○大沼雪と氷の祭典  2月5、6日            (2/6 大沼通信 2011年 第5号)
天気になり、日中も暖かいほうで、厳寒の時期としては、いい行楽日和。
子供たちが喜んでいたが、よく転ぶことが、意外に思えた。怪我とか泣くとかでなく、ともかく今年は、よく転ぶものだ、の感じ。可愛いものだ。

全体に元気が足りなかった。静かな祭りが意気上がらず、ではつまらない。というより気持ちが悪い。
テントの売店は4時前から、もう片付けが始まった。知った顔もなかった。

雪像にも覇気というか、意欲作がなかった。
氷像はプロの仕事だから、それなりの出来だった。ただ、暖気を見通していたのか、融けるのを計算していたか、いまひとつ伸びが足りなかった。鋭さに欠けた。

○9日上京、18日まで在京
前号の繰り返しになるが、2年ぶりに「丸の内朝飯会」でおしゃべりに。
17日はローマで知り合い、のち日本人女性と結婚した青年ファビオ―いまはジュリアちゃんの父親―のスピーチ。

昼も夜もスケジュールがいっぱい。芝居も映画も展覧会も演奏会もなし。
上京したら連絡を、といってくれる方がたくさんいて、じつにありがたい。
例のライオン黒生コースも、最低2回は行くことになっている。

振り返ると、以前は東京に着くと先ず大型書店のコンファランスコーナーへ行き、買いたい本をそこへ運んでもらったものだが、いま本はネットで買うから、まぁ、行かなくても済む。そのちがい!?

              おわり
                
          11-02-06(2011年 5号)  
                                                   大沼通信11-02-02へ