11-02-27(2011年 6号)
  「丸の内朝飯会」のスピーチ2つ   近く鼠径へルニア手術の予定
   在京中、友人たちとの飲み食い    「レジュメ」へのリンク 
   2月のリブリ 加藤周一「読書術」    
○上京 2月9日から18日まで9泊10日 飲みまくり
 「丸の内朝飯会」でのおしゃべりリポートが、メインの目的だが、私のこの上京に合わせて開いてもらうのが、ある法要と高校同窓会。
 毎年この3つの会に出ることにしているのだが、昨年は上京しなかったので、2年ぶりの東京。 そして、今回は「丸の内朝飯会」で友人のファビオ・ボッチにもしゃべってもらうことにしたため、彼の紹介者として翌週の例会にも出席し、滞在が長くなった。
 銀座の安ホテルに泊まって銀座中心に飲み食いした。今回はその話。
 何をしゃべったかというと、題して「阿部喜寿老のいたずら話 B・C・C策戦」。
BCCは日本語に直すと「美・詩・死」。英語にこじつけると「Beauty Create Cycle」。
 ↑会場は銀座2丁目の老舗喫茶店「ルシール」。今月で閉店するが、4年もの間、毎週1回、朝7時15分から開けてくださり、食事を提供し続けてくれた店

私のおしゃべりは省略し、しゃべらなかった部分のほうが多いレジュメを、ご参考まで、文末にリンク付けしましたので、そこから開くことができます。

○ファビオさんのスピーチ
 翌週2月17日は、ファビオさんの「ローマから東京に移住して」と題するスピーチ。
 流暢な日本語にびっくりした方が多かったよう。
 「丸の内朝飯会」だよりに、出席者のひと言(メモ)の感想が載っているので、その1部を紹介することとする。

「ローマから東京に移住して11年、学生時代に兵役1年、日本人とイタリア人のちがい、買い物のおもしろい話し。美人の夫人と人形のようなジュリアちゃん」
「イタリアの大学の仕組み。兵役の義務があるのだ。『ちなみに』など日本語の上手なファビオさん。ありがとうございました」
「ファビオさんの誠実な人柄に感銘。日伊の貴重な人財になってください」
「ボッチさん、つつましやかな感じのお話。日本語が明瞭な発音だったのでよく聞き取れました」
「世界遺産の宝庫。イタリアにもショッピングモールの濫立。正社員になれない者も増加。グローバル化の悪弊」「日本とイタリアの美のコンセプトがちがうという。(日本は)シンプルなところに美を求める。大理石の大がかりな建造物などが要るイタリア。学生のインターシップと派遣システムが若者の自立を妨げている。若い人をサクシュしている」
「ファビオさんと朋子さんが結婚することで日伊親善が一歩進みました。好男子と大和なでしこですから周りからも祝福されていることでしょう」
「せっかく準備をしていたのだから、自己紹介に時間を割くよりも文化の比較等後半の話しに重点を置けばよかったと思います」(朋子夫人)
「奥様のコメントはもっと日本とイタリアの文化比較に時間を使えばよかったと書いてありますが、甲村さんも同意見でしたが、とてもいい自己紹介でした。どうしてイタリアの方が今日本に住んでいて、何をしているのか、それが実に興味あるところで、ファビオさんの子供の頃から青年に至る興味の持ち方、そして出会いがあって今日あることが如実によく分かって、素晴らしいスピーチでした。次回もまたお話しいただき日伊文化論さらに深くおねがいします」
人の出会いの不思議。人生は楽しい。ボッチ夫妻に祝福」etc.


ローマで彼と知り合ったきっかけ、付き合いのいろいろ、会話交流などは残念ながら省略。

彼の簡単な略歴。
ローマの南60キロのラティーナ出身。ローマ大学電子工学部卒業(在学中に兵役1年…現在は義務なし)。ピアノ留学中の朋子さんとローマで知り合い日本に移住。神前結婚。現在「プラダ」日本支社に勤務。写真のジュリアは2年7ヵ月。イタリア語、日本語、英語を習得中。なお、朋子夫人はピアノ教師。

←早起きさせられたので初めは不機嫌そうな顔。そのうち元気が戻り、ニコニコ。帰るときは手を振って「チャオ!!」


○おしゃべり飲み食い 
09日 上京  ホテルチェックイン  夜 旧知の江口、山初君と飲み会 京橋中華料理「国泰飯店」。
 40年も昔からの付き合い。大学を出てぼちぼちの1人とまだ大学生だった1人。いま、1人は全国信用保証協会連合会で運転手つきの車を乗り回す現役、1人は築地の日刊食糧新聞社前社長。彼らは昔、中野区白鷺の日銀社宅によく出入りし、ほかにも青年たちがうろちょろしていたので、「梁山泊」と名づけたたほど。今回はどうしても会いたいというので、翌朝早くスピーチする前夜にもかかわらず、車のお迎えで、近くの中華料理店へ。高級焼酎「森伊蔵」や「魔王」、日本酒「八海山」などを次々に飲んだ。絶えないビールは水代わりと豪語して。こういうおごられ方もいいものだと遠慮なく飲んだ。2人を残し私はまた車で送ってもらった。16日も3人で今度は神田の焼き鳥屋で飲んだが、彼らは昔に戻って、果てしもない侃侃諤諤の議論を楽しんでいた。

