11-03-11(2011年 8号)
○もっきり屋さん(立ち飲み屋)
谷地頭温泉の帰りに立ち寄ってビールを飲む癖がついた。最近は時間があれば、日本酒も少々。
温泉上がりのビールは、風呂でつぶやく極楽極楽のすぐまた次の極楽。
「んめえなぁ」。

この老舗の酒屋さんは市電始発駅の真ん前なので電車が入ってきてからさよならしても間に合う。
常連さんたちとも口を利くようになり、話しが盛り上がる。 

←右の3人がお店の方、左端が常連さんの1人




















 

 ←常連さん2人と。看板は最近架け替えたもの


○プリンタインクのこと(追加)
前号で、プリンタの機種を誤発注し、同時にインクも誤発注したこと、プリンタは宅配便を受け取らずに返送すればよいといわれたので、インクも同じ扱いだと思ったら、そうでなく、変更もキャンセルもできないということだったのでソンをしたと書いたが、どうも落ち着きが悪い。で、事情説明というか、抗議のようなメールを送った。
要は「1、2日の違いで、まったくの不要品となる品物なのだから何とか救済措置はないか」と。回答は「なにとぞご容赦を」であった。それでは何も言っていないのと同じだと、2度目のメールを送信した。最後は「サービス精神で扱ってください」と書いた。そしたら、今回限りで送料(返送2回分)を差し引いた金額の返金に応じるとの回答が来た。4323円−2320円=2003円のソンで済んだわけ。新聞の運勢欄に9月生れは「焦って行動すると損する」「行き詰っても活路あり」とあったので、その占いに従ったら、「棚ぼた的な出来事も」というほどではなかったが、短気を抑さえた効果はあったと思うことにした。

○先輩逝去78才
1年先輩の急逝の報せが舞い込んだ。猿山輝男氏。肺がん。毎年の同窓会に出席し、親しくおしゃべりしていたが今年2月の同窓会に限って欠席、心配していた。聞けば脳腫瘍の手術直後で、次は病院を変え肺腫瘍の手術とか聞いていた。
グループ旅行のときは幹事役を引きうけてくれたり、定年後は撮影旅行で全国を飛び回っていた元気者。グループの写真展にもよく出品していた。
高校時代はバスケットの名選手で、学生新聞の論説委員を兼ねた。親分肌で、何となくいつも中心的存在になる人だった。サッポロビールに入社、定年退職。
その縁で都内あちこちの「ライオン」で同窓会をやったが、どこも格別のサービス。「お前は黒生専門で、まったくよく飲む奴だな」とあきれながらも、いくらでも追加注文をしてくれるのであった。
同窓会ツアーでは函館にも来てくれ、夜景を見たり函館公園や五稜郭公園に遊んだこともあった。

○ヘルニア手術の日取り未定
循環器系の検査が終わり、心臓も元気そうに動いている!?ので手術できるということになった。3、5、7、8、9日と病院通いでようやくここまで。明日12日に、多分、日取りが決まるのではないかと思う。13日は札幌へ落語を聞きに行き、夜は焼肉。14日はビッグジョッキで黒生飲み放題コースは変わらず。入院は早くても16日以降。

○1円の古書
ネットで井上ひさしの本を1円で買った。もっとも、上・下の下は341円で、手数料を含めると2冊で842円となったから1冊あたり400余円だが、それでも安いと思う。「四千万歩の男(蝦夷篇)上・下」。
同氏の文庫本「私家版 日本語文法」「自家製 文章読本」はどちらも1冊460円。
                                                   おわり

                    大沼通信 11-03-06へ