11-01-16(2011年 第2号)
○兜太氏から今年も年賀状をいただいたのでご披露させていただきます。 ありがたいことです。
      
○豪雪厳寒
大沼一帯がとても寒い。雪も例年になく深い。言うまでもないが、東北・北陸などの豪雪や道央などの酷寒地帯に比べればタカが知れているが、老化も響いて、この冬は寒さ一入。

長屋のパソコン部屋―Aハウス―は、夜は火を落とす―古語か。ストーブを消す―ので、冷え切ってしまう。翌日、部屋に入ってもマイナス気温だから、家全体でいちばん温かいのは冷蔵庫の中ということになる。水道の水を出すにも、まず家を温めてから。その間にトイレを使えば、手を洗うのは冷蔵庫のペットボトルの水となる。
1、2階3個のストーブを点け、電気カーペットに通電してからも、ダウンジャケットのまま、室温が5℃ぐらいまで上がるのを待つ。
パソコンが使えるようになるには30分ほどかかるし、ストーブのやかんの水がなくなっても補充は利かない。ペットボトルに水を用意しているがそれも凍っているから。
20℃まで上がるには1時間では足りない。上がったとしても空気が温まるだけだから、モノに触れれば何もかもまだ冷たい。触れるものがすべて金になる話は「ミダス王」だが、こちらは何でもひんやりする部屋のお話。灯油の減り方が早いからふところのほうもひんやりしている!?

日照りでも横に吹雪いているときがある。雨だったら「そばえ」という洒落た言い方があるが、日照雪に別の言葉はあるのだろうか。
陽射しが差し込めば室温上昇に弾みがつく。最近はめったにないが、たまの数時間でも、太陽はさすが。マンションの6畳間いっぱいに、布団などを日に当てる日がある。そのマンションも暖房は間引き運転だから、夜中は寒い。起きていれば補助のガスストーブをつける。

雪かきが老人には大仕事である。屋根からまとめて落ちる時があるから、上を見ながら,間隙を縫っての雪掻きというときもある。サボると固まるからあとが一層つらい。
新雪の道、深雪の道を、毎日歩いて往復する。歩道の両側が、ところによっては身長を超す雪の壁。ここかしこに雪の大山。踏んではキュッキュッといわせてその寒さを感じそして楽しむこともある。
 
雪はきれいでもある。たとえば眼前の原っぱは雪原として美しい。   
横着して部屋から撮影したものだが、広角レンズにするか、場所を選べばもっときれいに写ると思う。

○年明け後の近況
さて、年明けその後の近況といえば、東京から友人が来て函館で飲み食いしたり―14日はJRに乗り遅れ、独りホテルのトリプルルームに泊まった―、近くの友人夫妻とも函館で飲み食いしたり、クリニックの定期検診のあと、図書館でCDや本を借りたり、谷地頭や近場の温泉に入ったり、あるいは歯科の定期健診日や生協の配達日をうっかりしたり、まぁ、のんびり・ぼんやりしている。 
                                                        おわり

                         大沼通信11-01-03へ