11-03-06(2011年 7号) 
○目が弱くなった
パソコンを控えめにしなくてはなるまい。ホームページの更新も回数を減らさなくてはなるまい。人相が悪くなるのは仕方ないが、失明は怖い。
77歳半。ここにきて急に脳力・体力が減衰してきた。

○鼠径ヘルニアのその後
通常は1泊2日のコースというが、私の場合、血栓予防(心房細動)のため、ワルファリンを服用しているので、血が止まらないおそれがあるという。で、そのことが影響しないよう、手術の前後4日間の入院が必要といわれ、あわせて10日間の入院。
腹というか上半身3度目のメス入れ。
今月は、札幌の落語(13日)とリブリ(25日)があるので、10日間をどこにするかの問題がでてきた。8日の循環器科受診で決まるかどうか。外科の外来診察は12日だから、そこで15日以降にしてもらうことが可能かどうか。25日のリブリに間に合うかどうか。札幌のホテルはキャンセルか。
ワルファリン処方のクリニックと手術病院が別だから、医師の手紙のやりとりや紹介状のことで3日、5日、7日、8日と病院通い。

○プリンタの故障・買い替えとインクの高いこと
プリントがうまくいかなくなった。修理すると1万円以上かかる。キャノンの出張所に当方が車で運び入れ、それを札幌に回すというので何日かを要する。新品を買ったほうが早くて安い。
3度目はエプソン製にしてみた。しかし、インクを3回買うと本体価格を上回る。それはキャノンも同じ。日本の国情というべきか。「寡占企業をやっつけろ」といいたい。ま、激安インクの質向上によって大企業の値下げを引き出すほうが穏やかかもしれないが。激安ものは盛んに宣伝しているが、まだ品質が不安定のよう。
6日から使用開始。

○ボケ現象いろいろ。例えば、
ボケは死語になったか。自分で自分のことを言うとき便利だと思うのだが。ちかごろ認知症になっちゃってねぇ、というよりいいと思うのだが。痴呆症もなくなったのか,分からなくなった!?
死語というにはむごい感じさえする国鉄も「旧国鉄」で頑張っていた井上ひさしが亡くなり、とうとう「JR」になりそう。会社の名も、とうに日本語ではない。どころか、鉄道というだけでなんだか古臭い感じとは。
秋葉は秋葉原になって長いが、AKB48とかで秋葉として復活するだろうか。
さて、ボケで失敗のいくつかを。

@ホテル宿泊料金領収書の見落とし 1時2重払い
銀座のホテルにチェックインするとき、1部でいいから前払いして、というので3泊分を払った。チェックアウトのとき、残り6泊分をカードで支払ったが、ホテル側がまちがえて9泊分を引き落としてしまった。領収書をろくに見ないでホテルを出てしまい、空港にいたとき、電話で謝ってきた。

Aプリンタの機種スペックの見誤り
「ドット価格」のサイトで買い替えの品物を選んだ。けっこう考え、迷い、ようやく、これ、と決めて注文した。ところがその機種はコピーもスキャンの機能もないのであった。翌日、慌てて取消というか、変更を申し込んだが、「出荷準備」の過程に入っていて、変更不能と出た。いろいろやって、なんとか電話がつながり(人間の声を聞いた途端、それだけでホッとした)、荷物が着いても受け取らず、そのまま返送してくれと。
その値段なら大体コピーとスキャン機能がついているのが普通なのにと愚痴ってもはじまらない。

同時に注文したインクは販売会社が異なり、そちらはキャンセルも変更もどうしても不可能だという。しかし、注文のわずか1日あとで、「未発送」だが「出荷準備」段階といって、不用品と分かっているものを売りつけるだけで取替えないのは、ひどすぎると思う。たとえていえば棚の隣りのインクに取替えるだけではないか。客に間違いだってあり得るではないか。送料程度は負担するから、ワンセット5000円近いソンはなんとかしてもらいたかった。

