11-01-03(2011年 第1号)
  年末年始

○木村訓丈画伯逝く 

12月24日夜、動脈瘤破裂で急死。78歳。脳卒中で入院したものの、リハビリで順調に恢復、退院が近いと思っていたのに、急変したという。残念。惜しまれる死。25日に知らされたが、新聞に出たのは30日だった。
晩年こそ疎遠になったが、家族ぐるみの、50年になんなんとするお付き合いだった。
書けば長くなるし、正月三が日でもあるので、ここではお知らせにとどめることとする。

○高峰秀子の肺がん死が報じられた。12月28日。新聞報道は元日。
私には1番の名女優だった。1番の美人でもあった。映画によって美しくなれる女優だった。頭のいい人の美しさ。

○友人の死
昨年は大切な友人が何人も亡くなった。年々そういう風になることが分かっていても辛い。気の重い年明けになった。心気の転換がおそかった。

▲元旦の読売・編集手帳から…〈新年は、死んだ人をしのぶためにある〉。詩人の中桐雅夫は書いた。〈心の優しいものが先に死ぬのはなぜか/おのれだけが生き残っているのはなぜかと問うためだ/でなければ、どうして朝から酒を飲んでいられる?〉(『きのうはあすに』。

○ごった煮が雑煮
大晦日と元旦は、同じごった煮をお雑煮代わりにして温め、餅を焼き、おかずを和洋混淆こだわりなく並べ、アルコールも冷熱各種の缶・瓶を立て、独り豪華に飲み食いした。

▲餅詰まらせ24人搬送、6人死亡 1〜2日の東京都内   2011年1月2日 東京新聞
「東京都内で1日から2日にかけ、餅を喉に詰まらせて24人が病院に搬送され、うち70〜95歳の男女6人が死亡したことが2日、東京消防庁のまとめで分かった」。独り暮らしで声が出なくては知らせる方法もない。気をつけなくちゃ。

○リリングの第九

紅白歌合戦は、AKB48だけを見てベートーヴェンの第九に切り替えた。マイクを持ったまま飛んだり跳ねたりするのはつまらない。パソコンで彼女らの水着の動画を見ているほうがいい。

第九の独唱者4人が圧倒的だった。言葉足らずだが、日本人は敵わないと思わされた。
リリングの指揮は初めてだったが、素晴らしかった。2010年の暮はいいもの揃いの第九と言われるのではないか。

○日は忘れたが、FMでたまたまカンマーフィルの演奏を1部聴いた。たしかシューマンの何か。弦の音がいいので、N響かなと思ったら!? ドイツの、初めて知るカンマーフィルとのこと、いい加減な耳であることは自分でも分かっているが、このように、とんでもないことを口走るときがある。

○年賀状
年賀状が貴重に思えた。先輩たちは80歳とかそれ以上、同期であっても80歳に近いのだから、命の大切さが伝わってくる。

○ある女性が「50歳を過ぎ、疲れが残るように…(笑)」といってきた。まだ若い。子供を授かるのを心待ちしているある若妻の写真はまぶしかった。

30歳そこそこの女性とは長距離ケータイで1時間もしゃべったが―こちらもガ・フレとはいえない―まぁ、悩みの相談相手といったところ。これも貴重なお付き合いだと思っている。

○新年交礼会
3日11時から。大沼婦人会館大ホール。毎月その研修室をリブリで使わせてもらっているところ。
今年も100人以上が出席、飲み食いのほか、福引があった。その間、知り合いの席に行ったり、相手がこちらに来てくれたりして、30人以上とあいさつできた。
国会議員や町長がテーブルを回ってきて、鬚が目立つのか、私の顔をチラリ、しっかり見ていく。選挙のせいかと勘ぐってはいけない、と自分に言い聞かす。
                                                     おわり  

                             大沼通信10-12-28へ