出身の宮澤賢治は、ふるさとを『イーハトーボ』と呼んだ。―不思議な響きだ。(このあと『銀河鉄道の夜』からも引用」 「卓上四季」 3/18

○事故原発が「千年に一度の津波に耐えているのはすばらしい」 ―経団連米倉会長 3/17 道新
 「(福島の1号機は)米国GEの設計をそのままコピーしたので、津波をまったく想定していなかった(2号機からは改良)」―設計技術者  3/17 道新。

○「原発推進見直し検討」 3/18 道新夕刊
ほかにも「エネルギー政策の転換検討」「建設当面中断」「東通原発本格工事先送り」など。下線阿部

○小さい国土に原発林立。現在運転54基(2010/5現在)中の6基の事故でこの有様
地名だけ列記。東海、敦賀、泊、女川、東通、福島、柏崎刈羽、浜岡、志賀、美浜、大飯、高浜、島根、伊方、玄海、川内 計54基。

○名称
「東北関東大震災」―NHK、「東日本大震災」―新聞。
自由か、ツッパリか、官か民か、どちらに落ち着くのかね。 停電も「輪番」か「計画」か、こちらは吸収されたかな。道新はカッコつけ―記事初出のときだけ「計画停電(輪番停電)」。

○送電がストップすると原発が危険になるなんて
「自家(所内)発電は自動停止」「非常用は津波で停止」「外部電源は送電線倒壊で停電」

○「決死」―戦争用語とは限らないが、最悪、最後の手段や必死より強いよう。 
「『決死の作戦』敢行」「極限状態での決死の作業」「決死の覚悟で立ち向かった」。

   消息不明(音信不通)の友人が何人もいる。無事だとは思うが。
   被災者のつらさはいかばかりか。無一物とは。

   明日は鼠径ヘルニアの受診。入院・手術の日取り決め。12日、病院へ行けなかったので。

                                                     おわり

                     大沼通信11-03-16へ