15-09-06(2015年 第52号
◯引っ越し
今月末、東京へ引っ越すことにした。東京都稲城市矢野口というところ。多摩川を渡り、川崎市多摩区に隣接する辺り。南武線の駅がある。

妹が5月、肺炎で他界し(74歳)、持っていたマンションが空いたので、私が住むことにした。相続人は弟と2人きり。リフォーム代は妹が遺してくれた。

82才という齢を考えたが、まだなんとか動けるので思い切った。函館をついのすみかとしていて、それで問題はなかったが、こういう事情でもう一度、今度はまちがいなく「最後の」引っ越し。現在リフォームと荷造りが同時進行中。

川柳に「東京の悪口言えば盛り上がる」(奈良・64才―脳トレ川柳 9/6)があって笑わされたが、逆を独りで言えば―盛り上がらないが―北海道の冬のきつさと長さが、何年住んでも好きになれなかったということがあるかもしれない。

それにしては北海道暮らしがいかにも長い。なぜだろう。転勤と結婚縁と、そして癌療養だろう。
函館支店に4年余、札幌支店に4年余、定年後の癌療養の大沼ワンルーム15年(生涯最長の居所)とこの赤川通団地暮らし3年、合わせると26年半。

ついでに大雑把に計算すると、私は他に東京(横浜6年を含む)暮らしが41年、東京以外が13年半。地域は東京以北(ローマを除く)。
因みに、今回の転居で引っ越しは21回目。銃後であれ戦争の影響が大きく、感慨を催すくらいの回数とは言えよう、特に安保法案云々の今。

あの猛暑は聞いただけでうんざりするが、夏が好きで冬が嫌いな私は、それでも東京を選んだことになる。もし停電でクーラーが動かないとなると、私まで動かなくなると思うが、いまはうちわで我慢するつもりでいる。偶然のように上記と同じ川柳欄に「その昔うちわでがまんできた夏」とあった(下関・76才)。

も一つは、余命は短いが、古い賃貸住宅で家賃(年間68万円)を払い続けることから、より狭くなるものの、3度目の自分のマンションで家賃なしでいくのもいいと考えたこと。私はまるで財力がないから亡妹のおかげだが、弟の勧めもあって実現した。

私ごとを長く書いて申し訳ないが、も少し―。
今度は築37年の2DK。その狭いこと! 6畳2間とダイニング(これも6畳程度か)だけ。いまと同じ6畳2間とダイニングの家具をそっくり持ち込むことになるが、あちらにないのが和室、玄関上がり、納戸。少ないのが押入れなどの収納場所。だから、不便でぐーっと狭い感じ。
たとえば、ベッドはヘッド部分を外して持って行くから台だけになる。でないと、クローゼットとの間隔がなくなり、出し入れする私が立てない!
食卓が大きすぎる。椅子5脚は多すぎる。籐椅子2脚はベランダで雨ざらしになる。捨てきれなかったケチ根性! (捨てた物は多いと思っているが)

リフォームで少しはきれいになるが(まだ見ていない)、狭さはどうにもならない。客は1人が限度。しかも、テーブル=食卓の椅子にかけていただくだけ。

これからは四季一巡を目標とし、多摩川の河川敷を散歩またはサイクリングする日常が持てればいいとしよう。それと、友人・知己が多い(と思う)ので、ちょくちょく会えそうなのが楽しみ(とは言え齢の近い人は老人施設に入ったりデイサービスを受けたり療養中だったり…)。

引っ越しのあれこれは次回以降に。

「中流崩壊―サラリーマンが下層化していく」はまだいいほうか。「下流老人―一億総老後崩壊の衝撃」「老後破産―長寿という悪夢」などの本が宣伝される時代。

同じ本でも、たとえば「いないも同然だった男」(パトリス・ルコント著―「仕立て屋の恋」「髪結いの亭主」などの映画監督。未読)は、題名からして読みたくなるではないか。それを自身で映画化してもらいたいとも思う。
(―私は既に体現していると言おうか?) 

と言いながら呟くのだが、いないも同然ながら、自分だけのために82年の鳥瞰図みたいなものが見たいので、資料を整理したかったが、先に延びた。つまり、まだ生きる気でいることを知った。

ついの住処で思い出す本としては「方丈記」の冒頭。
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし…」。
                                おわり
             TOPへ戻る