Bカード暗証番号のまちがい
郵便局の払い戻しに手こずる。たしかなはずの数字がちがう。手帳で確かめたのにそれでもちがう。3回やったらカードがロックされた。解除するには何かの書類を書かなければならない。ところが、ちょきん通帳の住所と身元確認用の保険証の住所がちがった。函館市と大沼町。住所変更手続が必要になった。通帳とはんこと免許証を持ってきて、となった。保険証かパスポートでいいようだが。

○「丸の内朝飯会」リポートの感想
私のリポートについて、当日出席者の感想が翌週の「たより」に載った。で、やや旧聞に属するが、その1部を転載させていただく。

・北から寒さを運んできたようだ。でも『丸朝』は参加者あふれ、熱気あり、でした。
・「星は何でも知っている」という歌がありますが、阿部さんは「何でも知ってる」なと思いました。お酒が入るともっと世界が広がり、宇宙をただよう感じです。
・美は身近にある。それに気づくのは経験と内面から。美に打たれる経験はまだしていない。
・興味深いテーマでした。美・詩・…その人なりに感じればよいと思いますが、それを高めていくこと、よりその意識を高めていきたい、と思っています。その努力も必要ですね。
・表裏がなく人を魅了する達人、元日銀マン阿部氏(の話)に惹きつけられ出席者は毎回極めて多数。その全員が酔いしれた朝でした。
・美に打たれることについて。「丸の内朝飯会」の人と考える・共有できる空間の中にも、美があると思いました(初参加)。
・育児一色の毎日なので、こういったお話を聴くことができ新鮮に感じました。
(たよりの余白に「久しぶり26人の出席。幼児の出席も初めて」とある。その幼児の母)
・「美に打たれる」。鮮やかでした。すごく、すごく、よくわかりました。雪おろしにうかがいたいです。(ひと言メモとは別の用紙に)
・自然の心(美)と自分の心がひとつに融け合ったと思えたとき、死んでもいいかな、と思えるのはたしかかもしれない。
・美は身の回りのあらゆるところにあるとの言葉が印象的でした。自分の感性が大事だということでしょうか。さすが阿部さん!!
・B・C・C・美・詩・死、ねぇ。困ったなぁ。喜寿を迎えて阿部さんは仙人に近づいたか。凡俗の私から遠ざかったか。
・1つの疑問が解けてスッキリしました。現在、質素な生活を美として楽しんでいます。嬉しい!! ありがとうございます。
・美に打たれ続けるのもひとつの才能、能力のようなものかな、と思いました。磨けるものでしょうか。
・死と美…は離れてはいない。美の極致と死の瞬間は…。「美しきもの見し人は、はや死の手にぞわたされつ」(プラーテン―仏、詩人) ありがとうございました。
・阿部老の美への感性に拍手します。
・70才過ぎてから、歌声の音声に胸が躍ったことがある。ジャズダンスで女性のしなやかな動きに、腹から、筋肉がふるえた覚えがある。仕事しか関心がなかったのに、です。
・阿部老の「美に打たれて死にたい」!スゴイ!!実直な語りに感銘。
・非常に味わいの深いお話でした。私も喜寿まで知を探求してゆきたいものです。
・…美のいろいろ、天然・自然の美と人工の美、ローマは屋根のない博物館。いい言葉です。阿部さん、ありがとうございます。
・10年前、「日本の美 京都の庭」のレポートをされました。阿部さんは本質的に美を追求する人生だったんだ、と思った今朝でした。
・美という計り知れない「もの?」は、人間が解るのか、人間が創るのか。
・要は死んでもかまわないと思う位の美や詩を感じる人生にしなさいということだろう。そして美も詩も人が限りを尽くしたもの、変身に変身を重ねたピカソ、削りに削ったジャコメッティの中にある。1週に1度、1ヶ月に1度、美詩死(BCC)を感じる人生になりたい。
・Abe san's comments are always sharp and clear. It extracts deep truths from everyday life,arts and books.Very interesting.
                                                   おわり

                             大沼通信11-02-27へ