11-01-26(2011年 3号)
 
               
               駒はなかなか姿を見せないのです。表紙にも使用しました。

○リブリ
幸田文の「崩れ」 1月21日。8人参加。
大積雪の中、時々雪の降る天気の中、函館からJRで来てくれたメンバーもいた。

パイやパンなどのほか、横浜朝飯会の方から小枝つき夏みかんの提供もあった。

富士山の大沢崩れは、行ったり見たりした人がいたが、他の崩れは知らない人ばかり。持参の地図で常願寺川の辺りをみんなで眺めて話し合ったりした。           大沼公園駅↑
文氏が、崩れなんかに興味を持ったこと自体についても、その強い好奇心によって次々に追いかける積極性、行動力についても感嘆の声。あるいは、崩れそのものを知らなかったのに、よくここまで描いてくれたこと、いいことを知ったうれしさの吐露。大地という動かないことの代表みたいなものが動く現実をどう受けとめたか、各人の読んでの実感。たとえば舟釣りに出て揺られ、戻り、地に着いたときの「しっかり感」とでもいう地に足が着いたときの安定感。
作者の人間性の良さ。旅の中の思いやり、心遣い、感謝のサマ。
72歳体重52キロで、おんぶしてもらい、そのおぶい紐がモスリンで女の人の手をわずらわせたと書く細やかさなど。また、文章や言葉遣いの美しさ、独特さ、品の良さ。そんなことが次々と出た。大橋氏の読書メモにもあったように、この本は好評といってよかった。             

○大出先生のファックスから
@デコちゃんの思い出
省線の中、つり皮にぶら下がりながらひょいと前を見る。美しい香りの女の人がフランス語会話の本を見ている。電車が揺れて目と目があった。その人は本をふせた。頬がほんのり赤かった。秀子さんだった。大女優が省線に乗ることってあるんだろうか。遠い遠い昔のことです。
  谷地頭温泉から函館山の山腹を見る

A落語会が終わって
「なんかものたりないような気がしますねぇ。」「そうね、なんでしょう。」「そうだ、阿部さんがたりないんだよ」。 お会いする日を待ちつつ。さっ平。

B先生の俳句
四面ビル初日の見えぬ寝正月

○私の川柳
白鳥が冬雲と化し山を越す
海峡の雲間光りてナイヤガラ

○さて、リブリが終わり一段落
その一段落気分が、ほっとしたというか、やれやれというか、前より大分大きくなった。早く言えば疲れるようになったということ。しかし、本読みが好きだから、すぐ翌月の本に向かう。しかし、その間に関係ない本を読むのも1つのたのしみである。また、そうしないと積んどく本が溜まることになる。読めば感想を書きたくなるが、それを書くとなると時間を食うから、それならいっそ読まないほうがいいかなんて、笑えない冗談に逃げたくなるときもある。
次回は加藤周一の「読書術」。中にアランの言を紹介して「…本を読むのにノートをとる必要はない。ノートをとらなければ忘れてしまうようなことは、忘れてしまったほうが衛生的である。忘れられないようなことならば、わざわざ紙に書きつけるには及ばない」。いろいろ言うものである。ま、私流に読むことを楽しもう。

も1つ、机の上や周りが要整理の状態になっているから片付ける。それにも時間をとられる。今月は「図書」「一冊の本」「本の窓」という広報誌を捨てることにしたが、仕切り紙を挟んである号は見直したり、一応、目次くらいは見てからにする。止せばいいのに、連載されたダンテ「神曲」の新訳を切り抜いたら「地獄篇」だけで分厚い1冊になってしまった。これは始末に困る。製本すれば新本を買うくらいかかるのではないか。出来上がったとしても紙質が悪いからヘナヘナ本。ハハ。その他の新聞切抜きの整理もひと仕事。ハハ。

そういえば、古い切抜きを上手く利用しているとほめられたっけ。リブリの参考資料として役に立ちそうな切抜きをプリントするのだが、数年も前の切り抜きのときがある。「天声人語」などを該当の文庫本のページに挟んでおいたりするのである。

気分もリラックスするので昼間からビールを飲む日もある…ばらしちゃったか…350cc1本。
                                                       おわり

                          大沼通信11-01-16へ