11-03-15(2011年 9号)     
○拱手傍観 
刻々変わる事態を拱手傍観するしかない。余震が続発し、まだまだ危険で、これからも何が起こるか…。
感想といってもレベルが低いし、よけいなことを言えば無責任になる。自分のため、記録しておくに留めよう。

津波の様子はパソコンのいろいろな動画で再生できる。海外ニュースや自衛隊撮影の映像なども簡単に見ることができる。悪魔の目で見ているときがある。すごいスペクタクル。

先ず、原発の怖さが際立った。どちらに転んでも!? あとを引こう。
大変事となったら、犠牲もさることながら、反対者は「だから、言ったじゃないか」だろうし、逆にそれを凌いだとしても、あるいはメルトダウンしたとしても、「原発の電気は必要、停電のことを考えれば分かろう」となるのではないか。

復興・回復にどれだけの金と時間がかかるやら。その間の多勢の人の辛苦・難儀などは想像しがたい。
いずれにしても日本の立場が低下し経済のやりくりは一層困難になろう。影響は経済にとどまらない。文化・文明の論になろう。そして素人発言は、ここらで止めるべきであろう。

現在のニュースを摘記   15日夕方
「日経平均終値8605円 下落率10.55%は歴代3位」
ニュースの項目として、次は経済、といってしゃべるのが株価のこと。悪い冗談に聞こえるが、あちらはまじめ。も1つは買いだめ。戦後の「闇」時代を思い出し、日本国民進化!? の程度を計る好機だと思う。生産流通等の記事もあるが、なべて軽くて薄い扱い。政治が庶民の暮らしを大事にするわけがない。
「福島県南相馬市 町が消失」 
地震・津波の規模が分からない段階のとき、アナウンサーが息を切らして「壊滅」と繰り返す。私は、壊滅とは何事だ、もっと具体的に言え、とイライラしたが、動画を見て、他に言いようがないと納得した。そう、まるっきり無くなったのだ。
「福島第一原発1号機、燃料の溶融が進んでいる可能性」
「炉心溶融は、想定されている原発事故の中で最悪の事態だ。これが進むと、爆発的な反応を引き起こして広く外部に放射能をまき散らす恐れもある」。 03ー12 14.22 朝日
12日に既にこう書かれていた。爆発が、3、2、4号機と続くと、語幣があるが、ドラマティック。5、6号機も、となるとなんと言えばいい!?
「3.11は社会変える」   「大震災座談会」から…吉岡忍氏の発言  03ー14 朝日
「...阪神大震災当日の現場に入ったが、巨大災害は究極的にはコントロールできないと感じた。被災者は単に弱者ではなく、必死に生き延びようとする当事者だ。それへの敬意を持ちながら、彼らをどう救援するか。生命財産だけでなく、彼らが生きてきた漁村の歴史、文化まで失うところに直面している。そこに対する救援対策は日本は全然ない」「3.11も日本社会を変えるかもしれない。政治の混乱などはある意味吹っ飛んで、もっと大事なことがあるだろうと。われわれが人間や社会をどう見るか、必要なものは何か、根本から見直すきっかけにしなければならない」。

○予定変更とこれから
12日のヘルニア受診延期(JR不通)。13日の札幌行き中止(特急運行は午後から)。11日付「大沼通信」メール便未発送(集荷なし)。
19日外来受診、入院・手術の日取り決め…25日のリブリのあとを希望。

○場ちがいか
急死した先輩のお通夜(3/13 鶴見)での一話題―後輩からのメール(私は欠席) 
「…それに比べて大病歴の貴兄は「不老仙人まがい」と驚きの声しきり。どうぞお大事に」。
                                                        おわり

                    大沼通信11-03-11へ