10日 「丸の内朝飯会」リポート 銀座「ルシール」  既述。
     昼 幹事と銀座7丁目ライオン。夜、ガ・フレと銀座居酒屋「えん」。
11日 休養 昼 近くの焼肉「韓屋」。銀座松屋でチーズなど、コンビニでビールを買い、ホテルで飲み食い。
12日 妹見舞い。高幡不動「ベスト ライフ」。弟夫婦と別れ、稲城市の妹の留守マンションへ様子見に 
    夜 銀座7丁目ライオン。1人で行っても黒生3杯。
13日 朝 映画「ヤコブへの手紙」 銀座テアトルシネマ。  
    昼 日銀同期と銀座7丁目ライオン。2次会は銀座「寺方蕎麦 長浦」。 
喜寿になったのを機にパソコンを始めた親友と飲みながら、初歩的なメールの送・受信やグーグル検索などを教えたが、その後どうなったか。初メールはまだ来ない。飲み代は全部彼のおごりだった。

14日 法要・由比の会。芝大門中国薬膳料理「味芳斎」 10人参集。
銀座のバーのママさんの20回忌。在りし日の写真を飾って献杯。常連たちもいろいろ病気をし、近況報告はあたかも罹病のオンパレード。長男が一人ひとりの写真を撮ってくれたが、遺影写真家だと自称していた。

15日 高校報道部同窓会「つばき会」。浅草「玄品ふぐ」 10人。夜 ガ・フレと銀座スペイン料理「びいどろ」。
常連の先輩3人のうち2人が欠席。どちらも病気。私の同期6人は、ま、なんとか。後輩たちも、ま、なんとかという状況。喫茶店で2次会。私だけ、そこでもビール。意地汚い。

16日 昼 日銀の友人3人と三越特別食堂。夜 江口、山初君と2度目飲み会 神田地鶏焼「市屋」。
日銀内の本屋さん2人と売店の女性が出てきてくれた。書店とも、売店とも、途中で転勤はあったものの、21歳からだから、通算すると50数年のお付き合い。店長は86歳といっていた。ホテル・オークラがやっている特別食堂で、ビールと刺身定食をご馳走になった。やっぱり旨い。
夜の会は既述したが、スケジュールを調整したとき、or でなく and だといわれた。つまり、9日か16日か、ではなく、9日と16日の両日。うれしい誘いであった。

17日 「丸の内朝飯会」 ファビオのリポート 「ローマから東京へ移住して」。既述。
     昼食会。銀座7丁目ライオン 5人。
「丸の内朝飯会」の有志が集まってくれた。銀座7丁目ライオン2階昼食会は、もう恒例化している。
論客ぞろいだから、どういうテーマが出てくるか、みんなが乗れるか、どう変化するか、誰にもわからない。談論風発とはこのことか。いつの間にか雄略天皇と継体天皇の話になっていた。iPadと電子辞書を駆使する佐藤さん。天皇系図のついでに、ナビの扱い方などを見せてもらった(教えてもらったとは言えない)。それから天皇の排泄法、ロンドンの朝の汚物投げ、ヴェルサイユの、無いトイレのことなどから、大橋さんの「スカトロジー第2回」リポートへの期待まで。
     夕食会 大手町銀行協会レストラン 6人。2次会「文蔵」 ガ・フレらと3人。
ローマで暮らしていたときに旅に来てくれたメンバーたちが集まってくれた。写真や紀行エッセーをもってきてくれたので懐かしい話から始まった。私ははじめてのレストランだったが、落ち着いた雰囲気で、ウエイターのサービスぶりも良かった。ご馳走になってしまった。
 コースでステーキまで食べたのに、2次会でまた飲み食い。最後の夜までよく体がもったと思った。
 
 ↓ 外に出たらほぼ満月。ビルの合い間やビルを前景に、氷室さんが何枚か写したうちの1枚

 帰りの飛行機は夕方近い便だったが、疲れていたので10時にチェックアウトしてすぐ空港へ向かい、マット椅子? に仰向けにひっくり返ったりして休んだ。腹が減ったので前夜持ち帰った残りものの枝豆とポテトフライを食べた。

18日 大沼に戻る

 ホテルラフィナートは銀座1丁目にある。旧京橋会館。2丁目の喫茶店ルシールまでは5分程度。7丁目まで歩いても10分程度。便利で安いが、9連泊の予約を取ったのは去年11月。

   銀ブラしていてたまたま通った夜の銀座の屋台バー
    

 言い足りないことがいっぱい、また,おみやげやもらいものもいっぱいあるが省略。感謝感謝。
 東京はよかった、いや、いい東京だった。

○リブリ
2月の本は加藤周一の「読書術」(岩波現代文庫)。24日、9人参加。楽しかった。いい本だった、読んでよかったという声。
読書メモは、近くホームページに公開するので、そのときはよろしく。

○鼠径ヘルニアで入院手術の予定
予定の話。来週診察を受ける。昨年手術した同期の男の話では盲腸より簡単で、局所麻酔で1時間足らずという。
雪掻きのとき、道具を下腹部に強く当てて雪を押して行くのが良くない。良くないと思いながら押していた。


○レジュメ 「阿部喜寿老のいたずら話 BCC策戦」 は下線をクリック
                                                   おわり