11-03-16(2011年 10号)
毎日パソコンにしがみついている。多種類の新聞が読めるので、ついついあちこちクリックし、きりがない。
テレビはあまり見ないので、短いが動画を見る。臨場感が味わえる。繰り返し見るものもある。あの津波の押し寄せ方、引く力。
記事のいくつかを記録のつもりでピックアップ。原発がいよいよ最悪の事態のように読めるので。

 安全神話の崩壊 突然の廃炉で幕引きか 地域振興の夢破れ
○河北新報「河北春秋」 11-03-16
…▼国や東京電力が強調する安全性を信じてきた地元住民の無念さは察するに余りある。震災の被害を乗り越えようとする人々が古里からの避難を強いられる。地域振興の夢は、突然の廃炉という形で幕を下ろすのか▼被ばくの危険から身を守るためには、迅速で正確な情報が欠かせない。政府と東電の対応が十分でないことを多くの人が感じてきただろう。ようやく対策統合連絡本部が発足した。しっかり機能してほしい。

 都知事の「天罰」発言 78才で立候補とはご立派
○東京新聞「筆洗」 11-03-16
…▼原発に近い被災地では、放射能の被ばくの恐怖とも闘っている。そんなときに、石原慎太郎都知事は津波を「天罰」と言った。翌日、撤回、陳謝したが、何万人もの安否が不明なのに、想像力を欠いた言葉を吐く人物に首都の防災を任せられない▼エレベーターがなければ暮らせない超高層のマンション、二十四時間営業のコンビニエンスストア…。気が付けば私たちは、無尽蔵に電気を使えると錯覚しながら生活していた。それを「豊かさ」と思い込み…▼FUKUSHIMAの名は今、歴史に刻まれようとしている

 
「3・11前後」は流行語になる
○朝日新聞「天声人語」 11-03-14」
…わが防災意識や人生観は、
「3・11」の前後で一変した。日本に住む限り、誰もが被災者になり得る、「千年に一度」は明日かもしれないと▼もう一つ、震災で変わりそうなのは原子力発電へのまなざしだ。福島第一原発では、建屋が吹っ飛んだ1号機に続き、3号機の異変が伝えられた。関係者の禁句、炉心溶融の字が見出しになり、安全神話は崩れた。「想定外」は言い訳になるまい

 自力で避難始まる オカミは頼りにならない、昔も今も
○ヨウ素、セシウム、シーベルト、ベクレルと避難
・文部科学省は十六日、東京電力福島第一原発から約二十キロの位置にあり、屋内退避区域になっている福島県浪江町周辺の屋外で十五日夜、一時間あたり二四〇〜三三〇マイクロシーベルトの放射線量を測定したと発表した。平常値の約六千六百倍にあたる。
胃のエックス線健診(六〇〇マイクロシーベルト)の約半分の量で、ただちに健康に影響を与えるレベルではないとみられるが、同省の森口泰孝・文部科学審議官は「文部科学省はデータ収集するのが役割で健康にどれぐらい影響するレベルにあるかは官邸からコメントしないように言われている」と話した。
東京新聞 11-03-16

・東京電力は、16日午後4時前から開いた記者会見で、福島第一原子力発電所の正門付近では、断続的に1時間に10ミリシーベルトの放射線が検出されていることを明らかにしました。 NHKニュース

・福島市内では16日午前8時現在、通常レベルの500倍に相当する1時間あたり20マイクロシーベルトを観測。各地の数値は風向きなどの影響で刻々と変化しているが、茨城県や東京都などでも通常より高いレベルの観測が続いている。ただ、各自治体の観測点のデータはいずれも1ミリシーベルト(1ミリシーベルトは1千マイクロシーベルト)以下で、専門家はすぐ健康に影響が出るレベルではない、と指摘している。
朝日新聞 11-03-16

・福島県災害対策本部は16日、福島市の水道水から微量の放射性物質のヨウ素とセシウムを検出したと発表した。検出された量は、国が定める摂取基準には達しておらず、飲んでも健康に問題はないという。同本部は、福島第1原発の事故により放出されたとみている。同本部によると、県原子力センター福島支所(同市方木田)が同日午前8時に施設の水道水を採取。分析した結果、水1キログラムから、177ベクレルのヨウ素と、58ベクレルのセシウムを検出した。
 
・福島原発、混乱の8万人避難 情報不足、いら立つ現場  
約8万。福島の原発事故で、避難指示を受けた10市町村に住んでいた人の数だ。かつてない規模の避難民に、行政や警察の対応は追いつかず、自力で県外へ逃れる人も増えている。
危険な状態が続く福島第一原発から遠ざかろうと、県境を越える動きも出始めた。 朝日新聞 11-03-16

 風向きがニュース 避難・脱出用にも
・東京電力・福島第一原子力発電所の周辺では、冬型の気圧配置が続くため、18日ごろまで陸側の北西から海側の南東に向かう風が続く見込みです。

▼「シーベルト」とは  NHKニュース 11-03-12
「シーベルト」は、人が体の外から放射線を浴びたり、体の中に放射性物質を取り込んだりした時の被ばくの程度を表す単位で、放射線が人体に与える影響を示しています。
ICRP=国際放射線防護委員会は、一般の人の被ばく限度量を「1年間で1シーベルトの1000分の1に当たる1ミリシーベルト以下に抑えるべきだ」と勧告しています。
また、原子力施設で働く作業員に対しては、法律で、1年間に50ミリシーベルト以下、また、5年間で100ミリシーベルト以下にするよう定めています。
福島第一原子力発電所の敷地境界付近で、12日午後3時29分に測定された放射線は、1時間に1015マイクロシーベルトで、これは一般の人の被ばく限度量を1時間で超えてしまうことを意味しています。
また、人体に目立った影響が出るとされるのは、200ミリシーベルト程度で、7000ミリシーベルトを浴びると、ほとんどの人が死亡するとされています。
▼ベクレルは放射能の量を表す単位で、国の原子力安全委員会が定める摂取基準は、水1キログラム当たりヨウ素が300ベクレル、セシウムが200ベクレル。東京新聞 11-3-16
                                                       おわり

                     大沼通信11-03-15へ