15-09-11(2015年 第53号 
◯氾濫
パソコンで鬼怒川氾濫の動画を見た。水勢に東北のあの津波を思い出したほど。
昔なじみの栃木市の永野川の橋が流されたり、市の中心を流れる巴波川(うずまがわ)が危険だとか、信じにくいことが報じられている。他の地方の状況はテレビがないので分からない。こういうときだけ不自由を感じる。

大災害はやたらとおこるものらしい。防ぎきれないらしい。それをどう考えたらいいのだろう。ここらで私はもう思考停止。被災者が気の毒。10日記。

11日付「天声人語」も「余禄」の筆者も、ま、恨み節だ―「ヘリによる…救助を伝える映像を、息を詰めて見守った方も…雨がうらめしい」(毎日)、「ヘリが孤立した人を…見つめ続けるほかなかった…人知は後を追うしかない…自然の酷薄さが恨めしい」(朝日)。

いまNHKラジオでテレビ向け放送をしゃべっている。上空からの映像だと言っているが、見えるわけがない。11日11時からの長いニュース―第1放送(午後1時のニュースも―確信犯?! テレビのない家・ラジオ人間は軽視される時代になった。想像してください、映像なしで映像を説明する声を聞かされることを―恨み節)。

「氾濫」は伊藤整後期の小説のタイトルでもある。長編だからテーマは多岐にわたるが、その一つとして、当時「組織悪」が取り上げられたと思う。とすれば、組織悪は当然ながらいまもはびこっている。東芝、政権党、省庁、日銀、NHK etc.!? 
この段、蛇足失礼。11日記。

◯もの忘れ
荷造りを始めたが、もの忘れとの闘いだ。体力面からは、毎日少しずつ片付けるほうがいいから、早くから始めたい。しかし、なんというか、遠くのモノはまぁいいが、だんだん近くなってくると、段ボール箱に収納する前に一応は整理するから、ちょっと立ち止まる。時間が止まる。

細かいものはまとめて一緒に入れたい。スクラップや資料―これが曲者―、各種コピーなどは、封筒にまとめて入れるが、その分類がややこしい。詳しくは書かないが、入れ残しというか、これはあそこに入れたいというモノが出てくる。しかし、入れたい袋がどこにいったか…もう。
これを空間の問題とすると「時間と空間」。

雑誌「図書」の2007年8月号の「インタビュー 『今=ここ』に生きる日本 加藤周一」の切り抜きが出てきて、最初の小見出しが「なぜ『日本文化における時間と空間』を書こうと思ったのか」だった。で、その8ページの、内容の濃い言説を読み直してしまった。時間と空間を空費!?してしまった。引っ越しは面倒だ。

◯読者のお便り

★今日の手紙で、8月23日、女性の「レッドアクション」に参加された写真が掲載されていました。この「アベ政治を、許さない」ということで、金子兜太さんの書を表現しようと参加されたのですね。赤シャツが似合いますね。

そして、いま、大きな段ボールで、じゃがいもなど、たくさんの野菜をいただきました。ありがとうございました。妻がいうのには、「いま野菜が高いのです。じゃがいもも、いろいろの種類があって、うれしい」といっています。ありがとうございました。とりいそぎご連絡まで。

★本当にびっくり!でした。お近くになりますね。多摩川サイクリング楽しみですね。

★私には、うれしい情報ですが、北海道の阿部さんファンにはお気の毒です。
また、本の整理などが大変ですね。「引越は体調を崩す」というジンクスがありますから。

★東京へ転居とのこと,ホームページはお休み中と思って,しばらく見ていませんでした。
時々はお会いできるようになります。もっとも,私は朝飯会はすっかりご無沙汰なのですが。また、北海道が遠くなるのがちょっと残念ですが。
830日の国会周辺の集会の写真が新聞に出ていましたが,あの中の1人は私です。

21回目の引っ越しとは凄い事ですね〜!慣れている事とはいえやはり引越しは大事業です。くれぐれもお身体にお気をつけください。

★いま届きました。いろいろ為すべきことが山ほどあるときに、ありがとうございます。体調、気をつけていることでしょうが、ほんとに無理をしないでください。私の経験では腰痛がある朝予告なしに、でした。動けなくなったら元も子もないですから。

◯夕焼け

       

      
      どちらもベランダから撮ったが、位置は微妙にずれた 9/8
                                おわり
              TOPへ戻る