15-09-13(2015年 第54号  
◯時よ、ゆっくり…
3、4日前から、突然、時の経つのが早くなった。齢をとると一日が早い、というのとはちがうスピード。
エッ、もう8時? エッ、もう10時? エッ、もう2時? という風に、ガクガクッと大股に一挙に進む。
メリーゴーラウンドの馬が轡を外し、私を乗せて盤上を走り出し、他の乗り物よりその分早く進むというような…。あるいは、秒針が、よく見ると分針に変わっていたというような…。
これまでとはっきりちがう。慌てるというより、怖い感じ。どうしたことだろう。
自らを慰め、一時的なものかも、単に気のせいかも、と気を鎮めている。

◯「世界」10月号から  少しばかりピックアップ
テッサ・モーリス・スズキ「安倍70年談話における戦争史の欠陥」
「…安倍の歴史論義は、試験問題をうっかり読み間違えた学生の答案のように見える。日本が旧満州を侵略した理由を問われたのに、真珠湾攻撃の理由を答えてしまっている」「1940年から41年にかけて日本経済を締め付けた経済封鎖は、日本による中国侵略への対抗措置だったのであって、その原因ではない。これは論点のあら捜しなのではない。…現在の国際問題を少しでも理解しようとするなら、歴史の知識がなぜ決定的に必要かを如実に示している」「中国と韓国でこの談話を注視していた人びと…はこの誤りをすぐ見抜き、きちんと筋道立てて反論するだろう」。
 歴史知識がない、と言っているのだろう。  
                   
対談・半藤一利×加藤陽子「歴史のリアリズム」
「加藤(安保法制の世論調査でも反対意見は女性のほうが男性より8-10ポイント高い)その背景に、おばあさんやおじいさんの引揚げ体験を、女性同士、お葬式なり夏のお盆なりに聞くことがあって、軍は国民を守らないものだといった話が伝えられていることがあると思います。金子兜太さんの俳句や澤地久枝さんの『14歳…満州開拓村からの帰還』などを通して、戦場や引揚げの体験が引き継がれている。国民はばかにしたもんじゃないぞというのが、私のいまの気持です」。
 ここにも金子兜太が出てきた。

赤坂憲雄「この夏、それを、みずから選び直したい」

「…戦争ばかりしてきたアメリカの『属国』になるのか。原発と戦争で経済を転がしてゆく国になるのか。まさかと思ったが、それを命懸けで望んでいる連中がこの日本にもいることを知った」。
 「属国」は多くの論者が使う言葉。ずっと前に私も言った。

本間龍「広告がメディアを支配する
―巨額の広告費を背景にした『第五の権力』の誕生」
「経営トップが指示し、数年にわたり全社ぐるみで粉飾決算を繰り返していた悪質な粉飾事件の実態を、現在もほとんどの大手メディアは『不適切な会計』という極めて曖昧な表現で報道している。…『粉飾決算』となれば株価は暴落、上場廃止に株主代表訴訟も容易に想像がつくが、『不適切会計』という表記であれば…読者の印象もかなり変わる」「この…腰の引けた表現の理由も…東芝が…広告費を使用する巨大スポンサーであるからだ」。
 電通が「原子ムラの意図をメディアに徹底させていた」との批判も。
             
◯新聞遊び  9/13  
▶誤字を見つけた。「一部の隙」は「一分の隙」だろう。一字に隙あり!?
連載小説だから作家の間違いか、それとも編集者の間違いになるのか(毎日)

▶短歌に「フィボナッチ数列」
選者2人に取り上げられたのは、「帰宅後に初ものの梨ほおばってフィボナッチ数列とにらめっこする 室文子」―常連の6年生。
ちなみに、その数は0.1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.233…
 私は知らなかった。聞いたこともない。ああ。

一方、俳句には「洋梨」が出てきた。「丸善にこの洋梨も似合ふべし」―選評は「丸善に似合うのはレモンばかりではない」―さすがというか、当然というか。

朝日の歌壇・俳壇には常連が多く、短歌と俳句の両方に入選する人もいる。同日両方に入選したのは萩原葉月氏(作品省略 以上 朝日)

▶訃報の年齢
道南・函館の訃報欄を見て長寿国を実感した。11人中、60台70台が各1人で、あとは86.87.98.87.83.88.85.90.97歳。

▶生没同日の人
六代目円生は9月3日。私の誕生日と同日。私も9月3日に死ぬことを目標にしようか。小津安二郎は有名だが、あの美女バーグマンも、とは知らなかった(朝日)。

▶「『ヤマトは我なり』の力―災害時のリスク分散」(「時代の風」西水美恵子の連載コラム 毎日)
 ヤマト運輸のことをほめていて、私も同感。優良企業だが、優秀企業と格上げしたいくらい。ところが「ウィキペディア」を見ると決して好意的ではない。偏向と言いたいほどの―。            

▶買わないが読みたくもある本
「はじめての不倫学―『社会問題』として考える」
チキショウは畜生のなまりだが、同じ発音の蓄妾は死語になったか、見かけなくなった。いまは不倫が流行中か。本書は「本邦初の実践的不倫学! 」とある。書評には「ポリアモリー(複数恋愛)の概念が興味深い」とある(9/13朝日)。目次の第4章が「希望としてのポリアモリー ポリアモリーの多様な形/一夫一婦制の引力etc.

「図説 ホモセクシャルの世界史」

書評は「大変な労作かつ大充実の一冊」「あらゆる時代と地域で、男性は男性を愛してきた。…例外的に、男性の同性愛を罪悪視したのがユダヤ教及びキリスト教だ」とか、パッとしない文。同じような本はたくさんあるが「図説」がミソのよう。

「無電柱革命」
「ロンドンやパリの街には電柱がない。だが、ソウルが地下化46%、北京が34%とは驚いた。東京は区部でも7%にすぎない。なぜ地下化ができないか。費用である。電柱の十倍以上だという…」
 電柱は美観を損ねている、とは多くがそう思っている。できないのは費用というのもその通りだろう。しかし、そこから先が問題なのだ。大きく取り上げてもらいたいテーマだが、こういう新書版しかないのだろうか、本格的な研究・アピールはないのだろうか。特集記事なども欲しいところだ。ところで、この評者はソウル、北京の高率に驚いているが、そのココロは何だろう。軽蔑しているのかな。
                    
◯読者のお便り
★…遅くまで(阿部さんにとっては早いのかも)お付き合いいただき、ありがとうございました。お陰様で昨日は二日酔いでした。
ところで「十四代」(日本酒の銘柄名―阿部注―念のため)の店ですが、「円山茶家 さくら」です。おばんざいがたくさんあって、値段も高くありません。気さくなおかみが一人でやっています。場所は神泉駅に近いのですが、渋谷駅からでも10分以内です。ちょっと判りづらいところにありますので、調べてからお出かけください。お礼とご連絡まで。

             

第53号の送信ありがとうございました。「氾濫」「もの忘れ」「読者のお便り」、そしてこのたびは何よりも夕焼けの写真、感慨深く拝見いたしました。阿部さまの美原への「さようなら」を物語っているようでした。

≪…いま聴いているN響生中継の演奏にしびれている。ラフマニノフのピアノ協2番とドボルザーク8番のシンフォニー。じつにいい。呼吸するたび、心・ハートがきれいになっていく。新しくなる。頭が冷静に興奮してくる。多くの人とつながる。音楽の直截性。そしてこれが普遍というものだろう≫…。

一般のクラシック愛好者の水準を圧倒する方の感想とは、こういうものかと感銘しております。小生自身は、文盲ならぬ“音盲”(クラシック方面には、縁遠い生活)ですが、時に目にする新聞文化欄などの専門解説者によるクラシック解説や紹介文で、これほど心を動かされた文に接したことがなかったからです。(過去に幾冊かクラシックを語ってやまない本…例えば小澤征爾氏と村上春樹氏が熱く対談した本…等を読んだときも同様、突き動かされたことはありません。)クラシックに感銘しようとして、しかしこの方面は余りに広く深く、気持ちを向けておりませんでした ( 文盲も音盲も、差別用語に該当するのでしょう)


★東京への引越しにはびっくりいたしました。ですが、よく検討なされた決定に心で拍手をさせていただきました。冬の寒さは、たとえ嫌いでない人にとっても、やはり「耐える」対象。東京は耐えるエネルギーを他に向けられますもの。また、金子兜太先生も、お心強いのではと拝察いたします。
  翁若く向かう天地も雲は急(翁の文字を使用してしまい、ご容赦!)

少し前にいただきましたメールにて、至らぬ娘の小文をご覧いただき、汗顔の至りです。同時に、おほめにあずかり素直に嬉しく存じます…当人に伝えさせていただきます。

300グラムのステーキとはすごいことです。溌剌さの現実なのですね。とてもすばらしいことです。「図書」が800号ですか。毎号手にしていましたが、まったく意識していなかったです。今回もいろいろありがとうございました。

うわぁー、よく食べるなぁ!若いなぁ!この食欲だけで尊敬しちゃいます。私は150gで十分です。

★お誕生日おめでとうございます。今節、昔の60歳が今の80歳だ、とよく言われますが、いつも写真と文を拝読し、殊に本日82歳になられ…そうだ、このような方の社会的なありようは、

 [培われた80代の知性]×[20代、30代の精神的活力の持続]=現代日本にとり最も喫緊かつ大切な偉才エネルギー

との一般式が成り立つ()ことに気づきました。戦争を体感なさったことほど強い説得性はないと感じます。岩波書店の冊子「図書」昨日入手いたしました。

★岩波書店「図書」が800号になり、年間1千円(送料込み)で読めるとのこと、また、柄谷行人の「思うわ、ゆえに、あるわ」は、デカルトの「われ思う、ゆえに、われあり」の新訳、いや正しい訳らしいとのこと、コツンと軽く額を叩かれた思いです。

★私は現在病気療養中で、寝たきりの状態が続いております。「美原だより」が唯一の読書となってしまいました。返事も出さず、感想も書けず、ほんとに申しわけありません。長い闘病生活で字を忘れてしまいます。お礼を申し上げると共に「美原だより」を楽しみにしています。お元気で書き続けてください。

★最近やっと元気さが定着してきたようです。これまで見逃してきた書物を拾い読みしています。鶴見俊輔「戦争が遺したもの」に出てくる「思想の科学」は懐かしい。読書会やりましたね! 近々の再会を願っています。
                                おわり
           TOPへ戻る